『SUITS/スーツ2』『SUITS/スーツ』の全話を無料で観る方法!
FODプレミアム」の2週間無料お試し期間を利用すれば『SUITS/スーツ2』『SUITS/スーツ』の全話を無料で視聴できます!無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません!※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

他の春ドラマもチェック♪


スポンサーリンク

SUITS2のキャストなど作品情報

「SUITS/スーツ2」のキャストなど作品情報は、次のとおりです。

前作に引き続き、主人公・甲斐正午(かい・しょうご)を演じるのは織田裕二さん。甲斐は、日本の四大法律事務所の一つ「幸村・上杉法律事務所」のシニアパートナーとして1、2位を争う活躍をする敏腕弁護士です。甲斐は東大入学後に、ハーバード大学に留学した経歴を持つエリート中のエリートで、企業の買収や合併、企業間の戦略的提携など、主に“金になる”仕事を担当する事務所の稼ぎ頭。自他共に認める優秀な男で頭も切れる反面、非常に傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることも。織田さんが主演を務めた地上波連続ドラマのシリーズ化は、1987年のデビューから33年のキャリアの中でも今作が初。ドラマ、映画などでさまざまな役を演じ分け、唯一無二の存在感を放ち、第一線で活躍し続けている織田さんの初挑戦にぜひご注目ください。

甲斐との運命的な出会いをきっかけに、経歴を詐称してアソシエイト弁護士として甲斐と共に働くことになった、明晰な頭脳と驚異的な完全記憶能力を持つ天才青年・鈴木大輔を演じるのは、Hey! Say! JUMPの中島裕翔さん。中島さんが地上波の連続ドラマのシリーズ作品に続けて出演するのは織田さん同様、キャリア初のこと。シーズン1で高く評価されたナチュラルな演技力は今作も健在。誰にでも言いたいことを言う、青臭い正義感を持った鈴木大輔演じる中島さんにご期待ください。
(公式サイトより引用)

\今すぐ動画を無料視聴/

お試し期間なら、無料で視聴できますよ♫


キャスト
織田裕二 – 甲斐正午
中島裕翔 – 鈴木大貴/鈴木大輔
新木優子 – 聖澤真琴
中村アン – 玉井伽耶子
小手伸也 – 蟹江貢
吉田鋼太郎 – 上杉一志
鈴木保奈美 – 幸村チカ
田島令子 – 鈴木結衣



ドラマ「SUITS2/スーツ2」の3話のネタバレ・感想についてご紹介します。
スポンサーリンク

SUITS2の3話のあらすじ

SUITS2の3話のあらすじは次のとおりです。


甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)は、『幸村・上杉法律事務所』のトップの座を狙っている上杉(吉田鋼太郎)の動向を注視していた。上杉が、シニアパートナーの過半数の票を集めて代表権の交代を画策するものと考えたチカは、まず企業再生部門の瀬川修一(笹野高史)を味方につけるよう、甲斐に命じる。

一方、真琴(新木優子)と交際を始めたばかりの大輔(中島裕翔)は、彼女にすべてを打ち明けるべきかどうか悩んでいた。そんな折、チカからディナーに誘われた大輔は、幼いころのことなどをいろいろと尋ねられる。だが、チカが自分を呼び出した目的がわからず、困惑するばかりだった。

瀬川のもとを訪ねた甲斐は、チカに対して不満を抱く彼に、力になれることを証明したいと申し出る。そこで瀬川が提示したのは、建設中の商業ビル『大手町スカイビスタ』プロジェクトを潰せ、というものだった。
『大手町スカイビスタ』は今年の春に完成予定だったが、大幅に建設が遅れていた。原因は、プロジェクトを進めるマディソン建設のワンマン社長・芹沢(石丸幹二)のこだわりで、度重なる仕様変更にあったためだった。また、同社はメインバンクの東京ナショナル銀行への返済も迫られていたが、資金は完全に底をついている状態だ。しかし芹沢は、建設を断念すべきだという甲斐たちの提案を聞き入れず、追加融資をしない銀行の方がおかしい、と主張して最新の財務計画書を甲斐に手渡す。

同じころ、アソシエイトを統括する蟹江(小手伸也)は、経済誌に載った“アソシエイトが選ぶ働きやすい法律事務所”という記事で、『幸村・上杉法律事務所』がワースト2位だったことにより、東大ロースクールはインターンシップの廃止も検討しているということでチカに責められる。改善を命じられた蟹江は、東大ロースクールから抜き打ちで視察に来た真野麻子を出迎えるが……。
(公式HPより引用)

SUITS2の3話のネタバレ

チカは、上杉は代表権の交代を画策するのではないかと考えていました。

そうならないようにシニアパートナーの過半数の票を集めることにしました。

そこで、企業再生部門の瀬川修一を味方につけようとします。

しかし、瀬川は上杉と親しいのです。

チカは、甲斐に上杉よりも先に手を打つように指示しました。


甲斐は、早速瀬川に会って、チカの方について欲しいと頼みました。

すると、瀬川は建設中の商業ビル「大手町スカイビスタ」プロジェクトを潰すように言いました。

ただ、瀬川はプロジェクトを潰しても、そちらに付くかどうかの約束はできないというのです。


甲斐からの指示で、大輔は「大手町スカイビスタ」プロジェクトについて調べました。

プロジェクトを進めるマディソン建設は、メインバンクの東京ナショナル銀行への返済が迫っていましたが、資金は完全にショートしていました。

すぐに建設を中止しないと、どんどん損害が膨らんでいくというのです。

瀬川は、マディソン建設の社長・芹沢の味方なので、芹沢に中止を強く主張できませんでした。


甲斐と大輔は芹沢のところを訪れました。

大輔は、芹沢にすぐにプロジェクトを中止するように言いました。

53億円の返済期限が迫っているのにどうするのかというのです。

すると、芹沢は返済期限の延長と追加融資を打診していると返しました。

大輔は追加融資は難しいと言います。

芹沢は財務計画書を甲斐に渡して、追加融資をしない銀行の方がおかしいというのです。

次に来る時は建設続行の提案をするように言いました。


甲斐と大輔は事務所に戻って、財務計画書の内容を確認しました。

テナントは有名ブランドばかりで応募が殺到していました。

甲斐も悪くないという評価でした。

どうして融資を受けることができないのかが気になりました。

大輔は、融資担当者が最近変更になったのが気になるというのです。

現在の融資担当者は、吉永由紀子という者でした。


由紀子は、蟹江と共に大学で居合道をやっていました。

そこで、大輔は蟹江のところに行きました。

蟹江は、由紀子は自分が育てたというのです。

大輔は、融資の口利きをして欲しいと頼みました。


蟹江は、由紀子に「大手町スカイビスタ」の融資を認めて欲しいと頼みました。

しかし、由紀子からあっさり断られてしまいました。

蟹江は融資を断られたことを甲斐に伝えました。


甲斐は由紀子と会いました。

由紀子は、芹沢は経営者としての才能はゼロだというのです。

それが融資できない理由のようです。

そして、由紀子は自分たちの仕事を甘く見ないで欲しいと言いました。


甲斐は、瀬川に追加融資が受けられると状況は一変すると言いました。

瀬川は、芹沢が行っている他の事業が共倒れになることを心配していました。

起死回生のドラマが見たいわけではないというのです。

甲斐と瀬川の意見は大きく異なっていました。

最終的には、瀬川は芹沢を説得して欲しいと言いました。

瀬川は、票のことを持ち出して甲斐を脅しました。


大輔は、少し前から真琴と交際を始めていました。

2人が交際していることは、事務所では秘密にしておくという約束でしたが、玉井にバレてしまいました。

真琴は、大輔とは嘘のない関係でいたいというのです。

大輔は、真琴に自分が弁護士資格を持っていないことを話すべきかどうかを悩んでいました。


大輔は、建設中の「大手町スカイビスタ」周辺にある3つの大きなビルのメインバンクが東京ナショナル銀行であることを突き止めました。

トータル的に考えると、「大手町スカイビスタ」を建設させた方が確実にメリットがありました。

大輔は、甲斐に東京ナショナル銀行は何かを隠しているのではないかと言いました。

もしかしたら差し押さえになった後、ビルを買い取る相手が決まっているのではないかというのです。

そこで、このビルを買い取ろうとしているのが誰なのかを調べることにしました。


チカは、甲斐に瀬川に従うように言いました。

甲斐は、顧客が第一であると言います。

しかし、チカは今回は瀬川を優先させるようにというのです。


大輔は、ビルの買い手を探しましたが、そのような者はいませんでした。

甲斐と大輔は、由紀子に会いました。

甲斐は、由紀子に「大手町スカイビスタ」のプロジェクトが頓挫した後どうなるのかを尋ねました。

由紀子は、ビルは差し押さえられて、誰かに売られると答えました。

甲斐は、ビルの買い手は東京ナショナル銀行だというのです。

由紀子は、法的には問題はないと言います。

大輔は、「大手町スカイビスタ」周辺にあるビルは真実を知れば怒るのではないかというのです。

「大手町スカイビスタ」との相乗効果を狙っていたのに、来たのが銀行では何の得もありません。

周辺のビルからメインバンクを外されると損害は桁外れだと言います。


芹沢は、プロジェクトの中止と社長の辞任を発表しようとしていました。

そこへ甲斐と大輔がやって来て、追加融資が決まったことを伝えました。

これにより、プロジェクトの続行が決まりました。


チカは、甲斐にこれで瀬川の票は失ってしまったと言いました。

甲斐に裏切られたいうのです。

チカは瀬川に会うので、甲斐も一緒に来るように言いました。

瀬川は予想どおり、案件を横取りされたと怒っていました。

上杉にこの件は報告するというのです。

すると、甲斐は瀬川は東京ナショナル銀行と裏で手を組んであのビルを奪おうとしたことを話し出しました。

瀬川は、メガバンクに取り入った方が利益が大きいというのです。

チカは、瀬川にクビを言い渡しました。


案件が解決したので、大輔は真琴に真実を明かそうと思いました。

すると、玉井が大輔に声をかけます。

玉井は、甲斐はこれまで大輔のためにいろいろとやってきたと言います。

甲斐は、大輔の才能を高く評価しています。

しかし、それ以上に大輔の人生のことを心配しているのです。

それがわかっているので、玉井は「甲斐先生の気持ちを踏みにじらないで」と強い口調で言いました。


大輔は、真琴に別れを告げました。

真琴のことが嫌いになったわけではないと言いました。

しかし、同じ職場の女性との恋愛をうまくやっていく自信がないというのです。

真琴は、自分とでは釣り合わないとはっきり言って欲しいと言って去って行きました。


その後、甲斐は大輔にこれでよかったと言いました。

大輔はわかっているのですが、つらいというのです。

SUITS2の3話の感想

今回、瀬川から頼まれたのはプロジェクトを潰すことでした。

プロジェクトがうまくいくように頼むのならわかりますが、潰すというのは変だと思いました。

案の定、瀬川は裏で銀行と手を組んでいましたね。

これは顧客を裏切る行為で、完全にアウトです。

クビにされても文句は言えませんね。


大輔は、玉井に言われたことで真琴と別れることにしました。

嘘のない関係を望んでいる真琴のことをだますようなことはしたくなかったのでしょう。

本当に切ないですね。

今後、2人はどうなっていくのでしょうか?

いつかはうまくいって欲しいですね。


SNSでのコメントは次のとおりです。


動画無料視聴情報
FODプレミアム」ではこの記事でご紹介する動画が配信されています。2週間の無料お試し期間があるのでそれを利用してみてはいかがでしょうか?お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません。※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

『SUITS/スーツ2』のネタバレ一覧!
基本情報 1話 2話 3話

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!