ドラマ「MIU404」の1話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【MIU404】1話のあらすじ

MIU404の1話のあらすじは次のとおりです。


警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。
伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【MIU404】1話のネタバレ

志摩は、第4機捜の隊員として招集されましたが、バディがいませんでした。

今まで車の運転手をさせられていた志摩は、隊長のゆづるに誰でもよいのでバディを探して欲しいと頼みました。

志摩は、候補段階で落とした者とバディを組むことになりました。

それが奥多摩の交番勤務員である伊吹でした。


志摩は、伊吹がどのような人間であるか気になって、あちこちで伊吹のことを聞いて回りました。

しかし、伊吹について聞かれるのは悪い評判ばかりでした。

よい評判と言えば、足が速いことぐらいでした。

志摩は伊吹とバディを組むことに不安を感じ始めました。


志摩は、伊吹と初めて会いました。

伊吹は、志摩に機捜は初めてなのでいろいろ教えてくださいと丁寧に挨拶しました。


伊吹と志摩はパトロールに出ました。

すると、後ろに赤い車がやって来ました。

伊吹が運転する車をあおりまくります。

志摩は、先に行かせるように言いました。


赤い車は、伊吹の車を追い越していこうとしますが、伊吹はそれをブロックしました。

志摩は、再度先に行かせるように言います。

しかし、伊吹はなめられてはいけないというのです。

赤い車がクラクションを鳴らして、伊吹の車の横をすり抜けていきました。

伊吹と志摩は、道路交通法違反で赤い車に停止を求めました。

しかし、赤い車はまったく止まる気配がありません。

伊吹は強引に赤い車の前でスピンして止まり、赤い車の進路を塞ぎました。

赤い車は、伊吹らが乗った車のすぐ手前で止まりました。

あやうくぶつかるところでした。

志摩は、あぶないと伊吹に怒ります。


伊吹は、すぐに赤い車に向い、運転手に降りてくるように言います。

ここから伊吹と運転手の言い合いが始まります。

その様子を見た通行人がケンカだと思って警察に通報しました。

連絡を受けた同じく機捜の陣馬と九重が現場に急行します。

陣馬らが現場に着くと、人が集まって大騒ぎになっていました。

その後、何とか騒ぎが収まりました。


志摩は、途中の横断歩道でおばあちゃんが驚いて転倒したのを見ていました。

急いでその場所に行ってみました。

体は大丈夫そうですが、おもちゃの杖がなくなったと言っていました。

その後、志摩は先ほどのおばあちゃんが落としたとみられる袋を見つけました。

伊吹に交番に届けるよう言いました。


署に戻った志摩は、陣馬に先ほどのことを話しました。

陣馬は、志摩にゆづるが伊吹に機捜の適性があるかどうかは志摩が判断するように言っていたことを伝えました。

適性がなければ、秋の異動で奥多摩に帰らせるというのです。


重傷傷害事件が発生しました。

第4機捜の4人は出動します。

被害者は顔面血だらけで、救急車で運ばれていきました。

カレーを食べて店を出たところでいきなり頭を殴られたというのです。


4人は、現場の周辺で聞き込みを行いました。

犯人は、被害者を看板で殴打した後、血だまりに膝をついて、被害者のポケットの中を調べていたことがわかりました。

大柄の男だったというのです。


被害者は、手に鍵を持っていたことがわかりました。

志摩は、鍵を持っていたということは自宅が近くか、車で来ていたかのどちらかではないかと考えました。

そこで、志摩と伊吹は近くにあるパーキングに行ってみました。


すると、先ほどあおり運転をしていた男の赤い車が止まっていました。

鍵が開いていたので、車の中を調べます。

財布があったので、免許証を確認すると、やはり先ほどの男(水島)のものでした。

助手席には血痕が付いていました。

2人は、どうして犯人がこの車に来たのか考えました。

伊吹は、ドライブレコーダーがなくなっていることに気がつきました。


パーキングの前の防犯カメラには、赤い車を追ってきた白い車が映っていました。

このことから、事件は次のように起こったと考えられました。

白い車の男は、水島の後を追い、看板で殴った後車の鍵を奪いました。

そして、パーキングに戻ってきてドライブレコーダーを盗んで去って行きました。


伊吹が水島にあおられた時の機捜の車に付いているドライブレコーダーを見ました。

すると、水島の車の後ろに白い車が映っていました。

この時から、犯人は水島の後を追っていたのです。


志摩は、白い車も水島にあおられた被害者ではと考えました。

犯人は、あおられたことに腹を立てて犯行に及んだというのです。

自分が犯人だとバレることを恐れてドライブレコーダーを盗んだと言います。

志摩は、わかったことを引き継ぎました。


機捜は初動捜査のみを行います。

そのため、最後まで事件を担当しないことが多いです。

24時間という限られた時間の中で調べられることを徹底的に調べます。

それにより、検挙率が変わってくるのです。


伊吹は、機捜の仕事を理解していませんでした。

現実を知ると、犯人を捕まえられないことについて張り合いがないと嘆きます。


伊吹と志摩が車に乗っていると、徘徊老人に関する無線が入りました。

特徴から、赤い車を追いかけていた時に転倒したおばあちゃんであることがわかりました。


おばあちゃんは、孫娘と一緒に買い物にやって来ました。

孫娘が疲れたと言うと、おばあちゃんが1人で買ってくると言って行ってしまったというのです。

それっきり、おばあちゃんは孫娘の元へ戻って来ませんでした。

心配になった孫娘は、近くの交番に行ったのでした。


伊吹は、孫娘が可哀想になり、おばあちゃんを探すことになりました。

志摩も一緒に探します。


おもちゃ屋に行くと、おばあちゃんが2度店に来ていたことがわかりました。

おばあちゃんは、1度おもちゃを買って帰ったのですが、途中でおもちゃをなくしてしまったのでもう1度購入しに来たのです。

しかし、同じおもちゃはもうありませんでした。

そこで、他の店を紹介したというのです。

その時に渡したという地図をもらいました。

紹介した店に行ってみましたが店は閉まっていました。

2人は仕方がないので生活安全課に任せました。


署に戻ると、白い車は偽造ナンバーであることがわかりました。

この白い車にあおられたという被害が多数発生していました。

白い車にあおられてあおり返すと、執念深く家まで追いかけてきて車を壊すのです。


伊吹は、おばちゃんが紹介された店に行った際、白い車を見ました。

その時はナンバープレートが異なっていたのでそれ以上は深く考えませんでした。

しかし、偽造ナンバーとなると、先ほどの車が犯人の車ではないかと思いました。

勘で言わないで欲しいと言う志摩に、伊吹は水島の事件現場で見た白い車のエンジン音と先ほど見た車のエンジン音が同じだというのです。

伊吹は、緊急配備して捕まえようと言い出しました。

しかし、志摩はそれで間違いだったでは済まないというのです。


志摩は、ルール内でやると言います。

第4機捜で、当番勤務が終わる朝6時まで白い車の捜索に当たることにしました。


全員で防犯カメラの映像を集めました。

集めた映像は1機捜専属の解析チームに調べてもらいます。

伊吹は、白い車だけでなく、おばあちゃんも映っていないか見ておいてもらいました。


白い車の張り込みをしていると、第4機捜の2台の車がそれぞれ白い車を見つけました。

止めて確認しますが、対象車ではありませんでした。

その時です。

1機捜専属の解析チームから、白い車の本当のナンバープレートが伝えられました。

陣馬らが止めた白い車が犯人の車でした。

しかし、その白い車は逃げていきました。

陣馬らはその白い車を追いかけます。

伊吹と志摩も、陣馬らに合流して白い車を追跡します。


伊吹らの目の前を白い車が走っていきました。

急いで追いかけます。

止まるように言いますが、まったくその意思はないようです。

目の前の信号は赤で、横断歩道にはたくさんの人がいました。

白い車はスピードを落とさず、交差点に突っ込んでいきます。

志摩は危ないと判断して、先ほど伊吹がやったのと同じスピンで白い車の前で止まりました。

しかし、白い車は2人が乗った車にぶつかってきました。

そして、2人の車は横転しました。

白い車は、その後も逃走します。


伊吹は、何と走って白い車を追いかけていきました。

志摩も走って犯人を追うことにしました。

伊吹は、行き止まりで立ち往生している犯人の車を見つけました。

犯人は伊吹を跳ね飛ばした後、走って逃走しました。

応援のパトカーもやって来ました。


伊吹は、犯人が倉庫内に隠れているのに気づきました。

犯人は必死で抵抗します。

伊吹は、犯人の頭に拳銃を押し当てました。

犯人は今にも伊吹が撃つのではないかとビビっていました。

伊吹が犯人の頭に押し当てていたのは、おばあちゃんが買いに行ったおもちゃの杖でした。

志摩は、調子に乗る伊吹を殴り飛ばしました。

そして、犯人を取り押さえました。

伊吹は、犯人に「よかったな。誰かを殺す前に捕まって」と言いました。


おばあちゃんも防犯カメラに映っていて居場所がわかりました。

空き家に迷い込んで立ち往生していたのです。

無事に保護されました。


ゆづるから、1日で車を廃車にしたことについてひどく怒られました。

ゆづるは、次はないと全員に釘を刺さしました。

そして、志摩と2人の時に伊吹の適正について尋ねました。

志摩は「ただのバカだと思ったら野生のバカでした」と答えました。

ゆづるは「適性がないのなら外すけど」と言います。

志摩は返事に困っていました。


その後、伊吹はおばあちゃんと孫娘が感動の再会を果たしたのを見ました。

そして、「機捜っていいな。誰かが最悪の事態になる前に止められるだろう。チョーいい仕事じゃん」と言いました。

志摩は、そんな伊吹を見ていました。

実は、志摩は先ほどゆづるに伊吹についてはひとまず保留にして欲しいと頼んでいたのです。

【MIU404】1話の感想

伊吹は、確かに野生のバカという感じがします。

常識ではなく本能で動いているのではないかと思います。


ドラマの前半の水島とのカーチェイスはむちゃくちゃでした。

志摩が、相手にしないように言っているのに、なめられてはいけないと言って無謀な運転をしました。

頭に血が上りやすいのかもしれません。

一方の志摩も、後半の白い車とのカーチェイスでは同じような運転をしました。

ただ、状況がまったく違いますが。

志摩の場合は、歩行者の命を守るためのやむを得ない行為です。

冷静に考えて必要があれば何でもするという感じです。

2人はまったく異なる性格をしています。


久しぶりにドラマで車が大破するシーンを見たような気がします。

最近は、予算の関係もあってかなかなかこのようなシーンは見られません。

今後も派手なカーアクションが期待できるかもしれません。


伊吹と志摩は最高のバディですね。

志摩は、まだ伊吹のことがよくわからずに困惑するシーンが多いですが、そのうちわかり合えると思いますね。

来週が楽しみです。


SNSでは、次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!