ドラマ「MIU404」の2話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【MIU404】2話のあらすじ

MIU404の2話のあらすじは次のとおりです。


伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器を持って逃走しているという無線が入る。容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器を持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【MIU404】2話のネタバレ

伊吹と志摩は、“まるごとメロンパン”と書かれたメロンパンの移動販売用車を使わされていました。

1話で車を大破させてしまったためです。

メロンパンの移動販売用車は、これでも立派な警察車両です。

張り込みの際に時々使われていました。

ゆづるは他に余っている車がないというのです。


4機捜の部屋は、芝浦警察署の裏にある建物を借りることになりました。

前の部屋は追い出されてしまったのです。

それは、窓からうどんの湯切りをした者がいたためです。

それは陣馬でした。


伊吹と志摩は、メロンパンの移動販売用車でパトロールに出掛けました。

伊吹は、隣の車が気になりました。

車内を覗くと、夫婦が乗っていました。

何か変な感じがしました。


その時です。

殺人事件の容疑者が現在逃走しているという無線が入りました。

伊吹は、先ほど隣を走っていた車に容疑者が乗っているかもしれないと思いました。

そのことを志摩に伝えますが、最初は信じてくれませんでした。

しかし、志摩は本部にそのことを伝え、追跡の許可をもらってくれました。

許可が出たので、先ほど車を追跡します。


陣馬と九重は、事件現場となったハウスクリーニング会社へ来ていました。

殺されたのは、専務の松村でした。

第一発見者の証言から、加々見崇が凶器を持って逃走したことがわかりました。


加々見は、伊吹が怪しいと言っていた車に乗り込んで夫婦を脅していたのです。

その夫婦とは、田辺将司とその妻・早苗でした。


伊吹はその車を追跡し続けます。

前で検問が行われていました。

加々見は、警察に余計なことを話せば、早苗を凶器で刺すと言いました。

2人は、加々見の言うとおりにしました。

将司は、加々見のことを聞かれると、自分の息子・秀則だと言いました。

息子の生年月日などスラスラ話しましたので、警察にはまったく疑われませんでした。

問題なく検問を通り抜けました。


陣馬と九重は、田辺夫婦の自宅を訪れました。

しかし、不在でした。

近所で話を聞いてみました。

すると、田辺夫婦には息子の秀則がいましたが、中3の時に自殺していることがわかりました。


将司は、加々見に今日は秀則の命日でこれからお墓参り行くところだったと言いました。

生きていれば、加々見ぐらいの年になっているというのです。

加々見は、余計な話をするのは止めるように言います。


早苗は、加々見に本当に殺人を犯したのかと尋ねました。

加々見はそれを否定します。


志摩は信号で止まった時、将司にバックドアに何かが挟まっていると声を掛けに行きました。

将司にバックドアを開けさせて、ボイスレコーダーを仕掛けました。


志摩は、それ以上は何もせずに、伊吹のところへ戻ってきました。

伊吹に、ボイスレコーダーで録った音声をブルートゥースで飛ばして聞くことができることを伝えました。


荷台には花束が積まれていました。

花束が包んであった紙から購入先がわかりました。

それを本部に報告しました。


しばらくすると、加々見が話す声が聞こえてきました。

加々見は、岸に誘われて今の会社で働けるようになったことなど、自身のこれまでの話をしていました。

岸について調べると、先週クビになっていました。

クビにしたのは、殺された専務でした。


岸のSNSには、専務のことが書かれていました。

そこには、天誅の文字もありました。

岸は、専務は殺されても仕方がない人間だと言っていたというのです。

実は、岸は専務とモメて殴ってしまったことが原因でクビになっていました。


伊吹は、ここまでの話を聞いて、加々見は犯人ではないと確信しました。

それならどうして逃げるという志摩に、それは自分の無実を証明するためだと言いました。


先ほど、志摩が報告した花束の購入先の防犯カメラを調べると、加々見が田辺夫婦を拉致する場面が映っていました。

加々見の乗った車は、岸が住むんでいる山梨県に向かっていました。

車は道の駅に入りました。

加々見は早苗に凶器を向けますが、田辺夫婦は加々見に心配しなくても最後まで付き合うと伝えました。

田辺夫婦は脅されているという認識はもうありませんでした。

加々見のことを死んだ秀則と重ねてみているようです。


将司は、加々見に秀則を信じてやれなかったことを話しました。

クラスで財布がなくなり、秀則が疑われました。

将司は、秀則を信じずに、無理矢理謝らせました。

その後、秀則が財布を盗んでいなかったことがわかりました。

しかし、秀則は自殺してしまったのです。

将司は、もう1度のあの時に戻ることができれば、何があっても秀則を信じるというのです。


その時、伊吹が加々見を逮捕しにやって来ました。

伊吹が加々見を取り押さえます。

すると、将司がそれを阻み、加々見を逃がそうとします。

今度は目の前にいた志摩が逮捕しようとすると、早苗が志摩に飛びかかってそれを邪魔します。

結局、田辺夫婦のせいで加々見に逃げられてしまいました。


岸は山梨ではなく、東京にいました。

加々見は岸に会いに来たのではありませんでした。

志摩は、田辺夫婦にどうして加々見は山梨に来たのかを尋ねました。

最悪、自殺する可能性もあるというのです。

田辺夫婦は、加々見が話していたことを教えてくれました。


伊吹と志摩はその場所に向かいます。

現場にあった血の掌紋と加々見の自宅にあった掌紋と一致したことがわかりました。


加々見は自分の実家に来ていました。

加々見の父親は、子供時代加々見に厳しいしつけを行っていました。

相当理不尽なこともあったようです。

加々見は、自分が人を殺したのは父親のせいなので、父親を懲らしめてやろうと思っていたのです。

家中を探しますが、父親はいませんでした。


伊吹は、加々見に父親は2年前に交通事故で亡くなったことを伝えました。

加々見は、専務に頭を机に押さえつけられました。

それは、加々見が子供時代にいつも父親にやられていたことと同じでした。

それで、頭に血が上って近くにあった刃物で専務を刺してしまったのです。


志摩は、加々見は人を殺すという取り返しの付かないことをしたのだと伝えました。

伊吹は、相手がどのようなクズでも殺してはいけないと言いました。

志摩は伊吹に手錠を渡しました。

伊吹は、加々見にその手錠をかけました。


田辺夫婦が、連行される加々見のもとへやって来ました。

加々見に「ごめんね」と声を掛けました。

加々見は、田辺夫婦にお辞儀をした後連行されていきました。

【MIU404】2話の感想

いくら車がないからと言って、メロンパンの移動販売用車はヤバいですね。

この車でパトロールはさすがに無理があり過ぎます。


今回は、ややこしい事件でしたね。

あの話の流れなら、普通は加々見は無実かと思いました。

しかし、犯人は加々見でしたね。

さすがに、今回の殺人を自分の父親のせいにするのはどうかと思います。


伊吹と志摩が加々見を逮捕しようとした際の田辺夫婦はすごかったです。

この2人の罪はどうなったのでしょうか?

伊吹と志摩は優しいので罪を問わないかもしれません。


田辺夫婦が言った「ごめんね」に、加々見は反応を示していました。

もしかしたら、亡くなった父親に謝ってもらったと思ったのかもしれませんね。


伊吹と志摩は、よいコンビになってきました。

見ていて楽しいですね。

来週も楽しみです。


SNSでは、次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!