ドラマ「BG2 身辺警護人」の4話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

BG2 身辺警護人の4話のあらすじ

BG2 身辺警護人の4話のあらすじは次のとおりです。


 「至急! 警護乞う!」と、ただごとではない様子で訴えるメールが、「島崎警備」のホームページに届いた。島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)は直ちに送信者・生田大輔(岡田義徳)に電話。なんと大輔は監禁され、今も見張られているという! ところが…。教えられた住所へ急行すると、そこは大輔と両親が暮らす自宅。実は監禁というのは、すぐ来てもらうためについたウソで、本当の依頼は別にあったのだ――。

 20年もの間、ニート生活を続けるアラフォーの大輔。そんな折、出身小学校のクラス会開催の知らせが届き、“将来の夢”を書いた色紙を保管していたタイムカプセルを開ける行事も予定されていることが分かったという。だが、この行事に拒絶反応を示した大輔は、自分の色紙だけ先に回収してもらうよう、教師に頼みに行こうと決意。外出には不安があるため、身辺警護を依頼したのだという。というのも大輔は、自分が常日頃より誰かに狙われている、と信じて疑っていなかったからだ!

 にわかに信じがたい大輔の話…。一向に働こうとしない大輔に常々苛立っていた父・生田洋次(平泉成)も「バカバカしい」と一蹴するが、章は「クライアントを信じる」と決め、高梨と共に大輔を警護。いざ小学校へと向かう。ところが道中、大輔は“ある場所”まで来ると、なぜか遠回りになる道を選択。さらに、偶然出くわした同級生・谷口守治(丸山智己)の優しい言葉にも、完全に背を向けて…!?

 そんな中、怪しい人影が後をつけてくるという、不穏な事態も発生! 大輔は急に小学校へ行くのを断念し、警護依頼も取り下げると言い出す。そんな息子にあきれ果て、見限ろうとする洋次。だが、自らも“息子を持つ父”である章は、すれ違う大輔と洋次を放っておけず…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG2 身辺警護人の4話のネタバレ

島崎警備に「至急!警護乞う!」というメールが届きました。

送ってきたのは生田大輔という者です。

章は、そこに書かれていた電話番号に電話をかけました。

大輔が電話に出てきて、監禁されているというのです。


章と高梨は、大輔の自宅へ急行しました。

大輔の自宅の外には不審な者や車両などはありませんでした。


章は、大輔の自宅のインターホンを鳴らしました。

大輔の母親が出てきました。

章と高梨は、大輔が監禁されると聞いていたので、無断で家に入り、2階の大輔の部屋へ向いました。

部屋のドアを開けると、大輔はパソコンをいじっていました。


監禁されているのというのは大輔の嘘でした。

そのように言った方がすぐに来てくれると思ったというのです。

章は、大輔に依頼内容を尋ねました。


大輔は、20年も働いていないニートでした。

明日行われるクラス会でタイムカプセルの開封が行われます。

大輔は、そこに入れた自分の“将来の夢”を書いた手紙を先に回収するために、教師に会いに行くと言います。

手紙にはJリーグの得点王と書いたというのです。

大輔は、自身が狙われていると言いました。

自転車のタイヤをパンクさせられたり、踏切の前で背中を押されたりしたというのです。

どれもかなり前のことで、章と高梨は本当に狙われているのかどうかが疑わしく感じられました。

しかし、大輔はまじめに身辺警護を依頼してきました。


その後、大輔の父親・生田洋次から話を聞きました。

章は大輔が警護を依頼してきたと話すと、洋次はバカバカしいと一蹴しました。

結局、章は今回の警護を引き受けることにしました。


沢口がやって来ました。

まゆが劉の大抜擢で執行役員になったというのです。

今日はそのお祝いだと言います。


まゆと劉は食事に行きました。

劉は、まゆにどうして警備業界に興味を持つようになったのかを話し始めました。

5年前、ロスの自宅が強盗に襲われました。

その際、婚約者が銃で撃たれました。

3ヵ月後に婚約者は亡くなりました。

実は、ボディガードを雇っていたのに護ってもらえなかったのです。

劉は、この経験からボディーガードはクライアントを護れなくても責任を取らなくてもよいことを知ったのです。

これはよいジビネスになると考えたのでした。


章と高梨は、目的地である小学校までの下見をしました。

小学校までは約2Kmでした。


いよいよ大輔が小学校に向かいます。

久しぶりの外出に大輔は緊張しています。

物陰から大輔のことを見ている男がいました。


大輔は、踏切に来ると、以前背中を押されたと時のことを思い出しました。

実は、自分のことを恥じている洋次が運転する電車に飛び込んでやろうと思っていたのだというのです。

背中を押されたことで我に返って踏み止まったと言います。


大輔は、踏切を渡らず、久しぶりなので遠回りしていくと言い出しました。

途中で、同級生の谷口守治に出会いました。

谷口は、きちんと就職しており、妻子もいました。

大輔は、自分と大きな差がついた谷口のことを快く思っていませんでした。

一緒に同窓会へ行こうという谷口の言葉を無視しました。


章は、こちらの様子を伺う不審者を見つけました。

不審者を追いかけますが逃げられてしまいました。

大輔は、不審者に狙われていることを知って、タイムカプセルはもうよいと言って自宅に帰ってしまいました。


洋次は、自宅に戻ってきた大輔を見て呆れてしまいます。

そして、大輔の悪口を言い始めます。

章は、クライアントである大輔の悪口は言わないで欲しいと言います。

大輔がボディーガードを依頼したのは、大輔に少しでも外に出たいという気持ちがあったのではないかと説明しました。


洋次は、大輔の部屋に来て、大輔に悪口を言いまくりました。

怒った大輔は部屋を飛び出しました。

実は、これは章が洋次に頼んだのでした。

こうでもしないと大輔は外に出ないためです。


大輔は、小学校の前まで来ました。

しかし、中に入る勇気が出ませんでした。

谷口が大輔に声を掛けてきました。

大輔は谷口と行くので、章と高梨にはここまででよいと言いました。

そして、大輔は小学校に入っていきました。

章と高梨は、大輔のことが気になって仕方がありませんでした。


大輔と谷口は理科室に行きました。

谷口は、小学生の時大輔に命じられて塩酸を理科室から持ち出しました。

警察が来て大騒ぎになりました。

しかし、大輔は最後まで谷口に塩酸を持ってくるように命じたことを誰にも話しませんでした。

大輔はそのことを覚えていませんでした。


谷口は、このことが原因で中学受験に失敗したというのです。

さらに、谷口の母親は心病んで自殺してしまったと言います。

谷口は、大輔に謝るように迫ります。


その時です。

章と高梨がやって来ました。

大輔の自転車をパンクさせたり、踏切で背中を押したのは谷口だったのです。

谷口は、妻と離婚していました。

あの事件以来人間不信に陥ってしまって、人間関係がうまくいかないと嘆きます。

一発ぐらい殴らないと気が済まないというのです。

章は、それなら自分を殴ればよいと言いました。

そして、谷口が人間を信用できなくなったのは大輔のせいではなく、谷口自身の問題だと言います。


谷口は、章に殴りかかります。

章はそれをよけて、谷口を羽交い締めにします。

大輔は、章に止めるように言います。


大輔は、谷口に謝りました。

そして、殴るなら自分を殴って欲しいと言いました。

谷口は、大輔を殴りました。

大輔は、再度謝りました。


谷口はグランドで他の同級生と話をしていました。

大輔がグランドに来ると、他の同級生が騒ぎ出しました。

大輔のボロボロの服装が気になるようです。

谷口は、大輔に受け狙いでその服を着てきたのかと言いました。

この一言で、他の同級生は大輔を変な目で見なくなりました。


タイムカプセルの箱が開けられました。

大輔の25年後の自分に宛てた手紙も出てきました。

大輔は中を見ます。


大輔が自宅に帰ってきました。

章は、その手紙を洋次に渡しました。

そこには、大輔が父親のことを尊敬していて、自分も電車の運転手になりたいことが書かれていました。


大輔が以前に話した、洋次が運転する電車に飛び込もうとしたという話は嘘でした。

実は、洋次が運転する電車を見に行っていたのです。

大輔は電車の運転手になりたかったのですが、洋次は勉強して人を動かす人間になるように言いました。

そのため、大輔は電車の運転手になりたいとは言えませんでした。

そこで、タイムカプセルに入れた手紙には本当の気持ちを書いたのです。

25年後の自分にまで嘘をつきたくなかったというのです。


洋次がやって来ました。

大輔に、体裁を気にしていたのは自分の方だったと謝りました。

そして、大輔にこの家を出て行くように言いました。


その後、大輔はスーツ姿で章と高梨の前に現われました。

2人に「俺の記憶を護ってくれてありがとう」とお礼を述べました。


高梨は、谷口を狙っていた不審者のことが気になっていました。

章は、それがあの時のボーイの男だとわかりました。

高梨も薄々気づいていました。

この後、そのことでちょった言い合いになります。

その男は、章の自宅の様子も伺っていました。

BG2 身辺警護人の4話の感想

今回は、まさかの小学校までの2Kmの警護でした。

警護の話というよりは、大輔の人間関係の修復の話という感じでした。


最近は、それほど大きな警護の話ではありません。

個人で会社を経営しているので、大きな警護の話は来ないのかもしれません。

個人的には、もっと大きな事件で章と高梨が活躍するシーンを見たいです。


あのボーイの男は、何の目的があって章を監視しているのでしょうか?

劉は自分には関係ないと言っていましたが、本当なのでしょうか?

あの男が絡んだ大事件が発生するかもしれませんね。

どうなるのか気になります。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!