ドラマ「アンサング・シンデレラ」の2話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

アンサングシンデレラの2話のあらすじ

アンサングシンデレラの2話のあらすじは次のとおりです。


葵みどり(石原さとみ)はこの日も、入院患者が薬をしっかり飲んでいるか、相原くるみ(西野七瀬)とともに病棟を回る。販田聡子(真矢ミキ)に早く調剤室に戻ってくるよう釘を刺されたみどりは、患者と話す時間を少しでも多く作るため、いつもより早足で病室を巡っていくなかで、右腕の骨折で入院している大宮清(小林隆)の病室へと入ると、見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)と何やら言い争いをしている。2人の口論を止めた後、みどりは入院前に飲んでいた薬はないか大宮に聞くも、「知らないよそんなこと」と吐きすて、大宮はポーチを持ってトイレへと立ってしまう。困ったみどりは麻利絵に大宮の最近の体調を尋ねるが、麻利絵もわからない様子。みどりが麻利絵に大宮との関係を尋ねると、“父親”だと答えるが何か事情がありそう。

調剤室では、販田聡子(真矢ミキ)が走り込んで来て何やら慌てた様子。販田は、薬剤部一同に向かって、厚生労働省の麻薬取締官が医療麻薬の管理調査に来ると告げる。病院で扱っている医療用麻薬が適切に管理されているかの確認のためだ。刈谷は調剤室にある医療麻薬と帳簿と照らし合い、薬の数が帳簿と合っていることを確認。販田は他の保管状況を調べるため、工藤虹子(金澤美穂)たちを連れ出した。

そんな中、病室の外が騒がしくなる。みどりとくるみが病室の外に出ると、大宮が意識不明で倒れていた。みどりはくるみを調剤室へと帰し、麻利絵と一緒に救急センターの救急処置室に搬送される大宮に付き添う。救急処置室では医師と共に瀬野章吾(田中圭)がケアにあたるが、大宮の容態は重篤に陥る。

一方、麻薬管理室を調べていた販田たちは、薬剤の数が足りない事に気づく・・・。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

アンサングシンデレラの2話のネタバレ

販田聡子が慌てて調剤室に入ってきました。

今日の12時に、厚生労働省の麻薬取締官が来るというのです。

麻薬取締官は、病院の医療麻薬が適切に管理されているかを調査します。


葵みどりと相原くるみは病室を回ります。

右腕の骨折で入院している大宮清の病室に行くと、大宮と女性が口論していました。

みどりは、大宮に肝機能の数値が上がっていると言いました。

何か治療を受けたり、薬を飲んだりしていないかを尋ねました。

大宮は、知らないと答えました。

そのままポーチを持ってトイレに行ってしまいました。

大宮は、トイレでポーチに隠し持っていた薬を大量に飲みました。


みどりは、病室にいた女性に話しかけました。

その女性は篠原麻利絵という名前で、大宮の娘でした。


その時、大きな声が聞こえてきました。

声の方へ行くと、大宮がトイレで倒れて運ばれるところでした。

みどりは、落ちていたポーチを拾いました。

くるみには調剤室に戻るように言って、みどりは大宮に付いていきました。


大宮は、救急センターの救急処置室に運ばれました。

大宮の容態は重篤なものでした。

みどりは、麻利絵に大宮のことについて何でもよいので教えて欲しいと頼みました。

しかし、麻利絵は何も知りませんでした。

と言うのも、麻利絵が大宮に会ったのは20年ぶりでした。

麻利絵が小学生の時、大宮は事業に失敗して出て行ったというのです。

実は、麻利絵はもうすぐ結婚することになっていました。

結婚相手、その両親、亡くなった母親が大宮を結婚式に呼ぶように言ってくれていたので、麻利絵は大宮に結婚式に出てくれるように頼んでいました。

しかし、大宮はそれを頑なに拒否しました。

麻利絵は、大宮の自宅に行けば何かわかるかもしれないと言いました。


その頃、聡子は麻薬管理室で医療麻薬の数を調査していました。

調剤室の方は帳簿と数が合っていましたが、麻薬管理室の方は1本足りませんでした。

聡子が焦った表情で調剤室に戻ってきました。

フェンタニルが1本足りないというのです。

鎮痛作用はモルヒネの50倍です。


みどりは、聡子に外出許可を求めました。

しかし、聡子は今はそれどころではないので、すぐに調剤室に戻ってくるように言いました。

瀬野章吾は、許可は何とかするので、みどりに大宮の自宅に行くように指示しました。

みどりは、麻利絵と大宮の自宅に向かいます。


麻薬取締官が病院にやって来ました。

まだフェンタニルは見つかっていませんでした。

工藤虹子が金庫を開けた者がわかったと言ってやって来ました。

犯人は荒神寛治でした。

荒神は、病棟での急変対応のために払い出したと言います。

しかし、帳簿への記載を漏らしていたのです。

このままでは帳簿と数が合いません。

荒神は、フェンタニルが使われていない可能性があると言います。

聡子は、麻薬取締官の対応があるのでそれを確認できません。

そこで、くるみに頼むことにしました。


聡子は、時間稼ぎで必死でした。

荒神にマジックをさせます。


くるみは、フェンタニルが使われていないことを確認しました。

急いで保管されている金庫に取りに向かいます。


その頃、みどりと麻利絵は大宮の自宅で薬を探していました。

ゴミ箱から、袋に入った薬の破片を見つけました。

その破片だけでは何の薬かわかりませんでした。

みどりは、舐めて味で薬(ロペラミド1mg)を特定しました。

瀬野に報告しましたが、それを裏付けるものがなければダメだというのです。

みどりは、引き続き調べます。


みどりは大宮の診察券を見つけました。

電話をかけると、大宮が通院していることがわかりました。

ただ、個人情報なので、詳しいことは行って直接確認しないと教えてもらえません。

そこで、みどりはその病院に行くことにしました。

麻利絵には、大宮のところへ戻るように言いました。


聡子は、大ピンチを迎えていました。

さすがに、これ以上時間を引き延ばすことはできませんでした。

聡子は、麻薬取締官を保管庫に案内します。

麻薬取締官が帳簿と在庫数を確認していきます。

もうダメだと思った時に、くるみが聡子にフェンタニルを持ってきました。

荒神が突然マジックを行います。

その隙に、フェンタニルを箱に戻しました。

最終的には、帳簿と在庫数が一致して、麻薬取締官による調査は問題なく終了しました。


瀬野は、みどりから飲んでいた薬を聞いていたので、それに対処するための薬を用意していました。

しかし、みどりからはまだ裏付けが取れたという連絡は入っていませんでした。

このままでは大宮は手遅れになってしまいます。

瀬野は、どうすべきか迷っていました。

その時、瀬野にみどりから大宮はロペラミドを使っているという連絡がありました。

瀬野は、担当医にその旨を伝えました。

担当医は、瀬野が用意した薬を投与しました。

それにより、大宮の容態は安定しました。


薬剤部副部長・七尾拓は、みどりが聡子の許可なく病院を出たことを問題にしました。

瀬野は問題ないと言って、救急センターの担当医の印鑑が押された書類を見せました。

医師の許可があれば問題ないのです。

七尾は、このようなことをしていたらこの部署は立ち行かなくなると言いました。


聡子・みどり・くるみ・薬剤部主任の刈谷奈緒子は、「娘娘亭」に食事に行きました。

奈緒子は、今回のみどりの行動を問題視していました。

みどりは1日掛けてもたいしたお金を生み出していないと言います。

利益を上げていかないと、病院内に薬局は必要ないと判断されてしまいます。

そのようになれば、困るのは患者だというのです。

その後、奈緒子は帰ってしまいました。


その場にたまたまいた小野塚綾は、みどりらに話しかけてきました。

小野塚は、奈緒子が一番患者のことを考えていて感動したというのです。


奈緒子には気になっている患者とその母親がいました。

母親はシングルマザーでした。

患者は小さな男の子なのですが、粉薬を嫌がって飲んでくれませんでした。

母親はいろいろやってみますが、男の子は飲んでくれませんでした。


奈緒子は、母親が苦労をしているのを知っていたので、何か力になりたいと思いました。

そこで、服薬指導をみどりに担当させることにしました。

奈緒子は、みどりならうまく解決してくれると考えたのです。


みどりは、母親に薬を少量なめてもらい、薬の味を確認してもらいました。

最初は甘いのですが、その後少し嫌な味がします。

オレンジジュースに混ぜると、完全に苦くなってしまいました。

その薬は、酸性のものと混ぜると、コーティングしてある甘みを剥がれてしまうのです。

おすすめはチョコレートアイスでした。

チョコレートアイスに混ぜると、まったく味がしませんでした。


みどりは、このことを奈緒子に教えてもらっていたのです。

実は、奈緒子もシングルマザーで同じぐらいの子供がいました。

奈緒子も子供に薬を飲ませるのに苦労した過去があったのです。

その時行き着いたのが、チョコレートアイスに混ぜるという飲ませ方でした。

みどりは、母親は1人でよく頑張っていると言い、何か困ったことがあれば薬剤師に相談して欲しいというのです。

それを聞いた母親は泣き出してしまいました。

そして、みどりにお礼を言いました。


みどりとくるみは大宮の病室に行きました。

大宮は、左大腿部骨肉腫でした。

薬のことを話さなかったのは、麻利絵に病気のことを知られたくなかったためでした。

大宮は、家を出てからも麻利絵の母親と連絡を取っていました。

そのため、麻利絵とは直接顔を合せませんでしたが、いつも遠くから麻利絵のことを見守っていました。

麻利絵から結婚式に出て欲しいと言われた時は、本当にうれしかったというのです。

しかし、大宮は麻利絵に今まで何もしてこなかったのに病気のことで迷惑は掛けられないと言います。


麻利絵が病室に入ってきました。

大宮は、みどりに勝手なことをするなと声を荒げます。

麻利絵は、大宮が通院する病院で医師から病気について聞いていました。

みどりは、大宮がロペラミドを大量に摂取し、死にかけたことを話しました。

薬を適当に扱って命を危険にさらす患者を絶対に見過ごすことはできないというのです。


麻利絵は、大宮に無様な姿を見せたくないので逃げているだけだと言いました。

逃げないで、自分の結婚を見届けて欲しいというのです。


みどりは、大宮の今後の治療は大変であることを告げました。

そのため、2人できちんと向き合うように言いました。


みどりは調剤室に戻ってきて、さすがに患者に踏み込みすぎたと反省します。

奈緒子は、患者のためならよいのではないかと言います。

瀬野がやって来て、大宮がこの病院に転院したいと言っていることを伝えました。

医師は決まっていませんが、薬剤師はみどりを指名しているというのです。

アンサングシンデレラの2話の感想

今回は、父娘の感動的な話でした。

薬剤師がどこまで患者と関わるのかは難しいですね。

みどりのように、本当に親身になって患者のことを考えてあげるというのは理想だと思います。

奈緒子のように、淡々と業務をこなしていくというのが現実のような気がします。

ただ、みどりと奈緒子は相反する考えを持っていますが、お互いのことを理解しているよいコンビですね。


くるみは、聡子の大ピンチを救うのに大いに役立ちました。

もし、フェンタニルが足りないことがバレていたら、大変なことになっていました。

荒神が、麻薬取締官にマジックを披露するシーンは笑ってしまいました。

時間稼ぎとは言え、さすがにマジックはおかしいですよね。


来週はどのような話になるでしょうか?

楽しみです。


SNSでのコメントは次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!