ドラマ「未満警察」の5話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【未満警察】5話のあらすじ

未満警察の5話のあらすじは次のとおりです。


ある日の夜、覚せい剤の売人グループを逮捕するため、刑事の丸橋(高橋努)、根本(渋江譲二)らは閉店したクラブのVIPルームに足を踏み入れていた。だが、時すでに遅し。犯人たちはすでに逃走していて、室内はもぬけの殻。するとそこに、何も知らない本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がやってくる。

そのまま警察署に連行され事情を聞かれた2人は、自分たちは警察学校の学生で、外出届を提出してクラブに遊びに行っただけだと説明。無事身元の確認が取れた本間と一ノ瀬に、「こいつらを見てないか?」と売人グループの写真を見せる根本。その写真には、一ノ瀬の幼なじみ・望月凛花(蓮佛美沙子)が写っていた。凛花が覚せい剤の売買に関わっていると知りショックを受けた一ノ瀬は、本間と共に寮に戻る。

そんな中、警察学校を訪れた丸橋と根本。2人は教官の片野坂譲(伊勢谷友介)と助教の及川蘭子(吉瀬美智子)に、凛花と親しい一ノ瀬に潜入捜査をさせて売人グループのアジトを突き止めて欲しいと懇願する。

その頃、寮の部屋では、ひどく落ち込んだ様子の一ノ瀬がスマホで凛花の画像を見ていた。凛花は自身の初恋の相手でもあり、交通事故で亡くなった実兄の恋人だった人だと打ち明ける一ノ瀬。昔ヤンチャをしていた凛花は、警察官を目指していた一ノ瀬の兄と付き合い始めたことがきっかけで更生したという。

「なのに凛花、今になって何してんだよ」と嘆く一ノ瀬に、「…そしたら助けてあげたら?」と背中を押す本間。そして、蘭子がお目付役として側で監視することを条件に潜入捜査の許可が下り、一ノ瀬は本間と共に凛花に会いに行く。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【未満警察】5話のネタバレ

刑事の丸橋と根本らは、覚せい剤の売人グループを逮捕するためにクラブにガサ入れを行いました。

しかし、犯人に全員逃げられてしまいました。

本間と一ノ瀬がそのクラブで遊ぶためにやって来ました。

2人は事情を聞くために警察署に連行されました。


2人は、警察学校の学生であることが判明し、ひとまず疑いが晴れました。

丸橋と根本は、犯人の写真を見せました。

一ノ瀬は、そこに写っている女性は幼なじみ・望月凛花だと言いました。


丸橋と根本は、警察学校にやって来ました。

片野坂と蘭子が対応します。

丸橋と根本は、凛花と幼なじみの一ノ瀬に潜入捜査をさせて売人グループのアジトを突き止めて欲しいというのです。


一ノ瀬は、凛花の写真を見て考え事をしていました。

実は、凛花は一ノ瀬の初恋の人でした。

凛花は、昔はヤンチャでした。

しかし、警察官を目指す一ノ瀬の兄・太郎と交際したことで凛花は立ち直りました。

本間は、凛花を助けてあげればと言いました。

凛花を捕まえることで助けることになるというのです。

本間と一ノ瀬が捜査に協力することになりました。


一ノ瀬は、凛花に連絡して、本間を加えた3人で会うことになりました。

凛花は、アプリで売れた商品を運送する会社を作っていました。

本間と一ノ瀬は、凛花の会社で雇って欲しいと頼みました。

凛花はOKしてくれました。


2人は、すぐに仕事を行いました。

商品の入ったカバンを指示された場所に、キックボードで配達します。

中身については、客のものなので絶対に見ないように釘を刺されました。

途中で、2人はカバンの中を確認しましたが、特に問題はありませんでした。


2人は指示されたマンションの部屋に到着しました。

中に入るようにと書かれた貼り紙がありました。

2人は中に入りましたが、誰もいませんでした。


クローゼットから凛花が出てきました。

凛花は、2人をテストしたのです。

2人は合格だと言われました。

ここは凛花の部屋でした。


その時、凛花が苦しそうな顔をしました。

一ノ瀬は、妊娠したのかと冗談を言いました。

しかし、凛花は本当に妊娠していました。

一ノ瀬は、太郎の子供かと尋ねます。

凛花はそれを否定します。


凛花は、次は赤ちゃんとベッドなどを北海道に運んで欲しいというのです。

もちろん、赤ちゃんが生まれてからの話です。

凛花は、嫌なら会社には入れないというのです。


結局、一ノ瀬と本間は帰ってきてしまいました。

丸橋は、凛花からアジトを聞き出せなかった一ノ瀬に激怒しました。


本間は、一ノ瀬にあれは凛花からのSOSだったのではないかというのです。

凛花は身の危険を感じて、一ノ瀬を頼ってきたのかもしれません。

本間は、凛花のことを守ってあげるように言いました。


一ノ瀬は、学校を抜け出しました。

本間は、蘭子に一ノ瀬のことを聞かれると、落ち込んで寝ていると答えました。


一ノ瀬は、凛花の自宅に行きました。

凛花が覚せい剤の売買に関係していることを知っていると言いました。

そして、更生して欲しいと頼みました。

凛花は、会社は畳もうと思っていると言いました。

ただ、今持っている覚せい剤をすべて売ってからだというのです。


その時です。

インターホンが鳴りました。

凛花のことを狙っている男たちがやって来ました。

ベランダから男が入ってきました。

一ノ瀬は、4人の男を相手に戦います。


一ノ瀬と凛花は、やっとのことで部屋から逃げ出しました。

凛花の隠れ家に行きました。

凛花は、最後の取り引きを終えたら、そのお金で誰も知らないところへ行って子供を育てると言いました。

凛花の仲間がやって来て、覚せい剤の取り引き場所が変更になったことを伝えました。

凛花は取り引きをするというので、一ノ瀬も一緒に付いていくことにしました。


一ノ瀬は本間に連絡して、あることを頼みました。

本間は外出許可をもらいに行きました。

外出の理由は潜入捜査でした。


一ノ瀬・凛花・凛花の仲間の3人で取り引き場所へ行きました。

すると、またしても凛花を襲った男たちがやって来ました。

一緒に行った凛花の仲間が凛花を裏切ったのです。

凛花が急に会社を畳もうとしたことが原因でした。

そこへ根本がやって来ました。

根本もグルで、凛花をハメて会社を乗っ取ろうとしていたのでした。


根本は、一ノ瀬に拳銃を向けて発射しました。

銃弾は一ノ瀬には当たりませんでした。

その隙に、一ノ瀬は凛花を連れて逃げます。


2人は倉庫の中を逃げ回りました。

しかし、行き止まりでもう逃げられません。

一ノ瀬は、肩を拳銃で撃たれました。

凛花は、覚せい剤を奪われてしまいました。

2人は絶体絶命の大ピンチでした。


そこへ本間が登場しました。

本間と一ノ瀬で犯人らと戦いました。

しばらくすると、蘭子と丸橋がたくさんの警察官を連れてやって来ました。

犯人は全員観念し、逮捕されました。


一ノ瀬は、蘭子と丸岡に自分も逮捕できるのかと尋ねました。

丸岡は手錠を貸してくれました。


一ノ瀬は、手当を受けていた凛花のもとへ行きました。

望月凛花、覚醒剤所持の罪で逮捕する

そう言われた凛花は、一ノ瀬の方へ腕を差し出しました。

一ノ瀬は、凛花に手錠をはめました。

凛花は、この時一ノ瀬が太郎の夢を継いだことを知り、「偉いよ」と言いました。


連行される直前になって、凛花のことを慕っている妹分が手紙を持ってきました。

凛花の部屋のおもちゃに挟まっていたというのです。

その手紙には、太郎が必死に考えた子供の名前が書かれていました。

子供の名前は「花」です。


凛花はパトカーで連行されていきました。

一ノ瀬は涙がこみ上げてきます。

本間は、一ノ瀬に「2人を守った。そして救った。凛花さんもきっとそう思ってるよ」と言いました。

【未満警察】5話の感想

今回は、一ノ瀬が活躍する回でした。

凛花は、一ノ瀬の幼なじみで初恋の人でした。

一ノ瀬が凛花のために必死に戦いました。

最後の手錠をはめるシーンは感動的でした。

一ノ瀬は、このことで凛花を救おうとしたのでしょう。

凛花はきっとこのことを一生忘れないと思います。

もう犯罪は犯さないのではないでしょうか?


一ノ瀬は、凛花の子供が太郎の子供であることを知っているように思います。

凛花の様子を見てわかったのではないでしょうか?

一ノ瀬は、今は凛花のことを何とも思っていないのでしょうか?

凛花が連行されるシーンで、一ノ瀬がこれからは自分が2人を守ると言うのではないかと思いました。

しかし、一ノ瀬は言いませんでしたね。

凛花は太郎のことを忘れられないことを知って、あえて何も言わなかったのでしょうか?


SNSでは、次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!