ドラマ「MIU404」の5話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【MIU404】5話のあらすじ

MIU404の5話のあらすじは次のとおりです。


日本人店員が勤務するコンビニを狙った強盗事件が同時発生する。伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、現場周辺の店舗でコンビニ店員に扮して張り込みを行うが、なんと、その店舗も強盗に襲われてしまう。さらに付近の店舗も次々と強盗に襲われるが、マークしていた捜査員によって一斉に確保される。犯人は外国人で、その大半が低賃金で労働する元技能実習生だった。

伊吹と志摩も同様に犯人を捕まえるが、二人に仕事を教えた留学生のマイ(フォンチー)が勤務する別店舗では、犯人を取り逃がしていた。その一件が発端で、マイに共犯の容疑がかかってしまう。伊吹と志摩は、マイの関係者から話を聞くために彼女が通う日本語学校の事務員・水森(渡辺大知)を訪ねるが…

そんな中、伊吹は恩師であり元刑事の蒲郡(小日向文世)に会いに行く。今は外国人支援センターで働く蒲郡から外国人労働者の実態を知った伊吹は、思わぬところから事件の真相に迫ることになるのだが…
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【MIU404】5話のネタバレ

日本人店員が勤務するコンビニを狙った強盗事件が起こっていました。

そこで、伊吹と志摩は現場周辺の店舗でコンビニ店員として張り込みを行っていました。


その時です。

別のコンビニに強盗が入ったという無線が入りました。

その時、伊吹と志摩がいるコンビニにも強盗がやって来ました。

伊吹と志摩は、陣馬と九重の協力もあって、外国人の犯人を2人逮捕しました。

志摩は、ネット上で誘い合って一斉にコンビニに強盗に入っているというのです。

ベトナム人留学生のマイが働いている店も強盗に入られました。


今回の逮捕者は19人でした。

8割がベトナム人です。

ほとんどが元技能実習生で実習先の企業から逃げていました。


犯人のうち1人だけが逮捕できませんでした。

その1人が入ったのがマイの店でした。

マイは、犯人に翌朝銀行に持っていく200万円を渡しました。

犯人にお金を渡した時、マイは犯人と何かを話していたというのです。


伊吹と志摩は、マイに話を聞きました。

マイは、犯人にバックヤードからお金を持ってくるように言われたというのです。

志摩は、ベトナム語で何を話したのかを尋ねました。

マイは、「お金を取ること悪いこと」と答えました。


ゆづるから、マイを釈放するように指示がありました。

マイが共犯なら犯人と接触する可能性があるというのです。

また、マイは伊吹と仲がよいので何か話すかもしれません。


伊吹と志摩は、マイが住んでいるアパートまで送って行きました。

マイは、ナムというベトナム人と話をしました。

ナムも同じアパートに住んでいました。


伊吹と志摩は、日野春日本語学院に行きました。

マイとナムが通っている学校です。

志摩は、マイとナムはお金に困っていたのかを尋ねました。

事務員の水森は、ほとんどの留学生はお金に困っていると答えました。

留学とは名ばかりで、みんな出稼ぎに来ているというのです。

ナムは、事件が起こった日時は弁当工場で働いていました。


伊吹と志摩は、マイを張り込みます。

マイは、コンビニの他に2つ(飲食店・運送会社)もバイトを掛け持っていました。

運送会社には、技能実習生が働いており、マイは実習生と楽しそうに話していました。


伊吹は恩師の元刑事・蒲郡に会いに行きました。

蒲郡は、外国人支援センターで働いていました。


志摩がネット上で見つけた誘い合って強盗に行こうと呼びかけた投稿者がわかりました。

ベトナム語で投稿されていたので何と書かれているのかわかりません。

伊吹は、蒲郡に連絡します。

蒲郡は、知り合いのベトナム人に翻訳してもらいました。

“理不尽には理不尽で返せ。俺たちには金を奪う権利がある”

その後は単語がおかしいので、これを書いたのは日本人だというのです。


水森は、自分で起こした人材サービスが倒産して負債を抱えていたことがわかりました。

その後、監理団体の職員になっています。

日本語学校で働いているのは、その監理団体が業務停止命令で潰れたためでした。

監理団体とは、技能実習生を受け入れて管理するところです。


マイは、働いていたコンビニをクビになりました。

強盗と関係があるかもしれないというのが理由でした。

マイは怒って、伊吹に電話を掛けてきました。

伊吹と志摩は、マイのいる飲食店にやって来ました。

伊吹と志摩に水割りが運ばれてきました。

志摩は、何かを思い出し、気分が悪くなってしまいました。

外で待っているので、伊吹に話を聞くように言いました。

マイは、日本は自分たちにひどいので日本が嫌いだというのです。


しばらくすると、伊吹が店から出てきました。

志摩は、マイが好きなのが水森なら、水森が犯人かもしれないというのです。

マイなら誰にも話さないと考えたのかもしれません。


志摩は、日野春日本語学院に行きました。

水森に、マイが逮捕されそうなことを伝えました。

水森は、どうしてマイが逮捕されそうなのかを尋ねました。


志摩は、水森に例のベトナム語での投稿は水森が行ったのではと尋ねました。

水森は、日本における外国人労働者の理不尽さなどについて話し始めました。

志摩は、このままではマイの共犯の容疑は晴れないと言いました。

そして、水森に任意同行を求めました。

しかし、水森はそれを拒否しました。


水森は、また犯行を行うようです。

ネット上で、コンビニ強盗に関する投稿を見つけました。

ベトナムでは、ラッキーナンバーは「9」です。

そのため、9日の3:33のような日時を選んで犯行が行われていました。

今回は3:00でした。

逆に、単独の「3」は不吉な数字でした。

今回はみんなに来るなと言っているのではないかというのです。


伊吹と志摩は、とりあえずマイが務めていたコンビニに行きました。

まだ5分前でしたが、すでに強盗が入っていました。

伊吹は、犯人を追いかけました。


犯人は被っていたマスクを外して、ナイフを振り回します。

犯人はやはり水森でした。

水森は「外国人はこの国に来るな」と叫びます。

水森を見かけたマイが水森の方へ近寄っていきます。

伊吹がそれを止めます。

今水森に近づけば、共犯と思われるためです。

水森が逮捕されて事件は解決しました。

水森の事件がきっかけで、4つの監理団体が業務停止命令を受けました。

【MIU404】5話の感想

今回は、外国人労働者の現実が描かれたようなストーリーになっていました。

犯人の水森は、確かに犯罪を犯しましたが、留学生を守りたいという気持ちが強かったようです。

最後の逮捕のシーンは、留学生を守るために、わざと派手に事件を起こして注目されるような形を取ったのでしょう。

結果として、留学生を食い物にしていた4つの監理団体が業務停止命令を受けることになりました。

ある意味、切ない事件でしたね。


メロンパン号になってから、派手なカーアクションがなくなってしまいました。

期待していただけに残念です。

車を大破させる必要はないので、1話のようなカーアクションをやって欲しいですね。


来週は、志摩の過去が明らかになるようです。

どのような過去なのか気になりますね。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!