ドラマ「MIU404」の4話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【MIU404】4話のあらすじ

MIU404の4話のあらすじは次のとおりです。


拳銃使用による殺人未遂事件が発生する。被害者は元ホステスの青池透子(美村里江)で、加害者男性も含め現場から立ち去った。

通報を受けた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、透子が駆け込んだ付近の薬局店へ急行する。店主の証言では、透子は店内で銃創の応急処置をした後、大金の入ったスーツケースを持って姿を消したという。

透子が過去に裏カジノ事件に関与していた事を知る桔梗(麻生久美子)の指示で、伊吹と志摩は透子の行方を追うが…
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【MIU404】4話のネタバレ

伊吹は、陣馬と志摩にゆづるの夫や子供のことを聞きました。

ゆづるの夫は、飲食店を経営していましたが、事故で亡くなりました。

ゆづるは、夫が亡くなった後に妊娠に気づき、子供を産んで1人で育ててきました。


拳銃による殺人未遂事件が発生したとの無線が入りました。

加害者・被害者ともに姿を消しました。


伊吹と志摩は、被害者が訪れた薬局に急行しました。

被害者の腹部を銃弾がかすめ、出血していました。

薬局にやって来て、応急処置をした後、大金の入ったスーツケースを持って出て行ったというのです。

店の防犯カメラで確認すると、スーツケースの中には現金が1億円ほど入っていました。

伊吹は、防犯カメラを睨み付けている透子に興味を持ちました。


被害者は元ホステスの青池透子だとわかりました。

透子は、2年前の裏カジノ事件で逮捕されていました。

捜査は、組対と所轄が引き継ぐことになり、機捜の任務は終了しました。


ゆづるは、裏カジノ事件の捜査を行いました。

当時ホステスだった透子は、客に連れられて裏カジノに行きました。

しかし、大負けして大きな借金を抱えてしまいました。

返済のために、裏カジノで働いていた時に、ガサ入れがあって逮捕されました。

透子には執行猶予が1年つき、昨年執行猶予期間が満了しました。

逮捕された経営者は単なる身代わりで、実際のオーナーは逮捕できなかったというのです。

オーナーはエトリと言われています。


伊吹と志摩は、ゆづるの指示で透子のことを調べることにしました。

透子の勤務先「PCショップACE」に行きました。

従業員に話を聞くと、暴力団風の男2人がやって来て透子を探していたというのです。

透子は、大金をスーツケースに詰めて出て行ったと言います。


ゆづるは、警視監の我孫子に捜査を続けることを話しました。

我孫子にも、今回の事件は関係があると言いました。

我孫子は裏カジノ事件の捜査を指揮していたのです。

ゆづるは、エトリを必ず捕まえる、その代わりにカジノの場所を聞き出すというのが情報提供者のハノムギとの約束でだったと言いました。

エトリを逮捕しない限り、ハノには自由はないというのです。


ハノは裏カジノの摘発に関して警察に協力しました。

その後、ハノに“裏切ったのはお前か?”“許さない”といったメールが届きました。

ゆづるは、怯えて隠れていたハノを保護しました。

その時、ハノは警察は必ずエトリを逮捕すると言ったのにだましたのかと言いました。

ゆづるは責任を感じて、自宅にハノをかくまっているのです。


我孫子は、捜査の進展を確認するためにゆづるを訪ねてきました。

透子が働いていた「PCショップACE」は、暴力団(住之江組)のフロント企業あるいは協力企業であることがわかりました。

東京さくら銀行の不正取引可能性会社一覧の中に、同社の名前がありました。

同社の口座を調べると、怪しい入出金が繰り返し行われていました。

資金洗浄に使っていたおそれがありました。

透子は、そのお金の一部を自分の口座に振り込んでいました。

つまり、暴力団のお金を横領していたのです。

その金を引き出して、スーツケースに詰めて持っていたのです。


伊吹と志摩は、「PCショップACE」を張り込んでいました。

社長がやって来て、電話での会話の中で透子という名前が出てきました。

社長は車に乗って出掛けました。

伊吹と志摩は後を付けることにしました。


透子が航空チケットを購入したという情報が入りました。

羽田から出国するつもりだというのです。


透子が羽田行きのリムジンバスに乗ったことがわかりました。

空港に着く前に確保したいので、手前の出口で高速を降りるようにバスの運転手に伝えることにしました。

実は、透子を撃った男も同じバスに乗っていました。


伊吹と志摩は、透子が乗ったバスに追いつきました。

ゆづるは、次の出口でバスは降りることと、バスに透子を撃った男も乗っていることを伝えました。

気づかれる前にその男を確保するように指示しました。


高速を降りてバスは停車しました。

伊吹がバスに乗り込みます。

銃を持った男を確保しました。

しかし、もう1人銃を持った男が乗っていました。

その男が伊吹に発砲しました。

銃弾は伊吹には当たりませんでした。

すぐに志摩が助けに入ってきます。

その男も取り押さえました。

男を連れてバスを降りると、志摩は銃を向けられました。

銃を向けた男は「PCショップACE」の社長でした。

志摩は、銃口を手で掴みます。

そして、今撃てば暴発してお互いにタダでは済まないというのです。

志摩は、銃口を自分の額に当て撃つように言います。

一瞬の隙を突いて、伊吹が社長を蹴り飛ばしました。


その後、陣馬と九重も駆け付けました。

犯人を連行しました。


伊吹は、先ほどの志摩のやり方に激怒します。

あのようなことをしても暴発などしないというのです。

志摩は、そのことを知っていて駆け引きしていたのです。


志摩が、バスに乗っている透子のところへ行くとぐったりしていました。

透子の脈がないというのです。

伊吹は、急いで透子をバスから降ろします。

九重に救急車を呼ぶように指示します。


結局、透子はそのまま亡くなりました。

死因は、銃で撃たれたことによる出血死で間違いないという判断でした。

追いかけていた男はすべて住之江組で、エトリとは無関係でした。

透子が持っていたスーツケースには1億円は入っていませんでした。


1億円の行方を探すことになりました。

薬局で確認されたのが最後です。

そのため、薬局からバスターミナルまでの4時間に誰かに渡したか、どこかに隠したかのどちらかということになります。


透子のツイッターが見つかりました。

ここに横領に関することがすべて書かれていました。

透子は、やっと就職できた会社がまさかの暴力団絡みの会社だったのです。

もう暴力団とは関係を持ちたくないと思っていた透子は大きなショックを受けました。

その後、お金の入出金の管理を任されました。

汚いお金を汚い自分が使ってもよいだろうという考えから横領を繰り返したのでした。


1億円は宝石の購入に当てられました。

そして、購入した宝石は透子が持っていたウサギのぬいぐるみの目の部分に埋め込まれたのです。

しかし、そのぬいぐるみがどこにあるのかがわかりませんでした。


透子のツイッターの最後のつぶやきは、“最後にひとつだけ”でした。

その前のツイートは“わたしが助ける”です。

そこから、みんなで誰を助けるのかを考えます。


ゆづるは、この言葉は“弱くてちっぽけな小さな女の子”にかかっていると言いました。

伊吹は、突然見たと言って、捜査資料を探します。


透子は、公益財団法人ガールズインターナショナルが行っていた“逃げられない少女たち”に1億円を寄付することにしたのです。

そして、そのウサギのぬいぐるみを梱包して、財団のイギリスの本部に送りました。

透子は、運送会社で何時の便に積まれるのかを確認し、フライトの時間まで逃げればよいと考えました。

その後、乗り込んだバスで最後のツイートを行ったのです。

最後のツイートを行った直後、窓の外に見えたのがウサギのぬいぐるみを積んだ空港行きのトラックだったのです。

【MIU404】4話の感想

透子は、自業自得な面もありますが、本当に可哀想だと思います。

裏カジノ事件で捕まってからは、まじめに生きていこうとしていました。

それなのに、やっと就職できた会社が暴力団絡みの会社だったのです。

そこで横領を繰り返し、暴力団に追われる身になってしまいました。

1億円を寄付したのは、最後に誰かの役に立つことをしたいという思いからではないでしょうか?

優しい性格の女性だと思うので、裏カジノに行かなければ違った人生を歩むことができただけに残念ですね。


同ドラマは、感動させられる話が多いですね。

本当に素晴しいドラマだと思います。

来週が楽しみですね。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!