ドラマ「半沢直樹2」の1話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【半沢直樹2】1話のあらすじ

半沢直樹2の1話のあらすじは次のとおりです。


東京中央銀行のバンカーとして活躍していた半沢直樹(堺雅人)。しかし、大和田常務(香川照之)の不正を暴き糾弾したことが原因となり、中野渡頭取(北大路欣也)から、子会社である東京セントラル証券へとまさかの出向を命じられてしまう。
こうして出向先の東京セントラル証券・営業企画部長となった半沢。扱う金融商品企画はどれも銀行時代とは比べものにならないほど小さなものだった…それに加えて、親会社の銀行からは不良案件を押し付けられる始末。さらに、銀行からの出向組に対するプロパー社員たちの不公平感は根強いものがあり、反骨心と確執が渦巻いていた。
一方、大和田は、敵対していたはずの中野渡頭取派に華麗に転身、保身のために組織を利用し新たな地位を築いていた。さらに、大和田の忠実な部下である証券営業部長・伊佐山泰二(市川猿之助)もまた、“半沢潰し”を目論んでいた。

そんなある日、東京セントラル証券に大型買収案件が舞い込む。プロパー社員・森山雅弘(賀来賢人)が担当する大手IT企業「電脳雑伎集団」が、瀬名洋介(尾上松也)率いるIT業界の雄「東京スパイラル」を買収したいと申し出て来たのだ。買収における株式取得にかかる費用はおよそ1500億円以上。東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。
「銀行を見返せ!」と大規模買収に沸き立つセントラル証券だったが、突如電脳雑伎集団からアドバイザー契約を一方的に断ち切られてしまう—。そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった——。
飛ばされた半沢は銀行に下剋上なるか!? 不屈のバンカー半沢の新たな戦いが今、始まる!
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【半沢直樹2】1話のネタバレ

東京中央銀行の証券営業部長・伊佐山泰二は、大和田の愛弟子です。

大和田が頭取になれば、自分は役員になることができたというのです。

それを半沢直樹が台無しにしてしまったと激怒します。

半沢は出向になりましたが、それでも絶対に許さないと言います。


半沢は、東京セントラル証券に出向となり、営業企画部部長を務めていました。

電脳雑伎集団は、IT業界では日本で3番目の企業でした。

社長・平山一正と副社長・平山美幸が東京セントラル証券の力を借りたいと言ってきました。

業界5位の「東京スパイラル」を買収したいというのです。

スパイラルが運営する検索サイトが欲しいと言います。


スパイラル株の過半数を取得するには、およそ1,500億円が必要でした。

美幸は話を勧めて欲しいと言います。

半沢が慎重に精査させて欲しいと返事しようとすると、次長・諸田祥一がその場で引き受けてしまいました。

この件の担当は、営業企画部調査役・森山雅弘です。


東京セントラル証券が扱う業務の規模は、東京中央銀行とは比べものにならないほど小さなものでした。

電脳雑伎集団が持ち込んできた買収は、未だかつてない大型買収案件でした。


早速、東京セントラル証券で今回の案件について話し合われました。

半沢は、今回の案件を引き受けるべかどうかを慎重に考えるべきだというのです。

スパイラルが買収に応じるわけがないので、敵対的買収となる可能性が高いと言います。


森山は、スパイラルは決して簡単な相手ではないというのです。

森山はスパイラルについて次のように説明しました。

スパイラルは、社長・瀬名洋介と清田正伸、加納一成の3人で立ち上げられた会社です。

瀬名が経営方針の違いで清田と加納と対立していました。

瀬名は検索技術に特化した経営方針を貫いていました。

清田と加納は、もっと幅広い分野に手を広げるべきであると考えていました。

最終的には、清田と加納が辞表を提出して会社を去っていきました。


東京セントラル証券の内部では、東京中央銀行の出向組とプロパー社員組が対立していました。

プロパー社員とは、新卒入社から在籍している生え抜き社員のことです。

出向組がプロパー社員組を見下していたのです。


出向組の1人である諸田は、プロパー社員の森山に自分たちは東京中央銀行でもっと大きな案件に関わってきたので、今回の案件もまったく問題ないというのです。

自分たちは経験があることを強く主張しました。

半沢は難しい案件だが、守ってばかりしても成長がないと考えて引き受ける方向で考えていました。


半沢は、東京セントラル証券社長・岡光秀と諸田の3人で東京中央銀行に行きました。

伊佐山から、いくつかの案件を渡されますが、とても収益にはならないようなものでした。

これは明らかに伊佐山の嫌がらせでした。


岡は、このようなひどい案件ばかり回ってくるようになったのは半沢のせいなのではと言い出します。

電脳雑伎集団の案件のことを知ると、すぐに引き受けるように命じました。

半沢は、もう少し調査したいと言いました。


この日は半沢の結婚記念日でした。

半沢が食事に行けないと連絡すると、花は苦労して予約したレストランだというのです。

花は、半沢の声を聞いただけで、大きな仕事が入ったことを見抜きました。

もうおじさんなので、若い時みたいに張り切らないように言いました。


電脳雑伎集団と契約することになりました。

契約締結日を迎えました。


岡は、電脳雑伎集団と成功報酬契約を結ぶというのです。

半沢は驚きました。

と言うのも、成功報酬契約は成功しないと報酬がまったく入ってこない契約のためです。

失敗すれば報酬はゼロで大変なことになってしまいます。

ただ、成功すれば報酬はその分多くなります。

岡は、半沢に成功させて東京中央銀行を見返せと言いました。


電脳雑伎集団の買収案件のメンバーに森山は入っていませんでした。

諸田は、森山には経験がないためだというのです。

半沢は、諸田が発表したメンバーを認めていませんでしたが、諸田が岡の許可を勝手に取ってしまっていました。


半沢は、融資部・渡真利忍と情報システム部の苅田光一の3人で小料理屋に来ていました。

女将・智美は、行員の愚痴を聞いているおかげで、東京中央銀行の内部事情に詳しくなったというのです。

近藤は現在シンガポールに長期の出張中だと言います。


大和田は、敵対していた中野渡頭取派に華麗に転身していました。

中野渡は、大和田に帝国航空の業績がこれ以上悪化すれば支援は慎重にならざるを得ないと言います。

最悪の場合、東京中央銀行は大打撃を受けるというのです。

大和田は、中野渡に受けた恩を一生忘れないと言います。

施されたら施し返す。恩返しです

大和田は、中野渡に頼まれれば何でもやるというのです。


大和田は、副頭取・三笠洋一郎に対抗心を持っていました。

大和田の右腕の伊佐山は、三笠が直属の上司でした。


あれから1週間が経ちました。

買収は思うように進んでいませんでした。

半沢は成功報酬契約でしたが、依頼主が不利益を受けないようにきちんと調査をするように命じました。

買収しても不利益が生じれば、東京セントラル証券の信用がガタ落ちするというのです。


さらに1週間が経ちました。

半沢らは、電脳雑伎集団の一正と美幸に会いに行きました。

電脳雑伎集団から、契約を一方的に断ち切られてしまいます。

契約から2週間経つが、何の連絡もなかったというのです。

半沢は、諸田が連絡すると言っていたので任せていましたが、諸田は電脳雑伎集団に連絡していなかったのです。


伊佐山は、岡に今期の目標も未達になりそうだと言いました。

岡は、大きな案件を扱う予定だったというのです。

伊佐山は、岡の足を引っぱる者(半沢)に責任を取らせるという提案をしました。


伊佐山は人事部に行きました。

そして、瀬戸内の小さな島にある人手不足の出張所に半沢を飛ばす準備を始めました。

渡真利は、そのことを半沢に伝えました。

半沢に、何としてもその大型案件を取り返すように言いました。


伊佐山は、自分が上に行くためにある人物の力を借りることにしました。

その人物とは、大和田ではなく、三笠でした。

伊佐山は、三笠にこのプランを実現するために力を貸して欲しいと頼みました。

三笠は大和田にこれを見せたのかと尋ねました。

伊佐山は見せていないと答えました。

すると、三笠は上司を裏切る時は徹底的に裏切らないといけないというのです。


半沢は、営業企画部・浜村瞳に電脳雑伎集団の案件の資料を持ってこさせました。

資料を確認すると、スパイラルのことが丁寧にまとめられていました。

瞳は、これは森山がメンバーを外される前にまとめたものだと言いました。

資料から、瀬名が明成学園の剣道部出身であることがわかりました。


森山は、電脳雑伎集団にもう1度考え直すように頼みに来ていました。

しかし、うまくいかず断られてしまいました。

別の会社に今回の案件を依頼していたことがわかりました。


森山を探しに来た半沢にそのことを伝えました。

帰ろうとする森山に、半沢は傘で襲いかかります。

森山は、持っていた傘でそれを受けます。

実は、森山も明成学園の剣道部出身でした。

2人は同時期に剣道部に所属していたのです。


半沢は、森山と飲みに行きました。

森山は、瀬名とは同じ中学の親友だったことを話しました。

瀬名の父親が事業に失敗してからは音信不通だと言います。


森山は、友達の会社でもきちんと仕事はするつもりだったいうのです。

半沢は、森山が練り直したという提案を見せてもらいました。

森山は、電脳雑伎集団が瀬名の経営方針を理解してくれれば、お互いが得をする買収が成立したと言います。


瀬名の父親は万年筆を作っていました。

森山は、瀬名が夜逃げする前に万年筆をもらいました。

瀬名は、父親のようによいものを作り上げることに非常に強いこだわりを持っていました。

半沢は、森山の提案書をダメ出ししましたが面白いと言いました。


半沢と森山は、再び電脳雑伎集団の一正と美幸に会いました。

半沢は、新しい提案書を提示しました。

しかし、一正と美幸は提案書すら見てくれませんでした。

半沢は二重契約はできないことになっていたと言います。

すると、美幸が「あれは向こうの方から・・・」と口を滑らせてしまいました。

半沢はその言葉に反応しました。


電脳雑伎集団が入っているビルで、半沢と森山は伊佐山と会いました。

伊佐山は、うれしそうに半沢らが大型案件を取り損ねたことについて話します。

半沢は責任を取らされて異動だというのです。


半沢は気になっていたことがありました。

それは、一正が自分たちが持っていた提案書にまったく興味を示さなかったことです。

本気で買収を考えていれば、普通は中身を見るはずだというのです。

ライバル会社からすでに魅力的な提案があったか、自分たちとの契約を検討すらできない事情があったのかもしれないと考えました。

半沢は、渡真利に東京中央銀行が近々1,500億の買収を行うという話はないかと尋ねました。

渡真利は、確か証券部が1,500億の融資を稟議にかけるという話があると答えました。

半沢は、大型案件を奪ったのはおそらく東京中央銀行だと言いました。


実は、8日前に次のようなことがありました。

伊佐山は、一正と美幸に東京セントラル証券の提案をはるかに凌ぐような好条件の提案を行いました。

一正と美幸は、その場で契約を決めました。


半沢は、東京セントラル証券の社員に今回のことをすべて話しました。

電脳雑伎集団は東京中央銀行から融資を受けており、頼まれれば断れないというのです。

では、東京中央銀行がどうして今回の案件のことを知ったかが問題となりました。

裏切り者はこの中にいるかもしれないという話になりました。

森山は、このままでは自分たちはバカみたいだというのです。

半沢は銀行の人間なので何もできないのかと尋ねました。


翌日、役員会が開かれ、電脳雑伎集団によるスパイラル買収計画が議題になりました。

大和田は、この件についてまったく聞いていませんでした。

伊佐山に、そのことを尋ねます。

すると、伊佐山は無視して買収計画の内容について説明しました。

三笠は、約束どおり援護射撃してくれました。

中野渡は、その案件を進めることを認めました。


渡真利から、役員会で電脳雑伎集団の案件が正式に認められたことを聞きました。

半沢は、東京セントラル証券全員のプライドのためにも、このままで済ませるつもりはないと言いました。


半沢は、渡真利から証券部が記者会見を行う予定であることを聞きました。

部下に、電脳雑伎集団とスパイラルの株価をモニタリングするように指示を出しました。

電脳雑伎集団が買収に向けて何か仕掛けてくるというのです。

しかし、特に株価に大きな変動は見られませんでした。


渡真利から電話があって、これから記者会見が行われるという情報を得ました。

電脳雑伎集団のHPで中継されるというのです。


会見で、一正がスパイラルの株式の30%(900億)を取得したことを発表しました。

半沢は、時間外取引かと叫びました。

これは、株式市場が開いていない時間に株式を売買することです。


瞳は、株を買うにも株を売る人が必要だと言いました。

どのようにして株を手に入れたのかが疑問でした。

森山は、おそらく清田と加納が売ったのだと言いました。

2人は、デクラークという会社を作りましたが、業績が悪化してお金に困っていたというのです。

2人が持っている株は約30%でした。


実は、これにも伊佐山と三笠が絡んでいたのです。

お金に困っている清田と加納に、900億円という破格の価格での買い取りを提案したのです。

2人は、この提案に飛びついてしまったのです。


森山は瀬名に連絡し、2人で会いました。

瀬名は、森山と再会できたことを喜びました。

しかし、その後森山が東京セントラル証券で働いていることを知ると、態度が180度変わってしまいました。

森山に、スパイラルを調べるために来たのかというのです。


森山は、半沢に瀬名には会わない方がよかったと言います。

その後、人のために役立つ仕事をしたくてもできないことに対する不満をぶちまけます。

半沢は、不満をぶちまけて終わりかというのです。

森山は、自分は何をすればよいのかと尋ねます。

半沢はそれを考えるのだと答えました。


瞳は、三木に半沢が明日みんなのパソコンを調べることを伝えました。

三木はその理由を尋ねました。

瞳は、スパイを見つけるためだと答えました。


諸田は、伊佐山と一緒にお酒を飲んでいました。

東京セントラル証券のことをゴミ溜めと言いました。

そこへ半沢がやって来ました。

半沢は、今日岡に呼ばれて、三木の東京中央銀行証券営業部への打診があったことを話しました。

諸田も東京中央銀行への異動を伊佐山に念押しに来たのではないかと言いました。

諸田は証拠はあるのかというのです。

その時、森山が三木を連れてやって来ました。


三木は、誰もいない会社に忍び込んで、諸田のパソコンを開けてあるメールを探していました。

そこへ半沢と森山がやって来ました。

三木は急いであるメールを削除しようとします。

森山がそれを阻止します。

半沢がメールを確認すると、諸田が伊佐山に電脳雑伎集団によるスパイラル買収について報告していたのです。


三木は、半沢に今回のことを話しました。

10日前に、諸田が伊佐山に電脳雑伎集団によるスパイラル買収について伝えました。

三木は、諸田にマズいと言いましたが、諸田は大丈夫だと言って話を進めました。

瞳から、半沢がパソコンを確認すると言われ、すぐに諸田にそのことを報告しました。

諸田は、三木に自分のパソコンから都合の悪いメールを削除するように言われました。


諸田は、銀行に戻りたかったと言います。

半沢の方が銀行に戻りたいのではないかというのです。

半沢は、大事なのはどこで働くのかではなくどう働くのかで、自分たちは顧客の人生そのものを預かっていることを話しました。

諸田が売ったのは情報ではなく、自分たちの信頼だと言います。

諸田に銀行員としてのプライドはないのかと尋ねました。


半沢は、伊佐山に今回のことを知らないとは言わせないと言いました。

伊佐山は、まったく知らないととぼけます。

半沢に、苅田から電話が掛ってきました。

苅田は、東京中央銀行のサーバーを調べてみましたが、電脳雑伎集団に関するメールの受信記録はありませんでした。

すでに削除されていたのです。


伊佐山は、半沢らが仕込んだ偽装メールなのではないかというのです。

半沢らのお粗末な対応を親会社として尻拭いしてあげたので、むしろ感謝して欲しいぐらいだと言いました。

半沢は、対応の遅れで契約を破棄されるのと銀行の横やりで破棄されるのとでは意味がまるで違うと返しました。

メインバンクの立場を使って、子会社の顧客を強引に奪い取ったのは、まるでヤクザの手口だというのです。

伊佐山は、どのように粋がっても半沢は東京セントラル証券から追い出されると言います。

半沢は「何かあれば人事、人事と先生に言いつける小学生のようだ。

証券営業部の部長がそんなことしか言えないとは情けない。

人事だろうと何だろうと好きにすればいい。

私はこのまま終わらせるつもりはありません。

この借りは必ず返します。

やられたらやり返す。

倍返しだ。


それが私のモットーなんでね」と言いました。

【半沢直樹2】1話の感想

ようやく続編が始まりました。

半沢は、いきなりの大ピンチを迎えました。

まさか電脳雑伎集団によるスパイラル買収の案件を親会社の東京中央銀行に奪われてしまうとはね。

半沢が怒るのも無理はありません。


市川猿之助さんの伊佐山の演技はすごいですね。

見ているだけ腹が立ってきます。

みんな演技がうまいので、どんどんストーリーに引き込まれていきますね。


半沢の倍返し宣言を聞けてうれしいです。

早く倍返ししているところを見たいですね。

来週も楽しみです。


SNSでは、次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!