ドラマ「私の家政夫ナギサさん(わたナギ)」の2話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【わたナギ】2話のあらすじ

わたナギの2話のあらすじは次のとおりです。


家政夫のナギサ(大森南朋)さんと手を繋いだまま眠ってしまったメイ(多部未華子)は、衝撃の事実にパニック状態に陥る。
さらに天敵の田所(瀬戸康史)が隣人であることが判明!ライバル会社のMRが隣の部屋に住んでいたとは…。動揺が収まらない中、今度はメイの母・美登里(草刈民代)が家にやって来た。
家政夫の存在を母に知られたくないメイは、ナギサさんを隠すのに奮闘。必死にごまかそうとする。
そんな中、メイは同僚の陶山薫(高橋メアリージュン)の計画で、田所と合コンすることに。渋々参加するメイだったが、田所が急接近してきて…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【わたナギ】2話のネタバレ

メイは、ナギサさんと手を繋いだまま眠ってしまいました。

翌朝、メイが目を覚ますと目の前にナギサさんがいたことで驚いてしまいます。

その後、ライバル会社の田所が隣に住んでいることがわかって大きく動揺してしまいます。


その時、インターホンが鳴りました。

メイの母親がやって来ました。

メイは家政夫を雇っていることを母親に内緒にしようと、ナギサさんを寝室に押し込みます。

しかし、ナギサさんは物音を立ててしまいます。

メイはうまく誤魔化しました。

あやうく母親に見つかるところでした。


メイは、会社に行かなければなりませんが、母親はもう少しこの部屋にいるというのです。

このままではナギサさんがいることがバレてしまうと考え、うまく言って母親を外に連れ出しました。

何とかナギサさんがいることがバレずに済みました。

ナギサさんは、1人になった後部屋の掃除をして帰りました。


唯は、ナギサさんにメイは契約の延長を申し出なかったのかと尋ねました。

ナギサさんは、メイにとって家政夫の存在は恥ずかしいようだと答えました。

唯は、メイにはナギサさんを雇って欲しそうです。

ナギサさんは、間違ってメイのジャケットのボタンを持ってきてしまったので、唯に返しておいて欲しいと頼みました。

しかし、唯はナギサさんがメイに直接返して欲しいというのです。


メイは、会議の中でみんなに肥後すこやかクリニックとの契約を取れなかったことを謝罪しました。

リーダー失格だというのです。

瀬川は、2つのことを提案しました。

1つ目は敵を知ることです。

つまり、ライバル会社であるアーノルド製薬の田所について調べることです。

もう1つは、アギサルの情報を早急に展開するにはネットを使った講演会が有効であることです。

これなら、普段忙しい医師もいつでも好きな時に見てもらえるというのです。


ネットを使った講演会を行うことになりました。

みんなで準備を進めます。


講演会の講師探しが難航していました。

しろくまメディカルで紹介してもらおうと思いましたが、それもうまくいきませんでした。

メイが会社に戻ろうと車に乗り込むと、瀬川が急に車から降りて走って行きました。

瀬川は、田所と話していました。

戻ってくるなり、瀬川は明日田所と情報交換と親睦を兼ねて飲み会を行うことになったというのです。

こちらはメイ・薫・瀬川の3人が参加します。


その日、メイが自宅のマンションの前まで帰ると、入り口にナギサさんが立っていました。

ナギサさんは、メイにボタンを返しに来たのです。

カバンの中を探していると、メイは向こうから田所がやって来るのが見えました。

メイはまずいと思い、ナギサさんを自宅まで連れて行きました。


ナギサさんは、お詫びだと言って、ジャケットにそのボタンを付けてくれました。

メイは、自分が仕事をしている間おじさんが家事をするというこの感じはかなり前のことのように感じられました。

ナギサさんといると、何か落ち着くというか、温かい気持ちにさせられていることに気づきました。


ナギサさんは、メイに仕事は忙しいのかと尋ねました。

メイは、講演会の講師探しがうまくいっていないと答えました。

(肥後すこやかクリニックの肥後という)候補はいるのですが、その医師はアーノルド製薬の薬剤を使っているのでダメだと言いました。


ナギサさんは、メイがアーノルド製薬に負けない薬剤を扱っているのなら、諦めるのは悔しくはないかというのです。

そして、次のように言いました。

家政婦の仕事は地域によって求められるものが異なります。

薬も同じで、地域特有の満たされていないニーズがあるはずだというのです。


ナギサさんは、食事を作ろうかと申し出ました。

しかし、メイはいつまでも頼ってはいられないとその申し出を丁重に断りました。

ナギサさんは、その後すぐに帰って行きました。


メイは、ナギサさんが言っていた“地域特有の満たされていないニーズ”とは何なのかについて考えていました。

そして、よい考えが浮かびました。


メイは、ナギサさんが昨夜付けてくれたジャケットを着て家を出ました。

実は、このジャケットはメイの勝負服でした。

大切な仕事の日は、いつもこのジャケットを着ていました。


メイは、肥後すこやかクリニックに行きました。

肥後は、メイの企画を褒めてくれました。

ただ、自分はアギサルを使っていないので講師は引き受けられないというのです。

メイは、もう1度アギサルを検討してもらえないかと頼みました。

こちらに通う患者は、近くのオフィス街の会社に勤めている人が多いです。

そのため、即効性のあるアーノルド製薬の薬剤が適しています。

ただ、この地域も変わりつつあり、今後は若い家族がこの病院を利用することが増えていくことが予想されます。

アギサルは1日1回の服用でよいので飲みやすいです。

しかも、アギサルは安全性の高さが売りの薬剤となっています。

子供や高齢者にはアギサルを使うというように、アーノルド製薬の薬剤と使い分けてもらえないかとメイはお願いします。

肥後は検討してみると言ってくれました。


仕事が終わった後、メイは薫と瀬川とともに、田所との飲み会に行きました。

メイは、田所から仕事の情報を聞き出そうと張り切っていました。

しかし、薫は合コン目的で参加していたため、メイは見事に邪魔されてしまいました。


食事が終わって、メイが帰ろうとしていると、田所がやって来ました。

田所は、2人で飲まないかと誘ってました。

メイは、田所に次は負けないと宣言しました。

この間負けた時は落ち込んだが、ある人が温かく励ましてくれたと言いました。

田所もへこむことがあると聞くと、メイは田所に親近感が湧いてきました。

その後、連絡先の交換をして別れました。

メイは、田所と同じマンションに住んでいることがバレたくないので、嘘を言って別々に帰りました。


翌朝、メイに母親から忘れたストールを取りに行くという連絡がありました。

メイの部屋は、ナギサさんとの契約が切れてからは散らかり放題でした。

何があっても母親に部屋は見せられません。

そこで、唯に連絡して、ナギサさんにスポットで部屋を掃除して欲しいと頼みました。


肥後から、アギサルを使ってもよいという返事をもらいました。

田所に相談したところ、そのことを快く承知してくれたというのです。

肥後は、本当に患者のことを第一に考えてくれると田所を絶賛しました、


自宅に帰ると、唯とナギサさんが来ていました。

唯は、スポット契約の説明をすると、母親と顔を合せないようにするために帰って行きました。

ナギサさんは、部屋の掃除を始めました。

メイは、ナギサさんに薬剤を使ってもらえることになったことを話してお礼を言いました。


メイが向こうへ行こうとすると、足を滑らせて転倒しそうになります。

ナギサさんは、メイの体を支えました。

この状態の時、母親が部屋にやって来ました。

【わたナギ】2話の感想

メイは、いなくなってはじめてナギサさんのよさに気づいたようです。

ナギサさんがいることで、何か落ち着くとか、温かい気持ちにさせられると言っていますね。

メイは、自分の母親からは優しさや温もりといったものをそれほど与えられてきませんでした。

そのため、優しさや温もりで溢れているナギサさんに母親に近いものを感じているのかもしれません。


ドラマのラストで、転びそうになったメイをナギサさんが支えるシーンがありました。

そのシーンを見ると、恋に発展する可能性もあるのではないかと思ってしまいますね。

ただ、年齢が離れすぎていますが。

この先、どうなっていくのか気になりますね。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!