ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」の8話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【ギルティ】8話のあらすじ

ギルティの8話のあらすじは次のとおりです。


爽(新川優愛)は、かすみ(戸田菜穂)にまで危害を加えようとした瑠衣(中村ゆりか)への怒りを新たにする。しかし、秋山(町田啓太)を気遣い、彼には黙っておくことに。
爽は、男性向け週刊誌編集部に異動になった。これまでファッション誌で働いていた爽にとっては、まったく未知の世界。爽は、同期入社の編集部員・守屋(桜田通)から仕事を教えてもらうことになる。しかし、守屋は皮肉ばかり言うイヤミな性格で、爽の苦手なタイプだった。
爽への憎しみをさらに深める瑠衣は、次の手として美和子(徳永えり)を利用しようと画策。美和子は、秋山の心が爽に傾いているのではないかと不安になっていた。瑠衣は、そんな美和子の気持ちを刺激するような、【ある画像】を見せる。

一方、若菜(筧美和子)は秋山に、瑠衣の所業をすべて話し「瑠衣がこのまま引き下がるとは思えない」と告げる。
そんな中、爽の会社に美和子が現れる。美和子は爽を見つけると「あの女が私から旦那を奪おうとしてるの!」と泣き叫ぶ。爽がなだめても、美和子は興奮するばかりで…。
一方、秋山は、瑠衣に呼び出されて会いに行くが…
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【ギルティ】8話のネタバレ

爽は、男性向け週刊誌「WADAI」の編集部に異動になりました。

そこには、同期の編集部員・守屋がいました。

守屋は嫌みな性格をしており、爽は苦手でしたが、守屋から仕事を教えてもらうことになりました。


寺嶋は、瑠衣にやることはやったので、今回の件からはもう手を引くと言いました。

瑠衣は勝手にすればよいというのです。

瑠衣は、まだまだ止めるつもりはありませんでした。


美和子は買い物をした帰りに、瑠衣と会いました。

瑠衣は、美和子はストーカーのように秋山を追いかけていたというのです。

美和子が秋山の店に面接に行ったのもそのためでした。

美和子が採用されたのは、秋山が美和子のことを不憫に思ったためだと言います。

秋山の優しさにつけ込んで美和子は結婚できましたが、もうそろそろその効果も限界なのではないかというのです。

美和子は、もう自分たちのことは放っておいて欲しいと頼みます。

瑠衣は、美和子の耳元で「美和子さんは最初から透明人間だし、脇役ですよ。私にとっても、荻野爽にとっても」と言います。


美和子は爽の会社にやって来ました。

ロビーで警備員に中に入るのを制止されていました。

爽を見つけると、「あの女です。私から旦那を奪おうとしているのは」と大声を出しました。

美和子は、爽が秋山とこそこそ会っているというのです。

爽は誤解させてしまったことを謝りました。

それでも叫び続ける美和子の頬を叩きました。

そこにいた守屋は、美和子を向こうに連れて行きました。


若菜が秋山の店にやって来ました。

瑠衣が爽の母親も狙っていたことなどを話しました。

そのことを知った秋山は爽に電話を掛けました。

秋山は、何も気づかなかった自分のことを恨むように言いました。

爽は、秋山を恨んだら、秋山を支えにしていた自分も否定することになるというのです。

美和子のことを大切にするように言いました。


秋山は瑠衣と会いました。

瑠衣に、爽にこれ以上何かしたら怒ると言ったはずだというのです。

ただ、自分がイタリアに行く2週間前に見せた瑠衣の涙は本物だったと言います。


7年前、瑠衣は秋山に今までずっと苦しめてごめんなさいと謝りました。

そして、涙ながらに1人でも幸せになると言ったのです。

秋山は、その言葉を聞いて安心してイタリアに行きました。

しかし、帰国してみると瑠衣は別人に変わっていました。

何があったのかを尋ねます。


13年前、瑠衣は母親の虐待に苦しんでいました。

心のよりどころは秋山だけでした。

しかし、秋山の前に爽が現われて状況が一変したというのです。

そこから、瑠衣にとっては秋山は兄から男になったと言います。


7年前、瑠衣は秋山がイタリアに行くと聞いてとても悲しかったというのです。

秋山は、もう爽とは別れたので会わないと言ってくれました。

瑠衣は、秋山が言うように1人で強くなることにしました。


瑠衣と秋山はホテルに入りました。

瑠衣は、着ていたものを脱ぎ始めました。

秋山は止めるように言いました。

瑠衣は、7年前にどうして約束を破ったのかというのです。

そして、ホテルに入っていく秋山と爽の写真を見せました。

秋山は、それが瑠衣が変わった原因かと尋ねました。

瑠衣はキスをしてくれたら話すというのです。

秋山は、自分への怒りは自分にだけぶつけるように言いました。

しかし、瑠衣は納得していませんでした。


爽は、秋山との思い出の場所で7年前のことを思い出していました。

秋山からイタリアへ行くことを伝えられました。

秋山は、爽の母親のことを尋ねました。

爽は、母親は入院していると答えました。

学生の頃の方が大変で、そのため秋山に別れ話をしたことを明かしました。

秋山は、あの時自分のことが嫌になったと言われましたが、本当は母親のことが関係していると思っていたと言います。

爽の嫌いよりも好きを信じていたというのです。


秋山は、まさかまた会えるとは思っていませんでした。

「俺に会いたかった?」という秋山に、爽は「会いたくなかった」と答えます。

秋山は「俺もだよ」と言います。

そして、2人をキスをしました。


その後、2人はホテルに行きました。

実は、この時爽は一真と婚約していましたが、秋山には隠していました。

秋山は爽にキスをしました。

爽の様子を見て、急に爽を抱きしめて謝りました。

結局、2人にはそれ以上のことは何も起こりませんでした。

この時ホテルに入るところを瑠衣に見られたのです。


1週間後、秋山から電話がありました。

秋山は、あの時はどうかしていたというのです。

自分も忘れるので爽にも忘れて欲しいと言います。

その後、秋山は絶対に幸せになると約束して欲しいと頼みました。

爽はそのことを約束しました。


秋山がやって来ました。

ここに来れば爽がいると思ったというのです。

秋山は、嫌な思いをさせたことを謝りました。

爽は、悪いのは瑠衣だと言います。

秋山は、自分が逃げたのが原因だというのです。


父親がガンになった時、秋山は父親とずっと瑠衣のそばにいるという約束をしました。

しかし、瑠衣は自分を見るたびに死ぬと言いました。

秋山は、これ以上瑠衣のそばにいたらダメだと思うようになりました。

秋山自身ももう限界でした。

それで、イタリア修行を口実に瑠衣から逃げたのだと言います。

秋山は爽に謝りました。

爽だけは傷つけたくなかったというのです。

この時、爽は秋山を守りたいと思っていました。


爽は、秋山に美和子と幸せになって欲しいと言いました。

秋山は、幸せになると返しました。


秋山は、美和子と話をしました。

美和子は、あの時どうして自分を雇ったのかを尋ねました。

秋山は、美和子の一生懸命仕事をしてきたことがわかる手を見て決めたというのです。

美和子は、泣き出しました。


秋山は話したいことがあると言います。

美和子は、その前に聞いて欲しい話があるというのです。

瑠衣から脅されていたことを明かしました。

美和子は、瑠衣との会話の音声を流しました。


会話の内容は次のとおりです。

美和子は、秋山に妊娠したと言いました。

しかし、これは秋山と結婚するための嘘でした。

結婚後、流産したことにするのです。

これは、すべて瑠衣が計画したことでした。


美和子は、秋山に謝りました。

瑠衣にこの計画を持ちかけられて実行してしまったというのです。

秋山は、妊娠したことが原因で美和子と結婚したのではありませんでした。

笑顔でいつも一生懸命な美和子を見て、美和子となら幸せになれるのではと思ったと言います。

秋山は、美和子と一緒に生きていくと決めたのに、ずっと忘れられない女性がいたことを明かしました。

美和子は、秋山に別れようと言いました。

自分のことをきちんと見てくれない人は願い下げだというのです。


美和子は、秋山のところから出て行く際、瑠衣に会いました。

「期待外れ」という瑠衣に、美和子は「可哀想な人」と言って去って行きました。

瑠衣は、「どいつもこいつも...役立たずが」と言いました。

そして、カッターナイフを取り出しました。

その時、一真が現われ、瑠衣に止めるように言います。


爽は、会社に戻ってきました。

守屋が会社に残っていましたが、爽は次のように言いました。

本当は心のどっかで思ってた。自分は奥さんよりも特別だって。何で私じゃないの

約束したのに。いい人見つけて幸せになるって。何で秋山じゃないとダメなんだろ

【ギルティ】8話の感想

今回は、いろいろなことがわかりました。

そのため、回想シーンの連発でした。


美和子が秋山と結婚するためについた嘘も明らかになりました。

まさか妊娠したと嘘を言っていたとは驚きですね。


瑠衣が爽のことを憎んでいるのは、13年前に爽が秋山を奪ったためでした。

さらに、秋山が爽ともう会わないと言っていたのに、爽とホテルに入っていくのを瑠衣が見てしまったことも大きいようです。

何も知らない爽を恨むのは可哀想ですね。

秋山も言っていましたが、責めるべきは秋山だと思います。


瑠衣はまだ何かしそうです。

来週は何が起こるのでしょうか?


SNSでは、次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!