ドラマ「BG2 身辺警護人」の3話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

BG2 身辺警護人の3話のあらすじ

BG2 身辺警護人の3話のあらすじは次のとおりです。


 島崎章(木村拓哉)のもとに、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)から「危ない仕事」の依頼が舞い込んだ。警護対象者は、数々の投資詐欺で甘い汁を吸い尽くしてきた実業家・道岡三郎(豊原功補)。詐欺で儲けた金を政治家にバラまいた疑惑まである“悪党”だった!

 実は道岡、逮捕されるも不起訴で釈放。その直後、恨みを持つ男に襲われてアキレス腱断裂の重傷を負い、多佳子の勤務する病院に極秘入院していた。ところが、入院中にまた襲われでもしたら病院のイメージに傷がつく…と、急に上層部が尻込み。執刀医の多佳子が手術放棄を拒んだため、「退院までしっかりと警護をつけること」を交換条件に、渋々承諾したというのだ。だが、道岡は襲われてもなお、相手を挑発するような男…。警護の脅威レベルが明らかに最高であることから、章と高梨雅也(斎藤工)が辞めた「KICKSガード」を含め、大手警備会社には軒並み断られる有様だった。

 実際、道岡は章と高梨に対しても不遜な態度を取るばかりか、自らの悪事も何食わぬ顔で認め、「いつ殺されてもおかしくない」と豪語。根っからの悪党ぶりを目の当たりにした高梨は、彼を警護することに疑問を感じる。しかし、章は「クライアントを選びたくない」と断言し…!

 そんな中、病院に「道岡を助ける医者は許さない。処刑する」との脅迫状が届く。しかも予告通りに手術直前、病院内で多佳子が何者かに襲撃されてしまったのだ…! 絶体絶命の窮地に立たされる多佳子。章と高梨、さらには病院関係者や防犯カメラの目までもかいくぐり、彼女を襲ったのは一体誰なのか!? 章たちは“見えない敵”を突き止めようとするが、道岡に恨みを持つ者はごまんといて…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG2 身辺警護人の3話のネタバレ

章がいつも診てもらっている整形外科医・笠松多佳子から、道岡三郎が病院に極秘入院していることを聞きました。

道岡は、投資詐欺で逮捕されましたが、不起訴となって釈放されました。

しかし、投資詐欺で道岡を恨む者はたくさんいました。

釈放後、道岡は詐欺の被害者に襲われ、アキレス腱を断裂する大けがをしてしまいました。


多佳子は、道岡の手術を行おうとしました。

しかし、病院の上の者はまた襲われるようなことがあれば病院のイメージが悪くなると言い出しました。

そこで、警護をつけることを条件に手術を認めました。

多佳子は、道岡が退院するまでの2週間ボディーガードをして欲しいというのです。

実は、道岡の素行の悪さが原因で、大手の警備会社にはすべて断られていました。


ここまでの話を聞いた高梨は、敵を挑発するようなクライアントは警護できないと言います。

章は、自分らが引き受けなければ誰も警護する者がいなくなると返しました。

最終的には、道岡の警護を引き受けることになりました。


早速、章と高梨は道岡に挨拶に行きました。

道岡から、章は年を食っている、高梨はサービス業には向かないなど好き放題言われてしまいます。


病院に「道岡を助ける医者は許さない。処刑する」という脅迫状が届きました。

病院から道岡を追い出そうとする声がありましたが、多佳子はそれに反対します。

章は、道岡がこの病院に入院していることがバレたのに、病院から追い出せば悪い評判が立つのではないかと言いました。

この一言で、道岡は病院を追い出されずに済みました。


その頃、鈴木と名乗る者が道岡の病室にやって来ました。

道岡は鈴木と2人で話がしたいと言うので、高梨は席を外しました。

鈴木は「先生はあなたのことは一切存じ上げません」と言いました。

道岡は、「いきなり冷たいね。これまで先生には散々協力してきたのに」と返しました。


高梨は、道岡はやはり悪党だったと言い、このまま警護を続けるべきかどうか迷っているようです。

章も道岡が悪党であることを認めますが、「だからと言って、それで(クライアントを)選びたくはない」と言います。


道岡の手術の日が来ました。

章は、多佳子と連絡が取れないという看護師の話から、多佳子に何かが起こったのではないかと考えました。

そこで、多佳子が通るであろうオペ室までの通路を見に行きました。

多佳子は何者かに襲われていました。

章がやって来たことで、犯人は逃げていきました。


その後、道岡の手術が行われました。

高梨は、病院内の防犯カメラを調べましたが、不審人物は映っていませんでした。

鈴木ではないかと言いますが、章は政治家の関係者が大胆すぎるのではないかというのです。

まったく犯人が誰なのかわかりませんでした。


手術は無事に終わりました。

今後は、理学療法士・湯川がリハビリを担当します。


高梨は、道岡の秘書・小暮が多佳子を襲った可能性はないかというのです。

道岡からいつもいろいろと言われているので、道岡を恨んでもおかしくはないと言います。


道岡は、翌日からリハビリを行いました。

小暮に自分が今もっとも欲しいと思うものを持ってくるように言いました。


沢口が章のところへやって来ました。

章に調査結果が書かれた用紙を渡しました。

実は、昨日沢口は章が会社を辞めた理由を尋ねてきました。

その際、章が多佳子が襲撃されたことを話すと、沢口は道岡について調べると言ってくれていたのです。


章は、高梨に湯川が危険人物であることを伝えました。

湯川の姉は道岡の詐欺の被害者で、3年前に自殺していたのです。


その時、道岡は屋上で湯川とリハビリをしていました。

高梨は、道岡と湯川を引き離すというのです。

章は、湯川は刃物を持っている可能性があるので気をつけるように言います。


章が屋上にやって来ました。

その時です。

湯川が刃物を出して、道岡に突きつけます。

道岡は、湯川の姉が被害に遭って自殺し、湯川が復讐をするために来たことを知っていました。

そこへ清掃のおばさんがやって来ました。

章と高梨はそのあばさんに道岡のことを聞かれていました。

実は、そのおばさんも被害者の家族でした。


道岡は、遺族の前でもまったく態度を変えることはありませんでした。

自分を恨む前に、自殺した家族を恨むように言います。

道岡は挑発を続けました。

ついに、湯川は道岡に刃物で襲いかかります。

それを章が阻止しました。

おばさんは高梨が止めます。


章は、道岡に自分から殺されようとしているのではないかと尋ねました。

道岡は返事をしませんでした。

そこへ小暮がやって来ました。

道岡は誰かに止めて欲しいのだというのです。

そして、小暮は道岡がもっとも欲しいものとして投資詐欺の証拠を持ってきました。


道岡は、章に最後の任務を言いました。

警察まで送って欲しいというのです。

章と高梨は道岡を警察まで送りました。


まゆは、劉に役員となって自分を助けて欲しいという話の返事をしました。

その話を引き受けるというのです。


章は、劉と話をしました。

劉は戻ってくる気になったのかと尋ねます。

章はその気はないと答えます。

劉に、桑田の警護を行っていた時襲いかかってきたボーイの男にずっと見張られていることを話しました。

実は、今回もその男を病院の近くで見かけていたのです。

劉は、そのようなことをするほど暇ではないと自身の関与を否定しました。

そして、章自身がその男に恨まれているのではないかというのです。


章が帰ろうとすると、劉は次のように言いました。

あなたが好きなボディーガードをずっと続けられるといいですね

BG2 身辺警護人の3話の感想

今回は、投資詐欺を行った悪党の警護でした。

KICKSガードのようにクライアントを選びたくないという章の言葉は格好いいですね。

理学療法士の湯川が犯人だとは思いもしませんでした。

多佳子を襲ったのもおそらく湯川でしょう。

しかし、道岡を襲うのはわかりますが、多佳子まで襲うのはどうかと思いますね。


まゆは、劉の申し出を受けるようです。

劉と章・高梨との間に何かあったことは知っているようなので、劉に近づいていろいろ探ろうとしているのかもしれませんね。

沢口は章のところへ来るかもしれませんね。


劉の最後の言葉が気になりますね。

ついに、章を警備業界から追放するように動き出すのかもしれませんね。

来週は、どのような話になるのか楽しみです。


SNSでのコメントは次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!