ドラマ「BG2 身辺警護人」の2話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

BG2 身辺警護人の2話のあらすじ

BG2 身辺警護人の2話のあらすじは次のとおりです。


 私設ボディーガードになった島崎章(木村拓哉)の後を追うように、高梨雅也(斎藤工)が「KICKSガード」を辞めた! 島崎が立ち上げた個人事務所「島崎警備」に入ることに決めた、と一方的に告げてきた高梨に対し、章は一時の感情で動かないよう諭すが、高梨の決意は固く…。

 その矢先、「KICKSガード」に所属する沢口正太郎(間宮祥太朗)が章のもとに、“目の不自由な天才ピアニスト”として脚光を浴びる守尾恵麻(川栄李奈)の身辺警護という大仕事を持ち込んでくる! なんでも、恵麻の警護は最初「KICKSガード」が請け負っており、沢口と菅沼まゆ(菜々緒)が担当していたのだが、突如降りることが決定。だが、後任の警備会社が見つからないのだという。経緯を聞いていぶかしがる章。しかし、その理由はまもなく、警護を依頼した所属事務所の代表取締役で、恵麻の実姉でもある守尾美和(谷村美月)の話から明らかになる。なんと恵麻は、悲願の夢だった国際コンクールへの出場権をつかみ、さぁこれから…という時になって、ことあるごとに自殺行為に走るようになったというのだ!

 “クライアント自身が敵”という前代未聞の案件――。だが、章は「敵から護ることには変わりない」と、毅然とした態度で警護を引き受けることに。一瞬はためらった高梨も章に共鳴し、共に警護に乗り出す。だが肝心の恵麻は、章たちに心を開こうとせず…!?

 やがて、恵麻が何者かに命を狙われる事件が発生! しかも、章が恵麻を“誘拐”…!? 事態は次から次へと思わぬ方向へと転び…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG2 身辺警護人の2話のネタバレ

高梨は、章が立ち上げた島崎警備に入るというのです。

章は、一時的な感情で決めないように言いますが、高梨は聞く耳を持ちません。


その頃、「KICKSガード」に所属するまゆと沢口らは目の不自由な天才ピアニスト・守尾恵麻の警護を行っていました。

恵麻は、突然車から降りてトラックに跳ねられそうになりました。


章の事務所に、沢口がやって来ました。

章は高梨のことを尋ねます。

高梨は、小俣に章を手伝ったことを知られて怒られていたというのです。


沢口は、章に恵麻の警護について話しました。

当初「KICKSガード」が依頼を引き受けていたのですが、今後警護しないことになったことを伝えました。

他に警護する会社がいないというのです。

小俣が章に紹介するように言ったと言います。

沢口は、どのような理由で警護を引き受ける会社がないのかは直接クライアントに確認するように伝えました。


章は、とにかく恵麻のところへ話を聞きに行きました。

なぜか、そこへ高梨が合流しました。

高梨は「KICKSガード」を辞めてきたというのです。


姉・美和が恵麻のマネジメントをやっていました。

章と高梨は、美和と警護に関する話をしました。

章は、美和にどうして他の会社が警護を引き受けないのかを尋ねました。

美和から、衝撃の理由が明かされました。

それはクライアント自身が敵というものでした。

つまり、恵麻がことあるごとに自殺しようとするのです。

美和は、恵麻がそのようなことをするのは注目されてプレッシャーに押しつぶされそうになっているからではと考えています。


章は、この依頼を受けることにしました。

高梨は、ボディーガードは外の敵からクライアントを護るのが仕事で、クライアント自身が脅威というのは聞いたことがないというのです。

章は「護ることに変わりないだろ」と返します。

高梨に、気が進まないのなら帰るように言いました。


恵麻はボディーガードは必要ないと考えています。

そのため、章と高梨には非協力的でした。


恵麻は大学に行った後、渋谷に行きたいと言い出しました。

恵麻はステーキが食べたいとレストランに行きました。

高梨が美和にそのことを報告すると、壮行会までには連れて帰るように指示されました。


壮行会の会場には、以前恵麻を教えていた櫻井がいました。

櫻井は美和の元カレです。

櫻井は、美和にもう1度恵麻を教えたいと言いました。

しかし、美和は櫻井にはもう恵麻を教えられないと言って断りました。


まゆは高梨に電話をかけてきました。

そのレストランは、亡くなった母親との思い出の店で、恵麻はコンクールで優勝するまで行かないと言っていたというのです。

そのため、恵麻はコンクールを諦めたのではと言います。

まゆは、恵麻がピアノから逃げたいのには美和と何か関係があると考えています。


章は、恵麻に美和とうまくいっていないのかと尋ねました。

恵麻は、美和のことを信用していないと答えました。

美和が自分を全盲のピアニストとして売り出そうとしていることに不満を感じていました。

自分は美和の商品だというのです。

恵麻は、目が見えないことを武器にしたくはないと言います。


レストランを出て、長い階段を降り始めると、章と恵麻は何者かに襲撃されます。

男は、スリングショットでパチンコ玉を飛ばしてきます。

高梨が援護します。

章は、タイミングを見て恵麻を連れて階段を降りようとします。

その時、恵麻が足を踏み外し、階段から落ちそうになります。

章が恵麻を抱きかかえ、自分が下になった状態で階段を滑り落ちていきます。

下まで滑り落ちると、章は恵麻を車に乗せます。


高梨は、男に飛びかかって取り押さえます。

サングラスとマスクを外すと櫻井でした。

そこに、なぜか桑田の警護を行っていた時章に襲いかかってきたボーイの男がいました。(1話参照)


恵麻は、櫻井は昔は熱心に教えてくれたと言います。

櫻井の指導を受けなくなってからは、自分の成長が面白くないのだというのです。

櫻井は、美和と結婚できなかったのは恵麻のせいだと思っています。


高梨は、美和に恵麻の行方がわからなくなったことを伝えました。

実は、章は帰りたくないと言う恵麻をあるところに連れて行きました。

高梨は章と連絡が取れなくなってしまっていたのです。

美和は、誘拐なので警察に通報すると言います。

高梨は、章は職務を放棄するような男ではないと言って、警察への通報を待ってもらいました。


章は、恵麻を教会に連れて来ました。

そこは、恵麻がピアノを始めた場所でした。

恵麻は、これはボディーガードの仕事ではないというのです。

章は、美和から恵麻がコンクールで実力を発揮できるようにと言われたと言います。

恵麻は、このようなことをしても何も気持ちは変わらないと告げました。

章は、恵麻は目が見えないことを武器にしたくないと言っていたが、周りをハラハラさせて武器にしているのは恵麻の方だと言いました。


章は、高梨に電話をかけてきました。

高梨に、こちらの条件を飲むのなら恵麻を返すと美和に伝えるように言いました。

高梨は、ふざけるなと怒ります。


しばらくすると、高梨と美和が教会にやって来ました。

章は、美和に恵麻が社長を退いて欲しいと言っていることを伝えました。

これが叶うのならコンクールで全力を尽くすというのです。


恵麻は、美和が自分のためにすべてを犠牲にしていると考えていました。

ピアノをやめたのも自分のせいだと思っていました。

そのため、誰かを犠牲にしてコンクールで優勝してもうれしくはないというのです。

美和は、恵麻の頬を叩きました。

ピアノをやめたのは、恵麻のピアノを聞いて自分の才能のなさに気づいたからだというのです。

今は、本当に恵麻に夢を叶えて欲しいと思っていました。

美和は、そのようなことで人を感動させられるピアノが弾けるのかと言います。


美和は、ピアノを弾き出します。

章は、恵麻に「見えないことが特別なことじゃないって本気で思うなら、堂々と誰かの力を借りて夢を叶えてもいいんじゃないですか?」と言いました。

恵麻は美和の元に行き、2人でピアノを弾き始めました。

2人は昔のことを思い出して楽しそうです。


翌日は、恵麻は章に「ありがとう」とだけ言って、1人でコンクールに行ってしまいました。

美和は、先ほど恵麻は章に「私の夢を守ってくれてありがとう」と言いたかったのだと伝えました。


章と高梨は事務所に戻りました。

章は、高梨に本当に一緒に働くのかと尋ねました。

危険な警護が増えるかもしれないと言います。

高梨は食わせてくれればそれでよいというのです。


章は、自分が「KICKSガード」を辞めた理由を話すべきだと考えました。

そして、高梨にすべて話しました。

恵麻といたレストランでそのボーイの男を見かけたことも話しました。

章は、それでも一緒に働くのかと尋ねました。

高梨はそれでもいいと答えました。

2人は固い握手をしました。


劉は、まゆに役員となって自分を助けて欲しいと頼みました。

プライベートでも助けて欲しいというのです。

BG2 身辺警護人の2話の感想

今回は、自殺しようとするクライアントを警護しました。

自分から死のうとするシーンがあるのかと思いましたが、まったくありませんでしたね。

どちらかと言うと、わがままなクライアントに振り回されたという感じでした。


今回は警護だけがうまく言っていても、あまり意味がありませんでした。

恵麻がやる気を出してくれないと何も解決しません。

章はさすがですね。

姉妹の仲までうまくいくようにサポートしました。

そのおかげで、恵麻はコンクールで準優勝することができました。


高梨がやはり章の会社に入りました。

以前はあれだけ言い合っていたのに、本当に人間関係はどうなるのかわかりませんね。

今回は、ニコニコ笑う高梨の姿が見られてよかったです。


来週もヤバそうな依頼を引き受けそうですね。

楽しみです。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!