ドラマ「BG2 身辺警護人」の6話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

BG2 身辺警護人の6話のあらすじ

BG2 身辺警護人の6話のあらすじは次のとおりです。


 島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)のもとへ、商店街でカレー食堂を営む佐久間華絵(名取裕子)から“厄介な警護依頼”が舞い込んだ。この40年間、夫と二人三脚で店を切り盛りし、カレーを作り続けてきたという華絵。だが、懇意にしていた大家が亡くなった途端、相続した息子・玉井充(永沼伊久也)が立ち退きを要求! 裁判を起こされた上に、ガラの悪い連中に嫌がらせまで受け、追い詰められた夫は発作を起こして亡くなってしまったという…。充との交渉の場に立ち会い、夫が命を懸けて守ろうとした店とカレーを護ってほしい、と訴える華絵。だが、法律的には大家側に理があり、下手に介入すれば、章たちも法律違反に問われてしまう。この現状を鑑み、高梨は逡巡するが…。

 そんな中、立ち退きの断行日がやって来た。充は立ち退きのために強引な手段に出るが、華絵は諦めず、籠城を開始! 華絵の依頼で、章と高梨も立てこもりに付き合うが、店内を見渡した章はふと華絵の意図に違和感を覚え…!?

 時を同じくして、章のかかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)の脳裏には、章を付け回す謎の男(中村織央)と以前会ったときの記憶がよみがえる! 章の身を心配し、男の正体を調べようとする多佳子。一方、総裁特別補佐に就任した桑田宗司(小木茂光)の記者懇親会を警護していた菅沼まゆ(菜々緒)と沢口正太郎(間宮祥太朗)は、会場に紛れ込んでいる謎の男を発見し…! 男の正体と目的とは一体何なのか!? ますます謎が深まる中、やがて桑田や謎の男と裏でつながる「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)を“窮地”に追い込む事態が発生してしまう――。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG2 身辺警護人の6話のネタバレ

事務所に、女性から警護の依頼の電話がありました。

島崎章が話を聞くと、その女性はカレーが作れなくて困っているというのです。

章と高梨雅也は、とりあえずその女性と会うことにしました。


教えられた場所に行くと、そこはカレー店でした。

電話をしてきた女性が、退去命令と書かれた貼り紙を剥がしていました。


章らは店の中で話を聞きます。

その女性は佐久間華絵でした。

華絵の夫は殺されたというのです。


華絵は夫が死んだ経緯を話しました。

大家が亡くなって、息子・玉井充が相続した途端、立ち退きを要求してきたというのです。

その後、裁判を起こされ、さらに怖い連中が嫌がらせにやって来るようになりました。

そのことが原因で、夫は心筋梗塞を発症して亡くなってしまいました。


華絵は、明日までにこの店を出て行かなくてはならないと言います。

そして、章らに夫が命を懸けて守ろうとした店とカレーを護って欲しいと頼みます。


高梨は、帰りに章に華絵の店を守るのは法律的に難しいと言います。

下手をすれば、自分たちが窮地に追いやられるというのです。


整形外科医・笠松多佳子は、先日章を襲ってきた男が誰なのか気になっていました。

どこかで見た顔でした。

ついに、多佳子は思い出しました。

多佳子の夫(佐々木昭人)の葬儀の日に、その男を見かけたのでした。

その男は葬儀に来ていたのでした。


ある日の朝、多佳子が章の自宅にやって来ました。

多佳子は、章に思い出したことを話しました。

その男のことをもっと調べるというのです。

章は危険なので止めるように言いました。

多佳子は、元警察官の妻なので怖くないと言い張ります。


まゆと沢口は、総裁特別補佐に就任した桑田宗司の記者懇親会を警護することになりました。

今回は、桑田の自宅で記者懇親会が行われます。

桑田は、記者に接待して思い通りの記事を書かせようという魂胆のようです。


章が華絵の店に行くと、充と充が雇った弁護士が来ていました。

他にも、ハンマーなどを持った男がたくさんいました。

華絵は、店のシャッターを閉めました。

これはもう完全に籠城でした。


桑田の記者懇親会が行われます。

沢口とまゆは、あの時のボーイの男(章を襲ってきた男)が紛れ込んでいることに気づきました。

まゆは、「KICKS CORP.」の社長・劉光明にボーイの男が来ていることを伝えました。

劉に以前のように襲わせるのかと尋ねました。

劉は、今回はどうしてその男がそこいるのかは知らないと答えました。

その男の正体については何も教えてくれませんでした。


桑田は、記者の質問に答えていきます。

すべての質問に答え、記者懇親会を終わろうとした時、あの男が桑田に本当のことを言うように迫ってきました。

桑田は、個室で質問に答えると言って、その男と別の部屋に入っていきました。


章は、充と弁護士に話し合いの場を持って欲しいと頼みました。

マスコミもやって来ました。

マスコミは、いきなり店を奪われる華絵に同情的でした。


高梨は、華絵にこれ以上粘っても得策ではないと言いました。

章は、カレーやらっきょうが仕込まれていないことから、華絵はもう店を続ける意思がないのではないかと尋ねました。

この籠城は騒ぎを大きくすることが目的なのではと続けます。

華絵はそれを認めました。


その時です。

充と数人の男が裏口から入ってきました。

華絵は、必死に充を説得します。

充は、華絵がすぐに出て行かないのは立ち退き料を少しでもたくさん取るためだと言います。

そして、店のものを壊し始めます。

華絵は止めるように言います。

章と高梨は、暴れる男を取り押さえました。

華絵は、立ち退き料のことを知られたら夫の顔に泥を塗ることになるので、ここから出て行くと言いました。


華絵は、本当は立ち退き料を釣り上げようとしたわけではありませんでした。

純粋にここで店を続けたかっただけでした。


章は、何かも諦めている華絵に店は他の場所でもできると言いました。

華絵は、もう無理だというのです。

章は、先日華絵がカレーを護って欲しいと言っていたことを話しました。

カレーはどこでも作れると言いました。


華絵は、章と高梨のためにカレーを作ってくれました。

章は、任務中なのでカレーを食べることはできないと言います。

高梨は食べる気満々です。

章は決まりを変えたくないだけだというのです。

高梨は任務終了と言い、2人はカレーを食べました。

本当においしいカレーでした。

華絵はカレーを作ってみて、また頑張ろうという気持ちになったと言いいました。

そして、2人に「私の日常を護ってくれてありがとう」とお礼を述べました。


桑田の部屋から物音が聞こえました。

男が桑田に危害を加えたようです。

まゆと沢口が急いで部屋の中に入ります。

男が逃げていきます。

まゆが男を取り押さえます。

男は、劉に桑田を消すように言われたというのです。

まゆが動揺している隙に、その男はまゆを殴って逃走しました。


この後、警察の事情聴取が行われました。

まゆは、男が劉に頼まれたと言っていたことを話しました。


警察官が劉のもとへやって来ました。

劉は警察官の求めに応じません。

それどころか、警察官に暴力を振るって逃走しました。


章は、多佳子と会いました。

多佳子は、章に止められましたが、あの男のことを調べました。

あの男は、夫とは特別親しい仲ではありませんが、後輩だと言います。

つまり、あの男は警察官でした。

その男は、3年前の不祥事で警察を辞めていました。

章は、この件のことは忘れて欲しいと言いました。

多佳子は、その代わり命を粗末にしないことを約束して欲しいと頼みました。


その時、沢口から電話がかかってきました。

沢口は、桑田が襲われたことや劉が逃亡したことなどを話しました。


章は事務所に戻って、高梨と話をしました。

すると、章に劉から電話がかかってきました。

劉は、今回のことについて自分は何もやっていないと否定します。

自分はいろいろと知りすぎたというのです。

劉は、章にボディーガードを依頼してきたのです。

桑田は警視庁とつながっているので、何を言っても信じてもらえないと言います。

劉は、日本を脱出するというのです。


章は、どうして自分に頼むのかと尋ねます。

もしかしたら警察に通報するかもしれないというのです。

劉は、章はどのような依頼人でも護るボディーガードなのでそのようなことはしないと答えます。


高梨は、劉のボディーガードをすることに反対でした。

劉を護るのなら、自分はここを辞めると言いました。

章は何も言いませんでした。

高梨は事務所を出て行きました。


章は、劉との待ち合わせ場所に行きました。

そこには、警察が待ち伏せていました。

BG2 身辺警護人の6話の感想

話が一気に進みましたね。

桑田とボーイの男はグルなのではないでしょうか?

ボーイの男は、劉をハメるために、わざと劉に桑田を消すように指示されたと言ったのではないかと思いました。

これで気に食わない劉を追い込むことができますからね。


章が劉と会いに行くと、警察がたくさん待ち伏せしていました。

これはどういうことなのでしょうか?

劉を待っていたら、章がやった来たということなのでしょうか?


もう来週が最終回です。

少し早すぎますね。

章が劉のボディーガードを引き受けるのかなど気になることが多いです。

来週が楽しみです。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!