ドラマ「アンサングシンデレラ」の1話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

アンサングシンデレラの1話のあらすじ

アンサングシンデレラの1話のあらすじは次のとおりです。


葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。

患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。

薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。これが林とみどりの因縁に…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

アンサングシンデレラの1話のネタバレ

葵みどりは、薬剤師としてバリバリ働いていました。

薬剤部部長・販田聡子が新人の相原くるみを連れて歩いていました。

聡子はくるみが来てくれてよかったと言います。

くるみは、自分に向いていなければ辞めるというのです。

聡子は、病院薬剤師は楽しいと返します。


聡子は、みどりを見つけると、くるみにあの薬剤師が教育担当であることを伝えました。

その時、みどりは救急センターで蜂に刺されて搬送されてきた患者の心臓マッサージを行っていました。

くるみは、薬剤師が心臓マッサージまで行わなければならないのかと驚きます。


みどりは、患者が常日頃服用している薬のことに気づきました。

そのことを医師に伝えると、みどりは医師から指示を受けて必要な薬の準備を行いました。

医師が患者に薬を投与すると、心拍が回復しました。


聡子は、みどりと薬剤部副部長・瀬野章吾にくるみを紹介しました。

くるみは、薬剤師も患者の命を救うことがあるのかと感動します。

瀬野は救ったのは医師だというのです。

くるみはどういう意味なのかわかりませんでした。

その後、患者の家族がやって来て、命が助かったことを喜びます。

そして、医師にお礼を言いました。


みどりは、くるみを連れて救急センターを出ました。

くるみは、あの薬のおかげで患者は助かったというのです。

みどりは、くるみに感謝されたいのかと尋ねました。

くるみは感謝されたいと答えました。

すると、みどりは「じゃあ、この仕事向いてないかな」と言いました。


みどりは、医師から小児病棟の糖尿病患者である渡辺奈央の血糖値が安定しないと言われます。

病室に行くと、奈央は仲の良い森本優花と話していました。

みどりは、インスリン注射の打ち方など間違っているところは優しく指導します。


その後、入院患者がきちんと薬を飲んでいるのかを見て回ります。

自分で勝手に判断する患者などをきちんと指導していきます。

みどりはとにかく歩くのが速くて、くるみはついていくのが精一杯でした。


今度は調剤室に来ました。

みどりは、くるみにみんな仕事に追われて殺気立っているので気をつけるように言います。


中に入ると、まさに戦場でした。

みんな忙しく動き回っています。


主任の刈谷奈緒子は、みどりは仕事が遅いとダメ出しをします。

患者一人ひとりに関わりすぎだというのです。

奈緒子は、くるみにみどりのやり方を絶対にマネしないように釘を刺しました。


みどりは林医師の処方箋がおかしいと感じました。

林に連絡しますがつながりません。

食堂にいると聞いて、みどりとくるみは処方箋に誤りはないかを聞きに行きました。

林は、食堂にまで来られて不快感をあらわにします。

誤りは認めましたが、それくらい自分で判断するように言います。

みどりは、処方箋は医師でないと変更できないと返します。


みどりは、内心では腹が立って仕方がありませんでしたが、グッと我慢していました。

くるみに、薬剤師は患者を守る最後の砦なので見落としや失敗は絶対に許されないと言いました。


奈央の血糖値が安定しませんでした。

奈央は真面目なので、きちんと言われたことを守っているはずです。

血糖値が安定しない理由はよくわかりませんでした。

奈央は、母親にあまり心配を掛けないように言われました。


みどりは、またしても林とトラブルを起こしてしまいました。

ある患者が急変しました。

みどりは、担当医の道場に特定の病気の疑いがあると助言しました。

そして、道場に薬の投与を勧め、林を呼びに行くように言いました。


しばらくして、林がやって来ました。

林は、患者を診察してもよいのは医師だけだというのです。

最終的には、みどりが助言したことは間違いではありませんでした。

みどりの言う薬を投与すると、患者の症状は改善しました。


翌日、聡子はみどりに林からクレームが入ったことを明かしました。

林は、医療安全委員会の議題にするというのです。


奈央は、看護師が注意してみている時は血糖値の数値が下がっていました。

しかし、しばらく目を離すと数値が上がるというのです。


みどりは、優花に声を掛けました。

優花は、奈央が戻って来ないので探していると言います。

みんなで手分けして、奈央を探すことにしました。

みどりは、非常階段で倒れている奈央を発見しました。


奈央の母親は、奈央にどうして食事の直前にインスリンを打たなかったのかと問い詰めます。

インシュリンを打たないと低血糖に陥ってしまいます。

みどりは、奈央にわざと時間を変えて打って悪くしていたのではないかと尋ねました。


横のベッドにいた優花は、みんなで奈央を責めないで欲しいと言いました。

すると、奈央の母親は優花に何か入れ知恵をしたのかというのです。

奈央はブチ切れます。

優花は、奈央に何を言っても無駄だというのです。

インスリンを打っていれば普通と変わらないと思っている人には自分たちの気持ちはわからないと言います。


実は、奈央は小学生の頃、友達に病気なのに普通と変わらないと言われました。

それがショックで、中学生になってからは教師以外には病気について打ち明けていませんでした。

そのため、毎日保健室で注射を隠れるように打っていました。

そのこともあって、クラスメイトとは距離ができてしまい、だんだん居場所がなくなってしまったというのです。

その点、病院では病気のことを隠さなくてもよいし、仲のよい友達がいるので、わざと退院を遅らせていたと言います。


みどりは、中華料理屋「娘娘亭」で食事をしていました。

近くに座っていた小野塚綾が話しかけてきました。

みどりが店主の辰川秀三と話しているのを聞いて、みどりが病院薬剤師だと知ったためです。

小野塚の親は薬剤師だというのです。

小野塚は、どうして病院薬剤師をしているのかと尋ねました。

みどりは、病院薬剤師が好きで、昔からの夢だと答えました。

みどりには世話になった病院薬剤師がいて、その人に救われたと言いました。


医療安全委員会が行われました。

林は、みどりが自分の判断で薬を投与しようとしたと説明しました。

厳しく対処すべきだと言いました。

瀬野は、医師に対して自分の意見を言うような薬剤師は危険なので、患者に迷惑が掛らないうちにクビにした方がよいと提案しました。

林は、そこまでは望んでいませんでした。


救急センターの医師は、先日みどりが患者が常日頃服用している薬に気づいてくれたおかげで、患者の命が救われたことを話しました。

その医師は、医師はもっと薬剤師の言葉に耳を傾けるべきだと言いました。


聡子は林の席に行き、以前みどりが疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)を行っていたことを話しました。

この時、きちんと対処していれば患者が危険な状態に陥ることはなかったのです。

疑義照会を行った証拠が残っていました。

聡子は、みどりが責任を取るとなると、この疑義照会も問題となるのではないかと言いました。

すると、林は急に態度を変えました。

みどりの言動には問題はありましたが、今回は責任を取らなくてもよいのではというのです。


みどりのことは、薬剤部のみんなにも伝えられました。

みどりはクビにならなくて安堵しました。

奈緒子は、いつもみどりに厳しいことを言っていますが、素直にみどりにお咎めがなかったことを喜びました。


実は、瀬野がみどりをクビにした方がよいと言ったのは聡子との作戦でした。

それが見事にうまくいったのでした。


道場は、あの時の患者にみどりのおかげで命が助かったことを告げていました。

みどりは、その患者からお礼を言われました。

涙を浮かべて喜びました。


奈央は、あれ以来血糖値の数値が安定して退院することなりました。

奈央が病室を出て行く時、優花とは何も会話をしませんでした。


みどりは、優花に奈央が血糖値を悪くしていることに気づいていたのではないかと尋ねました。

やはり優花は気づいていました。

優花は、奈央には退院して欲しくなかったというのです。

一緒にいて救われていたのは自分の方だと明かしました。

自分の居場所はもうここにしかないと言います。

みどりにはその気持ちはわからないですが、放っておけないと返しました。


みどりは、インスリンの重要性を話しました。

病院に逃げている優花に、これから大人になって病院の外で生きていかなければならないことを強調しました。

そのため、インスリンときちんと向き合って欲しいと言いました。

そして、普通の未来を手に入れて欲しいというのです。

優花にはわかり合える友達がいるので、その友達と一緒なら頑張れるのではないかと言いました。


優花は、奈央を追いかけました。

奈央に、もう病院では会わないことに決めたと言いました。

これからは病院の外で会おうというのです。

そして、お酒を飲んだり、楽しく話をしようと約束しました。


優花は、みどりにこれからもいろいろ教えて欲しいとお願いしました。

みどりは、入院中も退院してからもずっと一緒なので、何でも聞いて欲しいと言いました。

アンサングシンデレラの1話の感想

ついにドラマがスタートしました。

今回は感動的なストーリーでした。

自分の居場所がないので、わざと病状を悪化させて入院しているという話を聞いて、何とも言えない気持ちになりました。

頑張って欲しいと言うのは簡単ですが、本人は頑張っていない訳ではないので、何と声をかければよいのか難しいですね。


みどりは、患者に関わりすぎると言われていました。

仕事は遅くなってしまいますが、このような薬剤師の方が親近感が持てていいですね。


薬剤部は、厳しいことを言う人が多いです。

しかし、実はみんな思いやりのある素晴しいメンバーばかりですね。

少しひねくれているようです。

来週も楽しみですね。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!