ドラマ「ミラーツインズ シーズン2」の1話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【ミラーツインズ シーズン2】1話のあらすじ

ミラーツインズ シーズン2の1話のあらすじは次のとおりです。


双子の兄・葛城勇吾(藤ヶ谷太輔)の自殺により一連の復讐劇は終結したかのように思われていた――。1年後、談合事件で大手ゼネコンからの賄賂を仲介していたとして逮捕された経営コンサルタントの陣内(飯尾和樹(ずん))が、釈放後何者かによって殺害される。警視庁捜査一課の刑事・葛城圭吾(藤ヶ谷・2役)はその事件の捜査にあたっていた。

一方、総民党・衆議院議員の小早川尚太郎(古谷一行)の孫が誘拐される事件が発生。誘拐犯は、勇吾が誘拐された事件と同じ場所、方法で同額の身代金を圭吾に持ってくるように要求する。圭吾は21年前の事件の模倣犯だと確信し……。一見、接点のない2つの事件。しかし、その裏にはある真実が隠されていた。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【ミラーツインズ シーズン2】1話のネタバレ

葛城勇吾が死んでから1年が経ちました。

葛城圭吾と勇吾のことが描かれた本が出版されていました。

ただし、吉崎英里(白石里美)と皆川耕作については一切触れられていませんでした。

圭吾は、それぞれは恋人、息子を失っているので、刑罰よりも辛い罰を受けていると考えていました。


ある殺人事件が発生しました。

圭吾が殺人現場である店に行くと、皆川も来ていました。

皆川とは、勇吾のこと以来会っていませんでした。


店員の話では、犯人はフルフェイスを被っていて、いきなり被害者をナイフで刺しました。

その後、カバンを奪って逃走しました。


翌日、圭吾の家族の法要が行われました。

圭吾は、久しぶりに英里に会いました。

渡そうかどうか迷ったと言って、英里にメモを渡しました。

そのメモには、英里に英里と名付けた本当の母親に関すること(“遊馬旅館”とその住所)が書かれていました。

父親のことはわからなかったというのです。


総民党の総裁選で国民にもっとも期待されているのは、衆議院議員の小早川尚太郎でした。

尚太郎には、何通も脅迫状が届いていました。

小早川尚史の妻・舞子は、尚太郎に息子・尚人が塾に向かったはずなのに、塾に到着していないと言ってきました。

その時、電話が掛ってきました。

尚太郎が出ると、男が孫を預かったと言ってきました。

男は圭吾を連れて来いというのです。

従わなければ、孫を殺すと脅しました。


圭吾は捜査会議に出席していました。

被害者は、半年前談合事件で逮捕された経営コンサルタントの陣内玄でした。

先日執行猶予判決が出て釈放されたばかりでした。

陣内は、国交省の幹部と大手ゼネコンからの賄賂を仲介していたとみられています。


圭吾は、上司から尚太郎の自宅へ行くように伝えられました。

圭吾の父親・葛城栄一は、尚太郎の後援会会長を務めていました。


犯人から電話が掛ってきました。

圭吾が電話に出ると、犯人は次のように要求してきました。

明日の正午、みどり坂歩道橋の公衆電話に現金5,000万円を持ってこい

犯人は、必ず圭吾1人で来るように言いました。

圭吾は、身代金の要求額も受け渡し場所も21年前の勇吾の誘拐事件と同じであると言いました。


その頃、英里は遊馬旅館にやって来ました。

旅館の前で、女将・遊馬琴乃に「綾乃」と声を掛けられました。

英里が綾乃に似ていたというのです。

綾乃は琴乃の妹だと言います。

英里は、琴乃に綾乃には子供はいたのかどうかを尋ねました。

両親についてはまったくわからず、自分のことでわかっているのは“英里”という下の名前だけだと言いました。

すると、琴乃は最後に綾乃は“ごめんね、エリ”と言っていたというのです。

琴乃は、英里が綾乃の娘だと思いました。

英里に、一緒に行きたいところがあるので泊まっていくように言いました。

そして、翌日2人で綾乃のお墓参りに行きました。


圭吾は、現金を持って電話ボックスに入りました。

今回も21年前と同じように公衆電話が鳴りました。

圭吾は、犯人の指示に従ってマイクを切りました。

そして、1時間後に埠頭に行くように指示されました。

他の捜査員を振り切って来るように言われました。

圭吾は、用意されていたバイクで捜査員を振り切って埠頭に向かいました。


圭吾は指示された場所に行くと、皆川がいました。

実は、誘拐犯は皆川だったのです。

皆川は、陣内と小早川家はつながっているというのです。

これは小早川家をだますための狂言誘拐で、尚太郎に圭吾のことを信用させるために行ったと言います。

皆川は、陣内殺しに小早川が関係していると考えていました。

圭吾は、皆川のやり方に激怒しました。


皆川は、陣内の名刺を出して、栄一から預かったものだと伝えました。

栄一は、陣内が尚太郎の周りをうろついていることを知っていました。

もし尚太郎が官製談合に関係しているのなら、栄一を止める気でいました。

しばらくして、栄一は不慮の事故でなくなりました。

その後、官製談合が明るみに出ましたが、尚太郎の名前はありませんでした。


皆川は、栄一の事故を詳しく調べました。

すると、栄一の事故には陣内が関係していることがわかりました。

皆川は、すべての悪事を明らかにすることが自分に託された栄一の意思だというのです。

尚人の居場所を伝えた後、圭吾に真実を明らかにして欲しいと頼みました。

尚太郎の信頼を得て、専属警護を志願するように言いました。


尚人を監禁している場所には勇吾がいました。

皆川から、予定どおりであるという連絡が入りました。

勇吾は、その場から去りました。

その後、圭吾が尚人を助けに来ました。


皆川と勇吾は一緒にいました。

そのうち、圭吾に勇吾が生きていることを知られるのではないかと話しました。

皆川は、この計画には圭吾と勇吾の2人が必要だというのです。

勇吾は、本当に圭吾はこの計画に乗るのかと尋ねます。

皆川は、きっと圭吾は乗ると答えました。


圭吾が尚人を連れて戻ると、尚太郎から感謝されました。

帰り際に、圭吾は皆川に言われたとおり、専属警護を申し出ました。

尚太郎は、圭吾がいてくれれば心強いと言いました。

圭吾は、尚太郎の専属警護を行うことになりました。

【ミラーツインズ シーズン2】1話の感想

まさか勇吾が生きているとは思いませんでした。

驚きですね。

皆川が尚人を誘拐していたことにも驚かされました。

初回から驚かされっぱなしです。


今回の大まかなストーリーがわかりましたね。

栄一を殺した尚太郎の罪を圭吾・勇吾・皆川の3人で暴いていくようです。

今回は、圭吾と勇吾は協力関係にあります。

どのようにして尚太郎の罪を暴いていくのか楽しみですね。


SNSでは、次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!