ドラマ「未満警察」の4話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【未満警察】4話のあらすじ

未満警察の4話のあらすじは次のとおりです。


ある日の夜、寮の部屋では、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がスマホで恋愛映画を見ていた。エンドロールが流れ始め、感動の余韻にひたる一ノ瀬。一方、男子校出身で恋愛に疎い本間はラブストーリーの内容が理解できず、これには一ノ瀬も半ば呆れ気味に。

翌日、警察学校の教室では、教官の片野坂譲(伊勢谷友介)の座学が行われていた。「警察官たるもの己の限界を知ることも重要だ」と説く片野坂の言葉を真剣に聞く本間。そんな本間の横顔を、同期のさやか(竹内愛紗)がどこか思いつめたような表情で見つめていた。そんな中、午後からの体力トレーニングの授業中、今度は訓練についていけず大怪我をしそうになるさやか。同じく同期の田畑(小平大智)は、少し様子のおかしいさやかのことが気になり…。

その夜、自身のSNSアカウントに「死にたい」と投稿するさやか。すると、〝指友指助〟というハンドルネームのカウンセラーを名乗る男からリプライ(返信)があり、さやかはその男にDM(ダイレクトメール)を送る。

翌朝、さやかは寮から姿を消していた。同期の仲間たちが心配する中、本間はさやかから届いたメールを一ノ瀬に見せる。そこには助けを求めるS0Sのようなメッセージが書かれていた。その文面を見て、あることに気づいた一ノ瀬は、さやかに電話をするように指示。すぐさま本間はさやかに電話をかけるが、さやかがその電話をとった直後、彼女の目の前に指友指助(忍成修吾)が現れ…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【未満警察】4話のネタバレ

授業で、本間と一ノ瀬は己の限界を知ることが重要だと学びました。

自分のできることをやるように言われます。

仮に限界がきても、自分たちには組織・チーム・仲間がいるというのです。


同期のさやかは、本間の方をじっと見つめていました。

体力トレーニングの授業では、みんなについていけず、蘭子から厳しく指導されます。


さやかは、自身のSNSに「死にたい」と投稿します。

すると、〝指友指助〟というハンドルネームのカウンセラーを名乗る男から返信がありました。

指友指助は、さやかに話をしないかと言ってきました。

さやかは、会って話がしたいというDMを送りました。


本間のスマホに、さやかから次のようなメッセージが入っていました。

“すごく”

“きまぐれ”

“で”

“しにたい”

“たすけてください”

さやかは無断外泊していました。

グループチャットからは退出していました。


同期の田畑が、さやかのSNSを確認すると、さやかは「死にたい」以外にも次のような投稿をしていました。

「私は警察に向いていなかった」

「退学したい」


本間は、さやかからあのようなメッセージが届いていたので、さらに心配になりました。

一ノ瀬には、さやかからのメッセージについては話しませんでした。

本間は、一ノ瀬にさやかが心配なのでボランティアの後に連絡しようと言いました。


片野坂と蘭子は、本間と一ノ瀬が何かを企んでいるのではないかと考えました。

そこで、ボランティアは本間のみに行かせました。

一ノ瀬はここにいるように命じられました。


本間はボランティアに行く直前になって、一ノ瀬にさやかのメッセージを見せました。

一ノ瀬は、これは愛の告白だというのです。

メッセージを縦読みするように言います。

す き で し た

本間は、一ノ瀬にどうしてこれくらいのことがわからないのかと怒られてしまいます。

一ノ瀬に、すぐに電話をかけるように言われます。


その頃、さやかはカフェで指友指助と待ち合わせをしていました。

本間からの電話に出ませんでした。

もう1度電話をかけると、ようやくさやかが出ました。

本間は会って話をしたいと言いますが、さやかは何も答えませんでした。

指友指助が来たので、さやかは電話を切ってしまいました。

さやかとの電話から聞こえてきた店員の言葉から、さやかがいるカフェがわかりました。


柳田と結衣は、殺人現場に来ていました。

若い女性が死んでいました。

首にはロープの痕がついていましたが、これは自殺ではなく殺人でした。

その女性のスマホを調べると、その女性のSNSには指友指助から返信が来ていました。

柳田は、これは指友指助の犯行で、これで4件目だというのです。


本間は、さやかがいるカフェに行きました。

すると、さやかが男と話していました。

本間はしばらく様子を見ます。


しばらくすると、さやかと指友指助はカフェを出て行きました。

指友指助は、スマホをカフェに置いていきました。

本間はそのスマホを手に取ります。

すると、電話が掛ってきました。

相手は柳田でした。

実は、柳田は指友指助が使っているスマホの電話番号を調べて電話を掛けてきたのです。

柳田は、スマホの持ち主は殺人犯なので、本間に後を追うように命じました。

本間は、自転車でさやかと指友指助が乗った車を追います。


本間は、一ノ瀬にさやかが連れて来られた団地の写真を送りました。

同期もさやかのことを心配しています。

さやかが団地のどこにいるのかはわかりませんでした。

しかし、本間には考えがありました。

本間は先ほど置いていった指友指助のスマホを持っているので、指友指助の部屋の前に行けば、Wi-Fiが自動でつながるはずだというのです。


本間は、ついにWi-Fiがつながった部屋を見つけました。

応答がないので、ドアノブを回してみます。

ドアには鍵がかかっていませんでしたので、本間は中に入っていきます。


中には誰もいませんでした。

クローゼットの中を確認すると、首を吊った女性の写真などが大量に貼り付けられていました。

誰かが部屋に入ってきました。

本間は、クローゼットの中に隠れました。

クローゼットに人が近づいてきます。

本間が先手必勝で持っていた傘で襲いかかります。

本間は投げ飛ばされてしまいました。

よく見ると、片野坂と蘭子でした。

2人は、さやかのことを聞いてやって来たのだと言います。


さやかと指友指助は、車で移動していました。

さやかが知らない人と部屋で2人きりになるのは嫌だと言ったので、部屋には入らなかったのです。

指友指助は車を止めて、さやかのカウンセリングをはじめました。

死ぬまでにやりたいことを用紙に書くように言いました。


柳田は、指友指助が現在使っているスマホを特定することができました。

本間らに、今度こそ指友指助を捕まえられると言いました。

ひとまずこれでさやかは助けられそうです。


蘭子は、勝手な行動をした本間に今度こそクビだと言いました。

本間は、自分はクビになっても構わないのでさやかを助けて欲しいと頼みました。

片野坂の指示で、蘭子は本間を学校に連れて帰ります。


さやかは、指友指助に死ぬまでにやりたいことを書いた用紙を渡しました。

指友指助は、その中の1つをやってみようと言いました。


学校に戻った本間は、一ノ瀬らにさやかは大丈夫だと伝えました。

柳田らが助けてくれるというのです。

田畑はさやかのことが好きでした。

何かできることはないのかというのです。

学生の自分たちにはできることに限界があるという意見が出ました。

本間は、限界がきても自分たちができることをやればよいという授業を思い出しました。


本間は、犯人の家にスマホの箱が大量にあったことを思い出しました。

何か引っ掛かりました。

本間は、指友指助のアカウントを調べてあることに気づきました。

このままではさやかは助からないというのです。


その頃、柳田はスマホから特定した場所に行っていました。

男が女性を拉致していました。

その女性を確認すると、さやかではありませんでした。


さやかは、指友指助と自分が卒業した小学校に行っていました。

小学校は廃校が決まっているので、卒業生は自由に入ってもよいことになっていました。

さやかは、小学生の頃描いた絵で賞をもらいました。

どのような絵を描いたのかは覚えていませんでした。

校長室で、自分の絵を見つけました。

“わたしの夢”というタイトルの絵で、警察官になった自分が描かれていました。


さやかが死ぬまでにやりたいこととして挙げた1つが、“子供の頃に描いた絵を見たい”というものでした。

さやかは、この絵を見て自分は最初から死にたいとは思っていなかったと言いました。

特に深く考えずに、死にたいとつぶやいただけだというのです。


指友指助の表情が変わり、さやかにナイフを向けました。

さやかは生きたいと言いますが、指友指助はもうその気になってしまったのでダメだというのです。


片野坂は、柳田に指友指助は1人ではないと言いました。

犯行方法に大きな違いが見られたためです。

その時、片野坂に本間から電話が掛ってきました。

本間は、指友指助は全部で3人いると伝えました。

スマホの箱が大量にあることから複数犯の犯行を考え、指友指助のSNSを調べたところ、文面から3つの人格が読み取れるというのです。


片野坂は、さやかをどこで殺すつもりかと尋ねました。

本間は、クローゼットの中の用紙に死ぬまでにやりたいことが5つ書かれていて、星マークがついている場所で殺されていることに気がつきました。

そこで、田畑にさやかがやりたいと言っていたことを聞きました。

田畑は、さやかが持っていた葉書のことを思い出しました。

その葉書は、さやかの小学校が廃校になるというお知らせでした。


さやかは、指友指助に縛られて写真を撮られていました。

指友指助が犯行を行うのは、死にたいと言っている人間が許せないためでした。

どうして、そのような人間に限られた食料や燃料などを分け与えないといけないのかというのです。

指友指助は、そのような人間を全員殺したいと思っていたのです。

そして、さやかの首を締め始めます。

さやかは、必死に助けを求めます。


その時です。

本間がやって来ました。

指友指助は、本間にナイフで襲いかかってきました。

本間は、ホウキの柄で応戦します。

そして、得意の員剣道で見事に指友指助を倒しました。

さやかは、本間に抱き付いて泣き出してしまいました。


今回も、本間は不問に付されました。

それは、柳田が本間にあの時追うように命じたためでした。

本間は、職務を全うしただけと認められたのです。

蘭子は不快感を露わにし、柳田に2度と命令しないように言いました。


さやかは警察を辞めることにしました。

自分の限界を知って自分ができること、できないことに気づいたというのです。

自分は警察官には向いていないので諦めるしかないと言います。

今後は、人を助けたいと思うのでカウンセラーを目指すことにしました。


本間は、さやかの気持ちを改めて確認しようとしました。

さやかは、もう1度読み直すように言いました。

過去形だからというのです。

“す き で し た”

確かに過去形でした。

さやかは「行ってきます」とだけ言って旅立っていきました。


さやかは、学校の門を出ると泣いてしまいました。

その時、本間から次のようなメッセージが届きました。

“が”

“ん”

“ば”

“れ”

“よ”

さやかは、思わず縦読み下手すぎと突っ込んでしまいました。

【未満警察】4話の感想

今回は本間が活躍する回でした。

一ノ瀬の登場シーンがあまりありませんでした。

本間の観察力・推理力の素晴らしさがよくわかりました。

少し言いすぎかもしれませんが、教官に匹敵するほどなのではと思いました。

それに、記憶力が並外れています。

犯人の部屋に行った時のことを細かなところまではっきりと覚えています。

卒業後はかなり優秀な警察官になるでしょうね。


しかし、恋愛に関してはまったくダメです。

一ノ瀬に怒られっぱなしでした。

このギャップがいいですね。


来週はどのような事件が起こるのでしょうか?

今から楽しみですね。


SNSでは、次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!