ドラマ「半沢直樹2」の2話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【半沢直樹2】2話のあらすじ

半沢直樹2の2話のあらすじは次のとおりです。


東京中央銀行に大型買収案件を横取りされた半沢(堺雅人)は、部下の森山(賀来賢人)とともに銀行に逆襲を誓うが、依頼主である電脳雑伎集団・副社長の美幸(南野陽子)たちからは全く相手にされず追い返されてしまう。そこで、電脳の買収相手であるスパイラル社長の瀬名(尾上松也)に再度アプローチを試みるが…「銀行の子会社なんか信用できない」と拒絶され、八方塞がりに。

一方、半沢たちを裏切り銀行に戻った三木(角田晃広)だったが、希望していた営業ではなく、伊佐山(市川猿之助)や諸田(池田成志)から雑用ばかり言いつけられる不遇な毎日を過ごしていた。

瀬名は太洋証券の広重(山崎銀之丞)のアドバイスにより、新株発行でこの難局を乗り越えようとしていた。その新株の買取先・ホワイトナイト役に名乗りを上げたのは、なんと瀬名の憧れとも言うべきIT業界のカリスマ・フォックス社長の郷田(戸次重幸)であった。

しかし、そこには巨大銀行の新たな罠がしかけられていて…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【半沢直樹2】2話のネタバレ

半沢は、電脳雑伎集団に再度提案に行きました。

しかし、副社長の美幸はその提案をつっぱね、半沢は追い返されてしまいました。


諸田が、東京中央銀行に戻る日が来ました。

半沢は、東京セントラル証券の同僚に謝るのなら今のうちだと言いました。

諸田は、みんなには謝らないというのです。

それどころか、半沢に大人しくしておいた方がよいと言います。

半沢は、謝らないと後悔することになると言いましたが、「面白いじゃないですか」と鼻で笑って出て行きました。


森山は電話をかけますが、瀬名は出てくれませんでした。

半沢は、瀬名のスパイラルが心配という森山に諦めずに連絡をするように言いました。

森山は、自分は電脳雑伎集団の担当なのに、顧客の不利益になるようなことをしてもよいのかというのです。

半沢は、現在電脳雑伎集団とは取り引きはなく、向こうが一方的に自分たちとの関係を切り捨てたので気にする必要はないと返しました。


太洋証券の営業部長・広重多加夫は、瀬名に新株発行を提案してきました。

電脳雑伎集団は現在30%の株式を保有していますが、新株を発行することで、電脳雑伎集団の保有割合を下げることができます。

問題は、発行した株式を購入してくれる相手がいるかどうかです。

株式の購入には1000億円はかかります。

広重は、すでに目星を付けているというのです。


森山は、瀬名が会ってくれないので、手紙と買収防衛案を受付を通して渡しました。

新株発行については、法的に問題になることがあると記されていました。


森山は、瀬名と会って話ができました。

森山の誤解は解けました。

瀬名はスパイと疑ったことを謝りました。


森山は、半沢に瀬名と会ったことを話しました。

瀬名は、新株発行に関して話し合いの場を持つので、そこに半沢と森山も同席して欲しいというのです。

半沢は、同席することにしました。


翌日、半沢と森山は瀬名と会いました。

秘密保持契約を結んだ後、瀬名はスパイラルの新株を買い取ってくれるのがフォックスであることを告げました。

フォックスは、IT業界のカリスマ・郷田行成が社長を務める会社です。

郷田は瀬名の憧れの人だというのです。

そのため、瀬名はフォックスが株式を買い取ってくれることには大満足でした。


この後、瀬名と郷田の話し合いが行われました。

半沢・森山・広重も加わりました。

郷田は、フォックスとスパイラルの強みを生かした戦略について語りました。

それは素晴しいものでした。

うまくいけば、スパイラルの株価が跳ね上がり、今後電脳雑伎集団が株式を購入するのが困難になるかもしれないというのです。


帰りに、半沢は森山に気になることが2つあると言いました。

1つは東京中央銀行です。

絶対に成功させなければならない伊佐山が、何もしてこないとは考えられないというのです。

もう1つはフォックスです。

最近株価が低迷しているフォックスに、1000億円という資金が容易に準備できるとは思えないというのです。

森山は、金融機関から借りるのではと言います。

実は、フォックスのメインバンクは東京中央銀行です。

普通は、フォックスがお金を借りられるはずはありません。


半沢は伊佐山に呼び出されました。

伊佐山は、東京セントラル証券がスパイラルに関わっているのではと疑っていました。

半沢は白を切ります。

三木がお茶を運んできました。

半沢は、雑用をさせるために三木を銀行に戻したのかと尋ねました。

三木は、客の懐に入り込む対人スキルはなかなかものだと褒めました。

営業をさせればそれなりの結果を出せるので、営業で使ってやって欲しいと頼みました。

伊佐山は人の心配をせずに、自分の心配をするように言いました。

そして、半沢に銀行の仕事を邪魔するなと忠告しました。


帰りに、半沢は大和田に会いました。

大和田は、半沢が出向のピンチに立たされていることを知っていました。

人事に口を利いてやってもよいというのです。

半沢は、自分の身は自分で守ると言って、大和田の申し出を断りました。

大和田は、「お・し・ま・い・DEATH(です)!」と首をかききるポーズをして言いました。


半沢は、渡真利と苅田に森山を紹介しました。

渡真利に、フォックスの融資に関する情報が欲しいと言いました。

渡真利は、明日の朝一で担当者に聞いてみると言ってくれました。

スパイラルの買収に関しては、もしかしたら伊佐山しか知らない可能性があるというのです。

証券営業部のセキュリティは鉄壁で、情報を入手するのは難しそうです。

森山は、コピー機に記録が残っているのではと言いました。

半沢は、やってみる価値はありそうだと返しました。


半沢は、森山を焼き肉に誘いました。

そこへ三木がやって来ました。

半沢が呼んだのでした。

三木は、半沢と森山に謝罪しました。

自分がとんでもないことをしたと反省していたためです。


半沢は、スパイラル買収計画の情報が欲しいと言いました。

森山がコピー機について尋ねると、コピー機の記録はすぐに消去される仕組みになっているというのです。

買収計画書は原本しか存在せず、原本は伊佐山のデスクの中だと言います。


半沢は、どうして伊佐山が東京セントラル証券がスパイラルに関わっていることを知っていたのかが疑問でした。

岡に確認しましたが、何のことかさっぱりわからないというのです。

嘘を言っているようには感じられなかったので、他の誰かが話したということになります。

もし、郷田が東京中央銀行から1000億円の融資を受けていたら、これはとんでもない計画かもしれないと言います。


翌朝、半沢は渡真利からの連絡を待っていました。

瞳も何か協力したいと言って、朝から電脳雑伎集団に行っていました。


スパイラルがフォックスと契約する時刻の少し前に、渡真利から連絡が入りました。

半沢が予想したとおりでした。

フォックスは、東京中央銀行から1000億円の融資を受けることが決まったというのです。

さらに、郷田は投資の失敗による巨額の損失を出したと言います。


約束の時刻となったので、広重は瀬名に契約書へサインするように促します。

サインしようとした時、瀬名に電話がかかってきました。

瀬名は、今から電話をすると言って、広重を部屋から出しました。

そして、半沢に電話をかけ直しました。


半沢は、身売り寸前のフォックスに融資してくれる銀行はないと言います。

もし郷田が他の銀行から融資を受けたと言えば、それは嘘だというのです。

東京中央銀行から融資を受けたことを隠さなければならない理由があるということになります。


瀬名は、今から郷田に連絡することにしました。

半沢にもその電話の内容を聞いてもらいます。

郷田は、融資を受けたのは白水銀行だと答えました。


電脳雑伎集団の動きを見張っていた瞳から、森山に写真が送られてきました。

半沢にその写真を見せると、半沢はすべてがつながったというのです。


三木は危険を顧みず、伊佐山のデスクから、スパイラル買収計画書の写真を撮ることに成功しました。

半沢にその写真を送りました。


半沢は、スパイラル買収計画書を見て、今回のからくりがわかりました。

新株を買い取るフォックスは、予想どおり東京中央銀行とつながっていたのです。

フォックスが新株を買い取った後、電脳雑伎集団がフォックスを吸収します。

そうなれば、フォックスが持っていた新株の分も電脳雑伎集団に渡ります。

これにより、電脳雑伎集団がスパイラル株の過半数を持つことになります。

半沢は、東京中央銀行が身売り寸前のフォックスに1000億円の融資をするのはこれが理由だと言いました。


広重は、その計画書は半沢らのでっち上げだと言います。

どこから入手したのかを言うように迫ります。

半沢は、迷惑がかかるのでそれは言えないというのです。

広重は、自分は電脳雑伎集団とは関係ない、平山社長にも会ったことがないと言います。

半沢は、瞳から送られてきた写真を見せます。

そこには、広重が電脳雑伎集団の平山夫妻と仲良くしているところが写っていました。


瀬名は広重にブチ切れます。

半沢は、広重に誰がこのシナリオを書いたのかを尋ねました。

広重が行ったことは犯罪行為でした。

半沢は、森山に警察を呼ぶように言いました。

広重は待って欲しいとお願いします。

半沢は、このシナリオを書いたのは誰なのかを話すように言います。

広重の口からは、伊佐山の名前が出ました。

半沢は、今回のことに関して詳しく話すように言いました。


広重は、電話で伊佐山に、半沢に契約の邪魔をされたことを話しました。

翌日、伊佐山は半沢と岡を呼び出し、東京セントラル証券が抱えている銀行の案件を引き上げ、今後二度と仕事を与えないというのです。

そして、半沢に詫びるように言いました。


半沢は、グループ全体の利益を損なったという伊佐山に、子会社である東京セントラル証券はグループ全体の利益に含まれていないのかというのです。

子会社の顧客を横取りしたことは、グループ全体の利益を損なったことにはならないのかと続けます。

伊佐山は、電脳雑伎集団が東京中央銀行を選んだのだと言います。

すると、半沢はこちらにも正統な理屈というものがあるというのです。

そして、「我々東京セントラル証券は、スパイラルと正式なアドバイザー契約を結びました。よって電脳の買収に対抗する弊社のアドバイスは正統な業務です。非難される筋合いは何一つない」と言いました。


伊佐山は、子会社が親会社と敵対するのはあり得ないと声を荒げました。

半沢は、中野渡頭取のスローガンは顧客第一主義であると言いました。

顧客がアドバイザーになって欲しいと頼んできた場合、それに答えるのは自分たちの使命のはずだというのです。

伊佐山は返す言葉がありません。

それまで黙っていた三笠は、「我々は容赦しません。徹底的にやりますよ。それは覚悟の上のことだろうね」と言いました。

半沢は「望むところです」と返しました。


銀行から帰ろうとすると、大和田から電話がかかってきました。

半沢と岡は、頭取の部屋に行きました。

実は、中野渡が半沢と岡を呼び出したのです。


半沢は、中野渡に今回のスパイラルの件は東京セントラル証券にとって非常に大きなチャンスなので、全身全霊をかけて臨むつもりだと言いました。

今回、天下の東京中央銀行が子会社の案件を無断で奪い取り、詐欺まがいのスキーム(計画)を立てました。

このことが許せない半沢は、「私どもは全身全霊をかけて、御行と電脳雑伎集団連合軍を叩きのめすつもりです」と宣言しました。

中野渡は、顧客第一が自分たちの使命だと言いました。

銀行も証券会社も、それぞれの顧客のためにベストを尽くしてくれればよいというのです。


フォックスがダメになって、瀬名は追い詰められていました。

半沢が今回瀬名に提案したのは逆買収でした。

【半沢直樹2】2話の感想

東京中央銀行と電脳雑伎集団は、スパイラルを買収するためなら手段を選びません。

フォックスを使っての買収計画はすごいですね。

本当に手が込んでいます。

半沢らはあやうくだまされるところでした。


一番ひどいのは、太洋証券の広重ではないでしょうか?

スパイラルを守る立場にありながら、守るどころか買収計画に加担しているのです。

これはあり得ないですね。


今回も半沢はすごいです。

伊佐山だけでなく、中野渡にまで堂々と自分の考えを主張しています。

そして、東京中央銀行を叩きのめすとまで言っています。

半沢は、中野渡のことをどのように思っているのでしょうか?

前作では、大和田を引きずりおろす手柄を立てたのに、出向させられてしまいました。

味方であるようなフリをしていて重要な局面で牙をむきそうで怖いですね。

ある意味、もっともたちが悪いですね。


次回は、金融庁検査局・黒崎とスパイラルの敏腕プログラマー・高坂が登場するようです。

来週も楽しみです。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!