ドラマ「ハケンの品格2」の2話のネタバレ・感想をご紹介します。

ハケンの品格2の2話のあらすじ


S&F社が老舗の人気蕎麦店「京橋庵」とコラボ商品を開発することになった。斬新な企画を考えようと張り切る新人ハケンの小夏(山本舞香)。

そんな中、大前春子(篠原涼子)が「京橋庵」の実情にやたらと詳しいことに疑問を持つ里中(小泉孝太郎)。
「もしかして以前『京橋庵』で働いていたとか?」と尋ねる浅野(勝地涼)に「はい、ハケンとして働いてましたが、何か?」と春子。
きっとそこでも伝説を残しているはずだと、浅野は、断る春子を無理に「京橋庵」での会議につれていく。しかしそれが裏目に出てしまい・・・。

一方、宮部新社長(伊東四朗)の「社員偏重主義」に逆に闘志を燃やした小夏は、周囲が止めるのも聞かず浅野の提出企画の中に、数合わせで自分の企画をまぎれこませてもらうことに成功。

小夏の企画は捨てられてしまい「ハケンに責任なんか取れないから」と叱責される。
ところがプレゼン本番の最中に捨てられた小夏の企画が先方に気に入られていたことが後になってわかり…。この営業企画部の危機に、再び春子が立ち上がる―。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

ハケンの品格2の2話のネタバレ

新入社員の井手裕太郎と三田貴士が、営業企画課に配属となりました。

2人はみんなに挨拶をして温かく受け入れられます。


今回、S&Fでは「今食すべき名店100」に選ばれるほどの人気蕎麦店「京橋庵」とコラボ商品を開発することになりました。

先方が納得するような斬新な企画を考えることになりました。


小夏は蕎麦が好きだと言って張り切ります。

しかし、亜紀から企画を考えるのは社員の仕事で、派遣はその補助をするだけだと言われます。


里中と浅野が亜紀と小夏を社員食堂に誘いました。

里中は春子も誘いましたが、断られてしまいました。


社長の宮部が食堂へやって来ました。

小夏の横の席に着き、小夏と亜紀を向こうに行かせて、新入社員の2人をその席に座らせました。

そして、宮部は「会社は船だ。社員は家族だ」と言い、社員ファーストの会社を目指すことを宣言しました。


先日のタチアナ社との商談の話になります。

宮部は、派遣が商談を決めたことが面白くないようです。

派遣は所詮派遣で、スーパー派遣がのさばっているのは異常事態だというのです。

宮部は、派遣に頼りすぎるので社員の能力が低下したのだと言います。


小夏は、派遣の仕事は補助業務ばかりなのでやりがいを感じることができませんでした。

現実がわかってショックを受けます。


春子は、京橋庵のことを詳しく知っていました。

浅野は、春子に京橋庵で派遣をしていたのではないかと尋ねます。

春子は、派遣で働いていたと答えました。

浅野は、宇野に春子を一緒に京橋庵に連れて行った方がよいと進言しました。

その方がきっとうまくいくというのです。

宇野は、春子に一緒に行くように指示しますが、春子は断りました。

里中が頼むと、春子は行ってくれました。


宇野らが京橋庵から戻ってきました。

春子を連れて行くと、京橋庵の担当者は明らかに機嫌が悪くなってしまったというのです。

宇野は、春子にどう責任を取ってくれるのかと言いました。

春子は、派遣には責任は取れませんと返しました。


浅野は責任を取らされて、企画は他の社員の3倍出すように言われました。

悩んでいた浅野に、小夏は自分に企画の手伝いをさせてもらえないかと頼みました。

小夏は、つゆの味を変えられる蕎麦はどうかと提案しました。

浅野は、小夏が企画書を書くことを認めてくれました。

春子はこの話を聞いていました。


宇野と浅野は、京橋庵の担当者に会いました。

宇野が春子について尋ねると、担当者は過去に春子に煮え湯を飲まされたのだと言います。

いくつか出した企画の中から、明日のプレゼンで説明して欲しいものが伝えられました。

小夏の企画も入っていました。

担当者から、小夏の企画書の中の社名が間違っていることを指摘されました。


会社に戻って、宇野は浅野に自分の会社の社名を間違うなどあり得ないと一喝されます。

すると、小夏は宇野に自分の誤りだと謝罪しました。

そして、「うちの社の企画として提出した」という一言を発してしまいます。

すると、宇野は正式の場で我が社と言ってもよいのは社員だけだというのです。

「困るんだよな。派遣には何の責任も取れないのに。まったく、派遣の分際で」と言いました。

すると、春子は「確かに部外者である派遣には会社の責任は取れません。が、責任が取れないからと言って、仕事のできない社員に分際呼ばわりされる筋合いはございません」と言いました。


春子は、泣いている小夏に泣くだけムダだと言います。

小夏は、派遣は仕事にやりがいを持ってはいけないのかと尋ねます。

春子は、与えられた仕事をこなすだけでよく、やりがいなど契約に含まれていないことをむしろ喜ぶべきだと答えました。


プレゼンの日が来ました。

浅野は企画を説明していきます。

すると、京橋庵の担当者から小夏の企画について説明して欲しいと言われました。

実は、宇野らは小夏の企画については今回のプレゼンから外してしまっていたのです。

しかし、そのようには言えないので、宇野は後で説明すると答えました。


会社にいた里中に、小夏の企画をすぐに修正して持ってくるようにと連絡が入りました。

他の社員は急には無理だと言います。

そして、最終的には派遣が余計なことをしたためにこのようなことになってしまったのだと、完全に矛先は小夏に向きます。


春子は、すぐに小夏の企画を修正しました。

そして、できあがった企画書を里中に渡しました。

里中は、これは小夏の企画なのだからと言って、小夏に企画書を持っていくように言いました。


小夏はタクシーでプレゼンの会場に向かいました。

しかし、事故で車がまったく動いていませんでした。


浅野は、何とかプレゼンを引き延ばしています。

しかし、それももう限界のようです。

大ピンチでした。


そこで、春子が自転車で小夏のところへ行き、企画書を受け取って会場に届けました。

京橋庵の会長は、春子のことを知っていました。

春子は、会長にとても気に入られているようです。


そこで、宇野と浅野は春子にプレゼンをして欲しいと頼みます。

断る春子に、宇野は大事な仕事だというのです。

それを聞いた春子は、「大事な仕事を派遣に任せるんですか?よろしいんですか?派遣には責任は取れませんよ」と尋ねます。

すると、浅野が責任を取るというのです。

春子は、派遣は言い切れませんと言います。

浅野は自分が言い切ると返しました。


春子がプレゼンを行います。

春子の言葉の語尾が中途半端に終わっていました。

浅野は、春子が先ほど派遣は言い切れないと言っていたことを思い出しました。


浅野は、春子が言い切れない箇所、“弊社”など発することができない言葉について補っていきます。

ここからは、漫才のように2人が掛け合うような形でプレゼンが行われました。

何とか、プレゼンは終了しました。


会場から出ると、宇野は春子にふざけていると言います。

春子は、派遣は“弊社”や“我が社”とは言えず、また派遣は責任を持って言い切ることができないと聞いたので、語尾を含めて社員に責任を持ってもらったというのです。


春子らが会社に戻ると、京橋庵からコラボ商品について前向きに考えるという連絡が入っていました。

里中は、春子にお礼を言いました。

春子はたいしたことはしていないというのです。

浅野は、小夏と亜紀に今回の資料の作成についてお礼を言いました。


退社しようとする春子に、小夏は自分は派遣なので派遣の仕事をしっかりやっていくというのです。

春子は、「派遣には会社の責任は取れませんが、派遣にだって取るべき責任はあります。それは、自分に対する責任です」と言いました。

派遣でも、自分の仕事を軽く見るのは、あまりにも自分に無責任だと続けました。

小夏は、その言葉を胸に深く刻みました。

スポンサーリンク

ハケンの品格2の2話の感想

今回は、春子が見事に一本取りましたね。

派遣は“弊社”や“我が社”と言ってはならない。

派遣は言い切ってはいけない。

宇野にプレゼンを頼まれた時と、プレゼン内でこれでもかというくらいやってくれました。

見ていてとてもすっきりしましたね。

いくら社員でも、派遣をあのように見下ろすのはどうかと思います。

困った時だけ、派遣に泣きつかないで欲しいですね。


宇野もそうだけど、それ以上なのが宮部です。

社長があれでは、S&Fもたいしたことはなさそうです。

仕事のできる人間はすべてにおいて完璧です。

派遣であろうと人材は大切にします。

あのような言動はあり得ませんね。


来週も楽しみです。

春子が何をやってくれるのかに注目です。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!