ドラマ「わたナギ」の1話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【わたナギ】1話のあらすじ

わたナギの1話のあらすじは次のとおりです。


製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた!その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。

一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現!突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所にメイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。しかも田所はライバルだというのに爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【わたナギ】1話のネタバレ

相原メイは、天保山製薬で働くMRです。

営業成績1位に輝くなど非常に優秀な社員です。

しかし、家事はまったくできません。

そのため、現在住んでいる部屋は足の踏み場もないほど散らかり放題でした。


メイは28歳の誕生日を迎えました。

母親からもそろそろ結婚の話が出るようになりました。

しかし、メイには交際している男性はいませんでした。


そんなある日、支店長の古藤深雪が赴任してきました。

松平慎也が副支店長になりました。

そして、北横浜エリアのリーダーにメイが指名されました。

深雪に頼まれて、メイはつい引き受けてしまいました。


その日、自宅に帰ると部屋の明かりがついていました。

メイは、消し忘れたのだと思いました。

部屋の扉を開けると、見知らぬおじさんがメイの下着を持って立っていました。

メイは、不審者だと思い、悲鳴を上げます。

妹の福田唯が部屋に入ってきました。

唯は、すでに結婚しており娘がいます。

そのおじさんはNTSクリーンハウスの家政夫・鴫野ナギサだと言いました。


唯は、メイの部屋の汚さに衝撃を受け、メイのためにナギサさんを呼んだというのです。

これはメイへの誕生日プレゼントだと言います。

メイは、下着など見られたくないものもあると難色を示します。

しかし、唯もナギサさんもそこはプロなので安心して欲しいというのです。

それでも、メイは納得がいかず、唯にナギサを連れて帰るように言います。

唯は、ナギサさんはNTSクリーンハウスのレジェンド家政夫で、人気がありすぎて新規の予約はもう取れないと説明します。

とりあえずトライアルで4日間予約してあるので試してみて欲しいと言われます。

唯はお金を払ってあると言って帰って行きました。


ナギサさんは、その日の作業報告をしました。

明日の作業予定を話しました。


メイは、まだ正式に家政夫を頼んだわけではありませんでした。

そのため、もう来なくてもよいと言いますが、ナギサさんからは何も遠慮しないで欲しいと言われてしまいます。

結局、その日はきちんと断ることができませんでした。


メイは、ナギサさんのことに関しては非常に気が重かったですが、仕事に関してはリーダーになって張り切っていました。

肥後すこやかクリニックに営業に行きました。

非常によい感触でした。

このまま契約まで話を進められそうでした。


その日、契約を決めようと、もう1度肥後すこやかクリニックを訪れました。

しかし、朝とは状況が変わったようで、契約についてはもう少し待って欲しいと言われました。

見かけた書類から、アーノルド製薬も話を持ってきていることがわかりました。

アーノルド製薬は、今急速にシェアを広げている外資系製薬会社です。

メイにとっては、最大のライバル会社です。


メイは、帰ろうとすると、車のバッテリーが上がってしまいました。

困っていると、ある男性が声を掛けてきて、車のエンジンをかけるのを協力してくれました。

メイは、お礼を言って、名刺交換をしました。

その男性がアーノルド製薬のMR・田所優太であることがわかりました。

メイには、アーノルド製薬が最近優秀なMRをこのエリアに呼んだという情報が入っていました。

それが田所だったのです。


その日、メイが帰宅すると、部屋は非常にきれいに片付いていました。

メイはうれしさを爆発させました。

しかし、ナギサさんを見ると、昨日家政夫を断ったはずだと言いました。

ナギサさんは、すでにお金をもらっているので、契約者である唯の同意が必要だと説明しました。

メイが唯には伝えておくと言いかけると、お腹の音が鳴ってしまいました。


ひとまず食事にしました。

食事はとてもおいしかったです。

ナギサさんは片付けをすべて終え、作業報告を行って帰って行きました。


翌日、新入社員の瀬川遙人が入ってきました。

メイが瀬川の教育係に指名されました。

そのため、メイは瀬川を現場に連れて行くことになりました。

瀬川は今時の青年という感じで、メイには理解できないことがたくさんありました。


この間営業に行った肥後すこやかクリニックには、アーノルド製薬と契約すると言われてしまいました。

無理を言って、もう1度プレゼンする機会をもらいました。

しかし、状況は厳しそうです。

メイは、会社に戻って夜遅くまで、プレゼンの資料を集めました。


その頃、ナギサさんはメイの部屋の掃除などをテキパキと行っていました。

結局、ナギサさんがいる時間にはメイは帰ってきませんでした。


翌日、ナギサさんは唯に本当にメイには家政夫が必要なのかと尋ねました。

唯は、あの汚い部屋では自然死してしまうので家政夫は必要だと答えました。

ナギサさんはメイが帰ってこなかったのは自分のせいだと考え、家政夫が雇用主にストレスを与えてしまっては本末転倒だというのです。


唯は、ナギサさんにメイは母親の期待を一身に背負っていると言います。

母親は、結婚してすぐに専業主になってしまったので、2人の娘には外でバリバリ働いて欲しいという考えを持っていました。

唯は、大学生の時にデキ婚で大学を中退してしまいました。

そのため、母親のメイに対する期待は非常に大きなものになっていました。

唯は、メイには申し訳なく思っていました。


メイは、肥後すこやかクリニックにプレゼンに行きました。

しかし、医師から今回はアーノルド製薬と契約すると言われました。

特別にその理由を教えてもらいました。

メイは、他社との比較だけを力を入れて説明していました。

一方の田所は、そのクリニックを訪れる患者にとってどのような薬が最適かを提案していました。

その差は非常に大きなものでした。


メイはショックのあまり早退して、自宅でやけ酒を飲んでいました。

その後、リビングで眠ってしまいました。

そこへナギサさんがやって来ました。


メイは、家事はできない上、仕事まで取ったら、自分には何も残らないと弱音を吐きます。

ナギサさんは、メイは立派な努力家だと言います。

メイは、会って数日しか経っていないナギサさんに何がわかるのだと反論します。

ナギサさんは、最初にこの部屋を片付けた時にそれがわかったというのです。

他の荷物はぐちゃぐちゃなのに、MR関連の本だけはきちんと手の届くところに置かれていたのです。

使い込まれたテキストなどから、夜遅く帰ってきて自宅で勉強をしていることがわかったと言います。

メイは涙ながらに、いくら頑張っても結果が出ないと意味がないと訴えます。

ナギサさんは、失敗はさらなる進化の種で、その種はいつか実を結ぶと言ってくれます。


メイは、ナギサさんにもう帰るように言いました。

立ち上がったメイは、足を取られてバランスを崩します。

ナギサさんはメイの体を支え、オンブの格好をします。

メイは、ナギサさんにオンブしてもらってベッドまで運んでもらいました。

ナギサさんが帰ろうとすると、メイは行かないで欲しいと言ってナギサさんの手を掴みました。

メイは、自分が小さい頃の母親の夢を見てたのでした。


翌朝メイが目を覚ますと、ナギサさんが目の前にいました。

慌てて飛び起きます。

昨日飲んだお酒の瓶や缶を捨てに行くと、田所を見かけました。

実は、田所も同じマンションに住んでいたのです。

しかも、メイの隣の部屋でした。


メイは部屋に戻って来ました。

ナギサさんは、これでトライアルは終了したと言いました。

メイがお礼を言うと、インターホンが鳴りました。

母親が部屋にやって来ったのです。

母親は、ナギサさんのことを知りません。

絶対にバレる訳にはいきません。

そこで、ナギサさんに隠れていてもらうことにしました。

【わたナギ】1話の感想

若い女性の家政夫をおじさんが務めるという変わった設定のドラマです。

メイは、おじさん家政夫に抵抗がありまくりでした。

まだ受け入れるところまではいっていません。

おそらく今後はなくてはならない存在になるのではないかと思われます。


家政夫を寄越したのは唯でした。

唯は、メイの部屋が汚いこと以外にも、ナギサさんと契約した理由がありました。

まだその理由については明かされていません。

母親のことや仕事のことで悩むメイの気持ちを和らげるためのサポートなども頼みたかったのかもしれません。


予告では、メイが訪ねてきた母親からナギサさんを必死に隠していました。

田所と合コンをするシーンもありました。

来週はどうなるのか楽しみですね。


SNSでは、次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!