ドラマ「私の家政夫ナギサさん(わたナギ)」の3話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【わたナギ】3話のあらすじ

わたナギの3話のあらすじは次のとおりです。


メイ(多部未華子)とナギサ(大森南朋)さんが一緒にいるところへ、予定より早くメイの母・美登里(草刈民代)がやって来た。
メイは、ナギサさんが家政夫で、美登里とは絶縁状態にある娘・唯(趣里)と同じ家事代行サービスで働いていること。
そして自分が母に似て、家事全般が苦手であることを告白する。
ところが、美登里は「メイは“やればできる子”」と、またも呪いの言葉をかけ、メイも母の期待に応えたいと決意を新たにする。
ナギサさんに「仕事と家事の両立を目指す!」と宣言したメイは、翌朝から仕事同様、家事に奮闘!
しかし、まったくうまくいかず、ストレスはたまる一方。己の掃除・料理への適応力のなさに絶望するしかなかった。
そんな中、メイはライバル会社のMR・田所(瀬戸康史)から食事に誘われる。肥後(宮尾俊太郎)への提言など、田所に恩があるメイは、少しずつ田所に心を開き始めるのだが…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【わたナギ】3話のネタバレ

メイは、片付けをしてもらうためにナギサさんを呼びました。

メイの母・美登里が来る前に、部屋をきれいにしてもらうつもりでした。

しかし、美登里は予定よりも早く来てしまったのです。

そのため、ナギサさんがまだ部屋にいました。


美登里は、ナギサさんが何者か尋ねてきました。

メイが交際している相手だと思っています。

ナギサさんは、仕方がないので自分は家政夫であることを告げました。

唯と同じ会社であることを話すと、美登里は唯への不満を言い出して、余計にややこしいことになってしまいました。


メイは、美登里を寝室に連れて行って2人で話すことにしました。

美登里は、メイに片付け・洗濯・料理ができるのかどうかを尋ねました。

メイは、美登里と同様家事全般ができないと答えました。

美登里は、どうして家政婦がおじさんなのかが疑問でした。

メイは、自分も最初そのように思ったが、ナギサさんは仕事が丁寧で早いと絶賛します。

美登里は、「メイはやればできる子」と言って、仕事と家事を両立するように言いました。


ナギサさんは美登里の食事も作りましたが、美登里は帰ってしまったので、メイと一緒に食べることになりました。

メイは、結婚を考える年齢になったので、いつかは家事を克服しないといけないと言いました。

ナギサさんは、そのように1人で全部を頑張らなくてもよいとういうのです。

メイは、とにかく家事を頑張ることにしたので、ナギサさんとは今日でお別れです。


翌朝、メイは仕事に行く前に掃除・洗濯を行いました。

仕事を終えて、自宅に戻ります。

洗濯物を取り込みましたが、この後アイロンを掛けて、お風呂を洗って、食事を作って、勉強もしたいと考えました。

これでは寝る時間がありません。

メイは、1日で嫌になりました。


メイは、薫に資料を借りることにしました。

薫は、それなら一緒に食事をしようと誘ってくれました。

薫の自宅はきれいに片付いていました。

おまけに、料理も完璧でした。


薫は田所のことを気に入っていて、メイに田所の連絡先を知らないのかと尋ねました。

メイは連絡先を知っていましたが、知らない振りをしました。

その後、メイはマッチングアプリに登録されている男性を見ていました。

ある男性に誤って「LIKE」のボタンを押してしまいました。

その相手というのが、肥後すこやかクリニックの肥後でした。

肥後は、明日に会いたいという連絡を送ってきました。


翌日、メイは肥後に呼ばれました。

肥後は、講演会の講師を引き受けてくれることになりました。

メイは大喜びします。

肥後は、マッチングアプリの件で、講演会の後食事に行こうと誘ってきました。

MRは接待禁止なので、肥後は懇親会という名目で行こうというのです。

結局は、メイは断ることができませんでした。


メイは、その帰りに田所に会いました。

肥後のことで落ち込んでいると、田所はメイのことを気に掛けてくれました。

田所は今日の夜は空いているかと尋ねてきました。

メイは、思わず「はい」と答えてしまいました。

田所と、この間飲んだ店で待ち合わせすることになりました。


メイは、田所と一緒に飲みました。

MRと医師がプライベートで会うことがNGであることについて、田所は真剣な気持ちで会うのなら構わないのではないかというのです。

話をしていると、そのうちはメイは眠ってしまいました。

仕事と慣れない家事で疲れが溜まっていたのです。


講演会の日がやって来ました。

準備は万端でしたが、肝心の肥後が交通遅延のために来ていませんでした。

このままでは講演会を中止にするしかありません。

メイは、車で肥後を迎えに行きました。

会場に行くまでは待ってもらえませんので、肥後に車の中で公演を行ってもらって、その様子を会場のモニターで流します。

途中まではうまく言っていましたが、電波が途切れてしまいました。


副支店長の松平が謝罪しようとした時、メイと肥後が会場に到着しました。

この後、公演が続けられ、無事に終わりました。


明日、美登里がストールを取りに来ることになりました。

メイの部屋はまたしても散らかっていました。

メイは、部屋を片付けようとしますが倒れてしまいました。


翌日、美登里が来て、倒れているメイを発見しました。

メイは熱があり、「おじさん」と言っていました。

それを聞いた美登里は、ナギサさんに電話をかけました。

美登里は体温計のある場所を聞きたかったのですが、ナギサさんは今から行くと言って電話を切りました。


メイは、病院で治療を受けました。

疲れと寝不足、ストレスによる過労が原因で倒れてしまったのです。

ナギサさんは、メイにどんなに頑張っても倒れてしまってはもともこもないと言いました。


その後は、メイは自宅に戻りました。

ナギサさんは、美登里にメイにやってあげて欲しいことを伝えました。

すると、美登里は自分は帰るので、後のことはナギサさんに任させるというのです。

今のメイに必要なのは、自分よりもナギサさんだと言います。

ナギサさんは、メイに必要なのは美登里だと返しました。

美登里にしかできない仕事というものがあるというのです。


ナギサさん指導の下、美登里は料理を作ります。

しかし、まったくうまくできませんでした。

美登里は作るのを止めようとします。

ナギサさんは、優しい言葉をかけます。

美登里は、何とか最後まで作りました。


美登里は、メイに雑炊を持っていきました。

メイが食べると、味がしませんでした。

しかし、メイは懐かしい味だ言って食べました。

美登里は、急にメイを抱きしめ、「お母さんはずっとメイのそばにいるからね」と言ってくれました。


美登里は、帰りにあの人がいれば安心だと言いました。

メイは、何のことかさっぱりわかりませんでした。

美登里は今は仕事を頑張って行い、家事はもう少し後でよいと言いました。


後日は、メイは正式にナギサさんに来てもらうことにしました。

基本は週3回、20~23時までの3時間の契約です。

メイは、今までナギサさんのことを“おじさん”と言っていましたが、唯の提案で“ナギサさん”と呼ぶことにしました。

ナギサさんが来てくれるようになって、メイは平穏な生活を送ることができるようになりました。


ある日、メイは仕事に行こうと部屋を出ました。

すると、田所と顔を合せてしまいました。

メイは完全に油断していました。

田所は、メイを見て驚きました。

メイは、しまったという表情をしました。

【わたナギ】3話の感想

メイは、美登里に言われて、仕事と家事の両方にチャレンジしました。

予想どおりダメでしたね。

遅くまで仕事をしていては、家事まではできません。

仕方がないと思います。


結局、ナギサさんに来てもらう契約をしました。

美登里はもう反対しなかったようです。

ナギサさんならよいということになったのではないでしょうか?


今後、おそらくメイは田所にナギサさんのことがバレないように必死に隠すのでしょうね。

恥ずかしいという気持ちが強いですからね。

来週は、どのようなストーリーになるのか楽しみです。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!