ドラマ「M愛すべき人がいて」の5話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【M愛すべき人がいて】5話のあらすじ

M愛すべき人がいての5話のあらすじは次のとおりです。


 レコード会社A VICTORYの専務でプロデューサーのマサ(三浦翔平)は、FAXで届いたアユ(安斉かれん)からのラブレターを読んでいた。ふと気配を感じ、振り向くと…そこにはウエディングドレスを着た秘書の姫野礼香(田中みな実)が! 礼香は「マサとの結婚式で着るドレスを借りてきた」とニッコリ。予想外のできごとにフリーズするマサだが、キスを迫る礼香を押しのけ、「結婚できない」と静かに告げる。すると、「約束いはーーーーーーーん!」。礼香から笑顔が消えた…。

 アユからの愛の告白で自分の気持ちに気づいたマサは、アユを呼び出す。ついに気持ちが一つになり、幸せいっぱいの二人だが…。

 街にアユの看板が増えていく中、ガールズグループAxelsの玉木理沙(久保田紗友)は、プロデューサーの流川翔(白濱亜嵐)に焦りをぶちまける。力のあるプロデューサーに呼び出され、一夜を共にしたことで自暴自棄になっている理沙に詰め寄られた流川は、やりきれない思いをマサにぶつける。周りに何を言われても強引に自分のやり方を貫くマサのことが大嫌いだと…。
 一方、社長の大浜(高嶋政伸)は、マサをたたき潰すため、Axelsに莫大な予算を投入。尊敬していたマサに反旗をひるがえした流川とアユを憎む礼香に、とんでもない提案をする。大浜の暗躍によって、アユとAxelsのデビュープロモーションは加熱の一途をたどることに…。

 そしてついに、アユとAxelsは運命のデビュー日を迎える――。はたして、その明暗は…?
 愛するマサとともに歌姫への第一歩を踏み出したアユの運命は…?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【M愛すべき人がいて】5話のネタバレ

マサは、FAXで送られてきたアユのラブレターを読んでいました。

その時、誰かが部屋に入ってきました。

マサがドアの方へ目やると、ウェディングドレスを着た礼香がいました。

礼香は、このドレスはマサとの結婚式で着るものだというのです。

マサはアユのことで忙しいから借りてきたと言います。


礼香は、幸せだと言ってマサにキスをしました。

マサは礼香に謝りました。

俺は礼香とは結婚できない」と言いました。

礼香は笑って、今日のジョークは面白くないというのです。

マサは、再度結婚できないことを告げました。

約束いはーーーーーーーん!

自分の目の代わりになってくれるって言ったよね

礼香は、マサにそのように言ってきました。

マサは、その責任は一生取ると言いますが、結婚はできないというのです。


礼香は、マサにアユのことが好きなのかと尋ねました。

自分は送られてきたFAXを読んだというのです。

マサは、手紙をもらって自分の気持ちに気がついたと言いました。

自分の気持ちを話そうとするマサに、礼香は聞きたくないと叫びました。


マサは、FAXでアユに次のように返事を返しました。

自分はアユにとって必要な人間かどうかはわかりません。

しかし、自分にとってはアユが必要です。

そのため、今日会いたいです。


マサとアユは会いました。

2人は抱き合い、マサは「アユ、お前が好きだ」と言いました。

そして、自分と付き合って欲しいというのです。

アユは、マサは礼香と結婚するのではないかと尋ねました。

マサは、礼香とは結婚しないと答えました。

気づいたら好きになってた。俺にはアユが必要だ

2人はキスをしました。


マサは、さらにアユのプロデュースに力を入れます。

渋谷中をアユで染めまくるように指示します。

その効果もあって、徐々にアユの認知度が高まっていました。


Axels・理沙は、流川に今の焦りを伝えます。

流川は、Axelsもテレビに出たので大丈夫だと言います。

理沙は、根拠のない大丈夫はやめて欲しいというのです。

黒川のところへもう1度行けば露出は増えるかと尋ねます。

流川は、理沙にはもうあのようなことはさせたくないと答えます。

理沙は、何をしてでもアユに勝ちたいというのです。

そして、流川に自分たちのために何をしてくれるかと尋ねます。

流川は、自分にできることはやっていると答えます。

理沙は、マサのいるアユがうらやましいと言って去って行きました。


マサと流川は一緒に飲みました。

流川は、マサのことが好きでしたが、今は自分の目的を達成するためなら周りに迷惑をかけまくるので嫌いだときっぱり言いました。

そして、勝てもしないのにこのような勝負に担ぎ出されたことに対しての不満をぶちまけます。

マサは、そんな流川を殴りました。

人の人生がかかっているのに誰かのせいにするなというのです。

流川もマサに殴りかかり、どうして自分のことを最低と言ってくれないのかと尋ねます。

マサは、それが自分に勝つための手段なら否定はしないと答えます。

自分はアユをスターにするために人生をかけてやっていると熱く語ります。

そして、流川に死ぬ気でやっているのかと問います。


大浜は、デビューが近づいてきたアユとAxelsの状況を確認します。

アユは、莫大なお金をかけている割にはそれほどでもありませんでした。

Axelsは、さらにダメだというのです。

大浜は、流川はユルいので期待できないと言います。

そこで、礼香に頼みがあると言って、アタッシュケースを指さしました。


礼香は、そのアタッシュケースを持って流川のところへ行きました。

自分がマサに結婚を断られたことを話します。

礼香は、可哀想な者同士協力し合おうと言い出しました。

そして、大浜が発売当日に雇ったバイトにCDを買いに行かせるためのお金を出してくれたことを告げます。

これだけのお金があれば、10万枚以上は買えるというのです。

流川は困惑します。

礼香はこれもプロモーションだと言います。

流川は断るだろうと思っていたと言って、礼香は部屋から出て行こうとします。

すると、流川は理沙とマサから言われたことが脳裏をよぎり、礼香にやると告げました。

礼香は流川を見て、マサの目になってきたとうれしそうに言います。

そして、なぜか流川は礼香にキスをしました。


アユのデビューまで1週間となりました。

アユは、デビュー曲の「poker face」をベルファインで歌いました。

その様子を見て、マサは日本中がアユで染まることを確信しました。


そして、デビュー日が到来し、アユとAxelsのオリコンランキングの結果が出ました。

大浜が、会議の中でみんなに発表します。

Axelsはオリコン初登場18位でした。

大浜は、新人でこの順位は大健闘だと言います。

アユは、オリコン初登場20位でした。

大浜は、流川に喜ぶように言いました。

マサは10億もお金を使ったのに、流川はほとんどお金を使っていないというのです。


大浜は、マサがオリコン1位だと言っていたが達成できていないと言います。

1年以内に100万枚は無理だというのです。

マサは、無理ではないと返します。


礼香は、大浜にアユがマサに送ったFAXを持ってきました。

2人が付き合っていたら問題ではないかと言います。

大浜は、そのような証拠があれば大変だと返します。


アユは、マサに期待に応えられなかったことを謝りました。

マサは、まだ始まったばかりだというのです。

アユは、渋谷の街は自分で染まったのに、自分の歌がみんなの心に届いていないと言います。

マサは、きっとみんなの心に届くと慰めます。

俺を信じろ。アユの歌は必ず届く


アユは、マサにまだ誰にも言っていないという自分の父親について話し始めました。

自分が覚えている1番昔の記憶は、7歳の頃に一緒に港に行った話だというのです。

アユは海に落ちて溺れました。

父親の手をすり抜けていった感触が今も忘れられないと言います。

だから、アユはマサには手を離さないで欲しいと強く願っていました。

マサは、アユの手をずっと離さないと言いました。

そして、2人は一夜を共にしました。


流川はAxelsを売り込みますが、思うような成果を上げることができませんでした。

焦った流川は、大浜に泣きつきます。

大浜は、流川に負けてもらっては困るので、またしても大金を出してくれました。


セカンドシングルのランキングの結果が出ました。

Axelsは20位でした。

アユも20位でした。

大浜はアユとAxelsは引き分けだというのです。

マサは、確実に自分たちに波は来ていると言います。


ネットの反応を調べると、アユに対する好意的な声が増えました。

若い世代がアユの歌詞に反応し始めていました。

マサは、今度はテレビに出演させると言います。

アユのキャラクターを知ってもらうための出演なので、情報番組でもバラエティでも何でもよいというのです。


サードシングルの結果が出ました。

Axelsは50位でした。

アユは9位でした。


流川は、理沙にどうして自分たちは50位でアユは9位なのかと責められます。

どうして急にこのように順位が落ちるのかと言います。

理沙はアユには負けたくないと叫び出します。


アユは、マサから来年の1月1日にファーストアルバムを出すことを告げられました。

タイトルは「A Song for ××」だと言います。


大浜がやって来ました。

マサがネットでのアユの評判がよいと言っていたので、ネットを見たと言います。

確かに歌の評判はいいとそのことについては認めます。

しかし、それ以上に多かったのは「アユのしゃべりはバカっぽい」「アユはバカでしょ」といった声だというのです。

すると、マサはこれを待っていたと言います。

マサは、アルバムの発売と共にラジオの特番を決めていました。

その特番のタイトルは「アユはバカじゃない」です。

しかも、ラジオ番組なのにテレビCMを打つというのです。


ついに、ラジオの特番が始まりました。

アユは、緊張のせいでうまく話せていませんでした。

マサは、その様子を外で見ていました。


アユの街での声を紹介するコーナーになりました。

街で聞いてきたインタビューが流されます。

みんながアユはバカだと言っています。

かなりひどいコメントも含まれていました。


アユは、バカかどうかを聞かれると、自分はバカだと思うと言いました。

バカでも売れるかどうかという質問には、バカでも売れると答えました。

アユはバカだから夢を見られるんです

もし、自分の歌を好きになってくれる人がいるのなら、みんなに言いたいというのです。

アユと一緒にバカになろう。アユと一緒に夢を見よう。みんな、アユを信じろー!


このラジオの反響は凄まじいものがありました。

ネット上では、「アユのことが好きになった」「私も夢を見る」といった声で溢れました。


アルバムの発売日が来ました。

アユのアルバムは飛ぶように売れました。

1週間後、アルバムのランキングが発表されました。

アユのアルバムは初登場1位に輝きました。

しかも、1週間で150万枚を突破したと言います。

マサはよくやったと褒めてくれました。

これが神様の答えだ~!

マサは、アユを抱いてぐるぐると回します。

大浜は、陰からその様子を見て悔しがります。


理沙がアユのところやって来ました。

アルバム150万枚おめでとうと言った後、アユの目の前でライターに火を点けます。

そして、「売れた記念に、髪の毛燃やしていい?」と言います。


礼香は、大浜の部屋を訪れました。

ホテルから一泊して出てきたマサとアユの写真を見せました。

【M愛すべき人がいて】5話の感想

今回も盛りだくさんの内容となっていました。

まさかデビューして、しかも売れるところまで進むとは思いもしませんでした。

アユは、最初はランキングで苦労したようです。

しかし、徐々に認められて、ラジオの特番で一気に爆発しました。

マサの戦略が見事にうまくいきましたね。


売れたのはよかったですが、次回はマサとアユの仲が問題になりそうです。

フィクションとは言え、2人が付き合うとは思いませんでした。

本当に驚きました。

こうなって来ると、最後はどうなるのかまったくわかりませんね。

まずは、来週を楽しみたいと思います。


SNSでは、次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!