ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」の5話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【ギルティ】5話のあらすじ

ギルティの5話のあらすじは次のとおりです。


一真(小池徹平)との子を身ごもったのではないかと心が揺れる爽(新川優愛)。彼女が複雑な思いを抱えながらカフェにいると、美和子(徳永えり)から声をかけられる。そして美和子は、そろそろ秋山との子供を作りたいと爽に語る。爽は、秋山(町田啓太)と美和子の幸せな生活を思い、うらやましくなる。
一方、一真は爽が出ていってからというもの、荒れた生活を送っていた。そんな中、瑠衣(中村ゆりか)が一真を訪ねてくる。自暴自棄になった一真は、瑠衣を強引に抱こうとする。最低な振る舞いをする一真に、瑠衣は平手打ちするのだった。一真は瑠衣の前で、どうしていいか分からないと無様な姿を見せる。そんな一真に瑠衣は、ある秘密を打ち明ける…。

ある日、出勤した爽は、会社の前で秋山の姿を見つける。秋山は、爽に連絡を続けていた。しかし、爽からはまったく返事が来ない。心配になった秋山は、爽の顔を見るために会社まで来てくれたのだった。しかし、爽は秋山に見つからないように身を隠し、秋山に“二人で会うのは、もう止めよう”とスマホからメッセージを送るのだった…。
爽は、一真と会ってけじめをつけようと決意。爽と一真は、あるレストランで久しぶりに顔を合わせる。「離婚してください」と一真に離婚届を突き付けるが――
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【ギルティ】5話のネタバレ

一真は爽に連絡をしますが、爽は話を聞いてくれませんでした。

爽と住んでいたマンションを出て、荒れたホテル生活を送っていました。

そんなある日、瑠衣が一真のところへやって来ました。

一真は、爽との関係が壊れたことで自暴自棄になり、瑠衣を抱こうとします。

しかし、瑠衣からはビンタを食らってしまいます。


瑠衣は、一真に今はお酒を飲んでいないと言いました。

一真は、もしかしたら妊娠したのかと尋ねました。

瑠衣は、心配しなくても自分は妊娠できない体だと答えました。

一真は、そんな瑠衣を抱きしめます。


爽は、美和子とばったり会いました。

2人でお茶をすることにしました。

美和子は、店が軌道に乗ってきたので、そろそろ子供が欲しいというのです。


爽は、美和子に秋山とは高校を卒業して以来1度も会っていないと言いました。

しかし、7年前に1度だけ会っていました。

レストランで偶然会ったのです。

2人は一緒にお酒を飲み、その後話をしました。

秋山は、修行するためにイタリアへ行くと言っていました。

その時、爽は秋山とある約束をしました。


爽は、一真との子供ができたのではないかと考えていました。

そこで、検査薬で確認することにしました。

結果は陰性でした。

爽は、妊娠していなかったのです。

無意識に「よかった」という言葉が出ました。


ある日、秋山は何度連絡してもメールを返してくれないので、爽の会社に来ました。

爽は、秋山の姿に気づくと隠れてしまいました。

その後、爽は秋山にメールを送りました。

メールで、この間のお礼ともう2人で会うのは止めようということを伝えました。

この時、爽は7年前に秋山とした約束を思い出していました。

そして、秋山に“7年前の約束を守れなくてごめん”というメールを送りました。

秋山は、“お前がそう言うのならそれでよい”と返信しました。


爽は、逃げてばかりはいられないので、一真と話をすることにしました。

2人はレストランで会いました。

爽は、自分が妊娠していると言いました。

すると、一真は明らかに動揺したような表情を見せました。

爽は、その一真を見て決心しました。

カバンの中から離婚届を出しました。


爽は、一真が子供を欲しくない理由がわかったと言って、一真の子供のことを話し出しました。

一真は、自分が以前結婚していたことを話していなかったと言いました。

この時、爽は一真が以前に結婚していたことを知りました。


爽は、瑠衣のことをどう思っていたのかと尋ねました。

すると、一真は瑠衣は会うたびに変わっていて、今も掴みきれていないと答えました。

爽は、“今も”という言葉に引っ掛かりました。

一真はもう会わないと言います。

爽は、母親のように無様な姿をさらしたくありませんでした。

自信の気持ちを抑えるために、テーブルにあったフォークで手のひらを刺しました。

そして、離婚届にサインをするように言って帰って行きました。


爽は、会社の飲み会で飲みまくりました。

みんなは二次会に行きました。

寺嶋は爽を送って行くことにしました。

爽は飲み過ぎたせいで、寺嶋にみんな裏切ったなどとつい本音で話してしまいました。

寺嶋は、気持ち悪くなったという爽をホテルに連れて行きました。

そして、ベッドで酔い潰れる爽にキスをしました。


翌朝、どうして自分がここにいるのかまったく覚えていませんでした。

かすかに寺嶋にホテルに連れてきてもらった記憶はありましたが、それ以外の記憶はまったくありませんでした。

爽が会社に行くと、爽と寺嶋がベッドで一緒に写った写真が貼られていました。

結は、寺嶋にうまくやったというメールを送りました。

2人はグルだったのです。


爽は編集長に呼び出されました。

編集長から、どうして寺嶋がこのようなことをしたのか心当たりはないのかと尋ねられました。

爽にはまったく心当たりはありませんでした。

寺嶋とは連絡が取れないというのです。

爽は、雑誌のことを大切に思っていたので、会社を辞めると言い出しました。

すると、編集長は雑誌のことが大切なら、今は休むように言いました。


爽は、帰る場所もなければ、居場所もありませんでした。

公園で1人でいると、優希から電話がありました。

優希は、爽に起こったことを知っていました。

爽は、優希の不倫を会社中に広めたのは自分ではないと言いました。

優希は、爽がそのようなことをする人間ではないとわかっていました。

そして、自分のことや今回の爽のことがすべてつながっているのであればヤバいのではないかと言い出しました。

そのように言われた爽は、これまでに起こったことを思い浮かべてみました。

優希は、誰かが爽を破滅させたいと思っているのではないかと言いました。


その時です。

1通のメールが入りました。

瑠衣からでした。

瑠衣は、“そんなところでいじけてないで、誰かに泣きついたらいいのに”と言ってきました。

そして、下着姿の爽の写真が送られてきました。


寺嶋と結は体の関係を持っていました。

寺嶋は、結にうまくいったと言いました。

実は、寺嶋はあの日爽に薬を飲ませて眠らせていたのです。

結は、さすがやり過ぎだと思っていました。

寺嶋は、結に詮索しないように言いました。

まだまだこれからだというのです。


爽は後悔していました。

7年前秋山にイタリアに着いていくと言っていれば、高校生の時本当は別れたくないと言っていれば、このようにはならなかったのではと思っていました。

そして、7年前の秋山との約束を思い出しました。

秋山が爽に約束して欲しいと言ったのは、爽が絶対に幸せになることでした。

【ギルティ】5話の感想

今回も新たな裏切りがありました。

怪しいとは思っていましたが、寺嶋が爽を裏切りました。

爽に対する気持ちは嘘だったようです。

寺嶋は、結を使っていろいろさせていたのです。

瑠衣が爽のベッド写真を持っていたことから、寺嶋ともつながっていそうです。

もしかしたら、瑠衣が連絡を取り合っていたのは寺嶋かもしれませんね。


ここまでするということは、よほど爽に恨みがあるようです。

それはどのような恨みなのでしょうか?

まだまだ手を緩める気はないようです。

来週は、どのような裏切りがあるのでしょうか?


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!