ドラマ「BG2 身辺警護人」の5話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

BG2 身辺警護人の5話のあらすじ

BG2 身辺警護人の5話のあらすじは次のとおりです。


 「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)が目をかけている第一秘書・岩田一也(三宅弘城)の下で、サブ秘書として働いている角田凪子(成海璃子)が、夜道で引ったくりにスマホを盗まれ、ケガを負った。実は、凪子は子会社「KICKSガード」のボディーガード・沢口正太郎(間宮祥太朗)の恋人。連絡を受けた沢口は、元同僚・島崎章(木村拓哉)の口利きで、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)に緊急処置を頼む。幸い凪子は軽症で、胸をなでおろす沢口。ところが…診察中、なぜか凪子が防犯ブザーを複数所持していることが発覚。章が問いただすと、凪子が「少し前からストーカーに狙われている」と告白したのだ!

 相手は誰か分からず、沢口にも心配をかけたくなくて黙っていた、という凪子。彼女の身が心配でならない沢口は、島崎と高梨雅也(斎藤工)に身辺警護を依頼する。ところが警護中、2人は凪子が無意識に取る些細な行動に、釈然としないものを感じ…!?

 その矢先、島崎と高梨はストーカーを取り押さえることに成功する。ところが…その正体はどうにも信じがたい“意外な人物”! しかも背後には、ほかでもない劉が率いる「KICKS CORP.」の影がちらついて…!?

 これは、単純なストーカー事件ではない――。凪子と共にストーカーと真正面から闘い、封じられた真相に光を当てようと立ち上がる島崎と高梨。だが、行く手には“とんでもない盾”を構えた劉が泰然と立ちはだかる! しかもあろうことか、その向こう側には「KICKS CORP.」の急所ともいうべき“致命的な秘密”が隠れていて…!? 章と劉がついに直接対決へ…物語は急展開で最終局面へ突入!
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG2 身辺警護人の5話のネタバレ

角田凪子は、劉光明の第一秘書である岩田一也の下でサブ秘書として働いていて、沢口正太郎と交際しています。

その凪子が夜道で誰かに襲われました。

スマホを盗まれ、2週間ほどのケガを負いました。

沢口から連絡をもらった島崎章が、整形外科医の笠松多佳子に頼んで凪子の治療をお願いしたのです。

章も診察室にやって来ました。


章は、沢口と凪子に外で待つように言いました。

多佳子は、章に凪子が襲われたのは今回が初めてではないというのです。

凪子が防犯ブザーを3つも持っていたためです。


章と沢口は凪子から話を聞きます。

凪子は3ヵ月ほど前からストーカーに狙われているというのです。

顔を見ていないので誰かわからないと言います。


沢口は心配なので、章と高梨に凪子の警護を依頼しました。

章と高梨は、凪子を警護しながらストーカーを捕まえることにしました。


翌日から、章と高梨は凪子の警護をスタートさせました。

章と高梨が、周囲に気づかれないように交互に入れ替わって警護します。

章と高梨は、凪子に疑問を感じ始めました。

普通、誰かに狙われていると突然人が飛び出してくるなどすれば驚くはずなのですが、凪子は平然としていました。

章は、高梨に凪子はストーカーが誰なのか知っているのではないかというのです。


凪子が自宅マンションの前まで帰って来ると、作業服を着た男がいました。

凪子はその男を見て驚きます。

その男は逃げ出します。

高梨はその男を捕まえました。

その男は、何と小俣健三でした。


章は、小俣を事務所に連れて行きました。

小俣は、ストーカーであることを否定しました。


凪子と高梨は、1階にあるカフェ「ジャンクション」で話をしていました。

高梨は、もうすぐ沢口が来ることを伝えます。

凪子は、小俣には帰ってもらい、沢口は呼ばないで欲しいというのです。

高梨は、何か理由があるのかと尋ねます。

凪子は、小俣は沢口の上司だからだとしか言いませんでした。

そのうち、沢口がやって来ました。

凪子は、高梨に自分のボディーガードなら自分の指示に従うように言いました。

高梨は、凪子の指示に従って、沢口に小俣のことは何も話しませんでした。

凪子は、ボディーガードはもういらないと言って帰って行きました。


凪子に違うと言われれば、小俣を拘束しておくことはできません。

章は、謝って小俣に帰ってもらいました。


翌朝、章は凪子に沢口は凪子が少しでも安心して暮らせるように依頼してきたので、まだ任務は終わっていないというのです。

2人は、ボディーガードを続けることになりました。


凪子が2人に話を始めました。

ストーカーは小俣ではなく、岩田だというのです。

凪子は岩田に誘われ、付き合っている人がいると言ってその誘いを断りました。

それから、ロッカーの鍵が勝手に開けられていたり、自宅のパソコンに誰かがログインすることが続いたと言います。

凪子は岩田のことを公にすると、沢口が会社に居づらくなるのではと心配しています。


章は、他に理由があるのではないかというのです。

実は、凪子は岩田に自宅に押し入られ、ベッドに押し倒されてキスをされました。

岩田は、キスしたことを沢口にバラすと言って脅してきました。

凪子は、どうしても沢口にはそのことを知られたくないのです。


その話を聞いた章は、凪子に戦うことを提案しました。

凪子は自分でも戦えるのかと尋ねました。

章は、戦えない人はいないと答えました。


凪子は、電話で岩田を呼び出しました。

場所は、「KICKSガード」の中の会議室でした。

章と高梨は凪子についていきます。


その頃、岩田と小俣は劉にストーカー行為に関しての報告をしていました。

劉は、章を警戒するかのような発言をします。


岩田は時間になっても約束の場所に来ませんでした。

章は、岩田を探してくるというのです。

小俣のところに行きました。

小俣から社長室へ行くように言われました。


章・高梨・凪子は社長室に入りました。

劉は、自分が話を聞くと言いました。

凪子は、岩田に直接話をしたいと返しました。


すると、岩田がやって来ました。

まゆと沢口も一緒でした。


章は、沢口を退室させて欲しいと頼みました。

しかし、凪子は自分は大丈夫だと言いました。


凪子は、岩田にストーカー行為をやめて欲しいと頼みました。

このようなことで仕事を諦めたくないというのです。

そして、自分のスマホを返して欲しいと言いました。


劉は岩田を第一秘書の職から退かせ、自宅待機を命じました。

まゆが岩田を連れて行こうとします。

章は、凪子に謝罪して今後ストーカー行為を行わないことを約束してくれないと安心できないというのです。

岩田は、どうして謝らないといけないのかと返しました。

凪子には特別な感情は持っていないと言いました。

高梨はどういうことなのかと尋ねます。

岩田は、凪子にアクセスを許可した資料の中に見られてはマズいものが紛れ込んでいたと言いました。

それは、劉が桑田に政界関係者の警備データを渡した証拠だというのです。


岩田は、すべて劉のためにやったことを明かしました。

劉の言動に我慢ができなくなって、劉に飲みかけのコーヒーをぶっかけました。

そして、岩田はコーヒーカップを割って、凪子に襲いかかります。

章が岩田を取り押さえます。


高梨は、凪子を外へ連れ出しました。

劉は、沢口に先ほどのコーヒーが熱湯や化学薬品なら死んでいたというのです。

沢口は劉に謝罪します。

そして、帰ろうとする章にボディーガードは所詮そのようなものだと言いました。

章は、劉の方を振り返ります。

劉は、桑田の警護の時に、沢口を狙わせたことが原因で章が会社を辞めたことを話しました。


章は、あの時自分と沢口は本気で警護を行っていたと言います。

劉は、銃を突きつけられてもその場に立っていられるのかと尋ねます。

章は、いつでも本気で盾になる覚悟はできていると答えます。


劉は、5年前にロスで自分の愛する人が強盗に殺されたというのです。

その時雇っていた屈強なボディーガードは逃げたと言いました。

劉は逃げたボディーガードを恨んではおらず、できもしないことをできるという者の方が大嫌いだと言って出て行きました。


章は、凪子に願いを叶えられなかったことを謝罪しました。

凪子は、あそこまでやったことで自信がついたというのです。

自分の決意を守ってくれてありがとうとお礼を言いました。

凪子は、この会社を辞める決意をしました。


沢口は、凪子に何でも話して欲しかった、自分を信じて欲しかったと言いました。

凪子は、沢口を守りたかったので何も話さなかったというのです。

そして、凪子は沢口とはしばらく距離を置くことを決めました。


桑田は、劉に警備データの件が秘書の不注意で流出のおそれがあるのではと言ってきました。

あれがバレると、自分を任命した総理の顔に泥を塗るというのです。

劉は、総理まで失脚したら桑田の名前が歴史に残ると言いました。

そして、体を張って桑田を守ることを誓いました。

電話を切った後、桑田は激怒します。

なぜか、桑田のそばには小俣の姿がありました。

小俣は、劉は信用できないというのです。


沢口は、劉に辞めさせて欲しいと申し出ました。

しかし、劉は沢口は辞めなくてもよいと言いました。


章は、多佳子とお寿司を食べに行きました。

その時、多佳子が以前結婚していたことがわかりました。

多佳子の夫は警察官だったのですが、新婚3ヵ月の時に死んでしまいました。


店を出てから、章は「ひどい人ですね。一番いい時に突然去るなんて」と言いました。

多佳子は、そのように言ってくれた人は初めてだというのです。

みんなはよい死に方だったと褒めてくれましたが、実は多佳子は腹が立ったと言いました。

章は、またしてもあの時のボーイの男を見つけました。

多佳子を安全なところに行かせて、章はその男を追いかけました。

路地裏で、バトルが繰り広げられました。

その男が劣勢になると逃げ出しました。

多佳子は、その男の顔を見てどこかで見たような気がすると言いました。

BG2 身辺警護人の5話の感想

今回、章と高梨は沢口が交際している凪子の警護を行いました。

ストーカーはまさかの人物でしたね。

ストーカー行為を行った理由が衝撃的でしたね。


章と多佳子は一緒に食事に行きました。

2人ともかなり意識しているように感じます。

2人の恋の行方も気になります。


また、ボーイの男が現われました。

どうして章のことを見張っているのでしょうか?

本当に謎です。

誰かに頼まれてやっていると思うのですが、それは誰なのでしょうか?


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!