ドラマ「未満警察」の3話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【未満警察】3話のあらすじ

未満警察の3話のあらすじは次のとおりです。


誘拐された家出少女・亜未(上白石萌音)の行方を追い、監禁場所を突き止めた本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)。だが、犯人の柴本(加藤雅也)に阻まれ、亜未を助けることができなかった。

2人は、教官の片野坂譲(伊勢谷友介)と助教の及川蘭子(吉瀬美智子)、刑事の柳田晋平(原田泰造)に、亜未の他にも複数の少女が拘束されていることを報告する。そして共に監禁場所の廃ビルへ向かうが、時すでに遅し。そこに亜未たちの姿はなく、部屋には使用済みの麻酔の注射器が残されていた。

柳田は犯行現場の様子から、誘拐犯の目的は少女たちを海外へ売り飛ばす人身売買だと確信する。一刻を争う状況の中、今すぐにでも自分たちが捜しに行くと訴える本間と一ノ瀬。だが、片野坂から「お前らはまだ学生だ!」と制止され警察学校に連れ戻されてしまう。寮に帰った後も、誘拐された亜未たちのことが気になって仕方ない本間と一ノ瀬。熟考の末、2人は再び柳田に会いに行き、あることを懇願する。

さらに本間は、体力面で自分より秀でている一ノ瀬に「俺を鍛えてほしい」と頼み、筋トレ、柔道、剣道、護身術などの特訓に励む。

その頃、柴本と柴本の部下・小暮(松永拓野)によって別の廃ビルの一室に監禁されていた少女たちは、体力的にも精神的にも追い詰められ憔悴しきっていた。そんな極限状態の彼女たちを励まし続けていた亜未は、思いもよらぬ行動に出る。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【未満警察】3話のネタバレ

本間と一ノ瀬は、柴本にやられてしまいました。

目を覚ますと、2人は縛られて吊されていました。

一ノ瀬が自慢の体力を活かしてその状況から脱しました。

その後、本間を下ろしました。


亜未は、他の少女のことが気になって廃ビルに戻ってきました。

しかし、柴本の部下に捕まってしまいました。

その時に、ガラスの破片をポケットに隠しました。


本間と一ノ瀬は、ひとまず廃ビルから逃げることにしました。

逃げる途中で、柴本の部下に見つかってしまいます。

2人は追いかけられます。

何とか近くの交番に駆け込んで逃げ切ることができました。


しばらくして、片野坂譲・及川蘭子・柳田晋平らがやって来ました。

本間と一ノ瀬は、たくさんの少女が廃ビルに監禁されていると報告しました。

犯人を逮捕するために廃ビルに向かいました。

しかし、犯人どころか、少女の姿も見当たりませんでした。

犯人は少女を連れて逃げたようです。


少女が監禁されていた場所から、大量の麻酔が見つかりました。

片野坂と柳田はこれは人身売買だと確信しました。

少女を眠らせて海外に運んでしまうというのです。


柳田はここまで大掛かりな犯罪になると、本部で捜査が行われると言います。

ただ、本部にもスケジュールがあるので、すぐに捜査されるかはわからないというのです。

それなら、本間と一ノ瀬は自分たちが捜査に行くと言い出しました。

片野坂は、2人はまだ学生だと言いました。

結局、2人はどうすることもできずに学校に戻りました。


2人は、亜未らがどうなったのかが気になっていました。

柳田に犯人の車のナンバーを覚えているので、車の行方を調べれば犯人の居場所がわかると伝えました。

すでに柳田は手配して調べていました。

本間は犯人のことがわかれば教えて欲しいと頼みましたが、柳田に「ふざけんな」と言われました。

しかし、柳田は帰る際に、わざと稲西結衣の名刺を落としていきました。


それを拾った本間は、結衣に電話をかけました。

結衣は、まだ調べるのに時間が掛ると言って電話を切りました。


本間は、一ノ瀬に自分を鍛えて欲しいと頼みました。

筋トレ、柔道、剣道、護身術などいろいろな特訓をしました。


蘭子は、2人が真剣に特訓しているのを見て、2人はきっと何かをしでかすと思いました。

そこで、片野坂に2人が外泊届を出してきても受理しないように言いました。

片野坂は受理しないと返しました。

ただ、受理しないのは2人に期待しているためだというのです。


亜未は、隠し持っていたガラスの破片で、縛られていたテープを切りました。

そして、みんなを連れて逃げることにしました。

建物の外へ出ると、柴本が立っていました。

結局、全員捕まってしまいました。


本間と一ノ瀬は、結衣から探している車に関する情報を入手しました。

車には、MGC輸送倉庫の文字が書かれていました。

本間は、おそらく少女をコンテナに入れて海外に運ぶのではないかと考えました。

HPで船のスケジュールを確認すると、今度の日曜日に船が出航することがわかりました。


2人は、少女を助けに行くことを決意しました。

そこで、装備管理室に行って、手錠や警棒などの装備を借りました。

2人は片野坂の指示だと嘘をついたのです。


2人は、外泊届を出しても受理してもらえないことはわかっていました。

そこで、無断で学校を抜け出すことにしました。


少女は、予想どおりMGC輸送倉庫の建物に連れて来られました。

本間と一ノ瀬は装備を整えて、犯人のいる建物に突っ込んでいきました。

2人は、大人数の柴本の部下を相手に戦います。

何とか2人は全員を倒しました。

その頃、亜未らはコンテナに入れられ、麻酔を打たれて眠っていました。


本間と一ノ瀬は亜未らの元へ急ぎます。

柴本がやって来ました。

再び柴本と対決することになりました。

やはり柴本の強さはハンパではありません。

2人がかりで戦いますが、防戦一方でした。

それでも、徐々に2人は柴本にダメージを与えていきました。


柴本はナイフを取り出しました。

ナイフに刺されるかもしれないという恐怖の中、2人は戦い続けました。

そして、本間は授業で習ったナイフを持った犯人に対する対処法を思い出します。

そのとおりにやって柴本を倒しました。


2人は、コンテナの中で眠っている亜未らを見つけました。

本間は、片野坂に連絡すると言いました。

一ノ瀬は、連絡すれば退学になると返しました。

本間は仕方がないというのです。

しばらくすると、警察がやって来ました。


警察学校では、校長などが集まって、本間と一ノ瀬の処分について話し合われました。

蘭子は、ルールを破った2人は退学にすべきだと言いました。

そうしないと、他の生徒に悪影響を及ぼすというのです。

片野坂は、誘拐を知りながら何も行動しないことは不名誉なことだというのです。

そして、市民が窮地に陥った時に真っ先に行動するのが警察官だと言いました。


本間と一ノ瀬は、校長の計らいで特例の処分で済みました。

処分として、100時間の雑役と社会奉仕活動が命じられました。

何とか退学だけは免れました。


2人がグランドの草むしりをしていると、亜未がやって来ました。

亜未は、まず一ノ瀬に、続いて本間に抱き付いてお礼を言いました。

本間は、調子に乗って亜未を強く抱きしめます。

それを見て、一ノ瀬も亜未に抱き付いてきました。

亜未は、そんな2人を見て笑いました。

【未満警察】3話の感想

本間と一ノ瀬は、やはり亜未らを助けに行きました。

この時点で退学を覚悟したはずです。

この間、ボコボコにやられた柴本に見事にリベンジすることができました。

2人は確実に成長しています。

この前よりも強くなっていました。


2人は警察学校を退学にならなくてよかったですね。

たくさんの少女が誘拐されていることを知っていて、どうして警察はすぐに動かないのかが腹立たしく思えました。

警察がすぐに動いていれば、2人が学校を抜け出して助けに行く必要はありませんでした。

ルールを破ったことはいけませんが、警察があまりにも情けなさ過ぎますね。


このパターンで行くと、毎回2人は処分を受けるのでしょうか?

そのうち、退学になるのではないかと心配になります。

それでも、来週の2人の活躍が楽しみですね。


SNSでは、次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!