ドラマ「竜の道」の1話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【竜の道】1話のあらすじ

竜の道の1話のあらすじは次のとおりです。


1997年、福岡。幼いころに実の両親に捨てられ、小さな運送会社を営む吉江夫妻の養子として引き取られた双子の竜一(少年時代:阪本光希)と竜二(少年時代:阪本颯希)は、夫妻の実の娘である5歳の妹・美佐(幼少期:宮地美然)と仲良く暮らしていた。しかし、全国への事業拡大を企むキリシマ急便の社長・霧島源平(遠藤憲一)の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた養父母は自殺。養父母が源平に追い詰められる姿を間近で見ていた竜一と竜二は、霧島への復讐(ふくしゅう)を誓い合う。

それから7年後の2004年。22歳の竜一は、たばこの不始末による火事で突然帰らぬ人となってしまう。ところが、その数カ月後、竜二(高橋一生)の前に現れたのは、顔も名前も違う竜一を名乗る男(玉木宏)だった……。
竜一は裏社会の人間として、竜二は国土交通省のエリート官僚として、霧島源平やキリシマ急便の周辺の情報を探っていく。成長した美佐(松本穂香)にも本当のことを告げず、復讐(ふくしゅう)計画を進めていく二人は、ついにキリシマ急便の不祥事のネタをつかむが……。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【竜の道】1話のネタバレ

1997年、福岡県北九州市。

竜一と竜二は、小さな運送会社を営む吉江夫妻の養子として育てられていました。

ある日、竜一と竜二が学校から帰ってくると、キリシマ急便の社長・霧島源平が自宅に来て、養父母に事業の協力を願い出ていました。

しかし、養父母は源平による悪質な乗っ取りに遭ってしまいました。

それにより、多額の借金を抱えた養父母は自殺しました。

竜一と竜二とは血のつながらない妹の美佐も、自宅で発見されました。

美佐は無事でした。


竜一と竜二は、警察に源平のせいで養父母が亡くなったことを必死に訴えました。

しかし、警察はまったく取り合ってくれませんでした。

この時、2人はいつか源平への復讐を果たすことを誓い合いました。


2012年、竜一はゴシップ系の出版社「日日タイムズ」の編集者でした。

一方の竜二は、国土交通省のエリート官僚でした。

2人は、養父母の復讐をする機会をうかがっていました。

それぞれの立場から、源平の動向を探ります。


竜一は、巨大ヤクザ組織の会長・曽根村始に納められるお金を守りました。

そのことで、曽根村に気に入られ、ヤクザにならないかと誘われます。

竜一は、ヤクザを使う側になりたいと言って、その申し出を断りました。

この時、竜一は斉藤一成と名乗りました。


竜二と美佐は、吉江夫妻のお墓参りに行きました。

美佐は現在大学生です。

学費を稼ぐために働いています。

美佐は、竜一と竜二の3人で撮った写真を持ってきていました。

その写真を見て、竜一が死んでからもう8年だと言いました。


8年前のことです。

竜二と美佐は出掛けましたが、竜一は1人で自宅に残りました。

その後、自宅が全焼しました。

竜二は警察を訪れ、竜一の遺体を確認しました。

遺体の損傷はひどく、竜一の顔はよくわかりませんでした。


2ヵ月後、竜二の前に竜一が現われました。

竜一は整形をして顔を変えていました。

竜二ですら、初めて会った時はわかりませんでした。


竜一は、竜二が国交省に入ったことを知って祝いの言葉を贈りました。

竜二は国交省に入って表から、自分は裏社会からキリシマ急便を潰すというのです。

竜二は、目の前にいる男がようやく竜一であるとわかりました。

竜一は、“竜一”は死んで今は“斉藤一成”だと言いました。


自宅が全焼した日のことです。

竜一は、ネットで自殺願望者を探し、その男と会いました。

その男は1人で自殺しました。

竜一は、死んだその男に灯油をかけ、自宅ごと燃やしました。

その男が斉藤一成だったのです。

このようにして、竜一は斉藤と入れ替わったのです。

その後、竜一は整形手術を受けて顔を変えました。


竜一は、竜二に源平は自分たちが双子であることを知っているので、これくらいしなければならないというのです。

源平は自分の欲のために、養父母の会社を潰したのです。

美佐のためにも、養父母のためにも、源平からすべてを奪って破滅させてやると言います。

竜二は、竜一のしたことは自分も一緒に背負うというのです。

こうして、2人は改めて復讐を誓い合いました。

美佐は、竜一が生きていることを知りません。


竜一は、キリシマ急便を見張っていました。

すると、運転手が過重労働で死んだことで、源平の秘書の大友由伸が血相を変えて顧問弁護士のところへ向かっていきました。


竜一は、竜二にこのことを伝えました。

実は、竜二は国交省でキリシマ急便を監督する立場でした。

キリシマ急便は以前に2度ペナルティを受けていました。

3度ペナルティを受ければ、キリシマ急便は事業許可を取り消されるのです。

竜二は、必ず自分が監査を行ってキリシマ急便を潰すと言いました。


竜二は、亡くなった運転手の妻に話を聞きに行きました。

過重労働が原因なのではないかと尋ねました。

妻ははじめは否定しましたが、過重労働を認めました。


竜二は、部長に遺族の裏が取れたので、キリシマ急便への特別監査をさせて欲しいと願い出ました。

竜一に監査が決まり、これでキリシマ急便は事業許可が取り消されることを伝えました。


竜一は、運転手の妻の盗聴を行っていました。

竜二が自宅を訪れた際に盗聴器を仕掛けておいたのです。

妻は、キリシマ急便に大切な話があると電話をした後、家を出てきました。

竜一は、妻と話をしました。

過重労働のことを黙っておく代わりに、キリシマ急便から高額な見舞金がもらえることになったのではないかと尋ねました。

妻は小さい子供がいるので仕方がないと答えました。

竜一は、ここでの会話を録音したことを伝えました。

そして、お金と労働問題に強い弁護士の名刺を渡し、キリシマ急便と闘うように言いました。


竜二は、キリシマ急便に監査に入りました。

霧島晃は、竜二に過重労働があったことを認めました。

晃は、源平の息子です。

自分が証言をするというのです。


竜二は、部長からキリシマ急便は30日間の事業停止であることを伝えられました。

軽すぎるのではないかと食ってかかりますが、部長はすでに決まったことだというのです。

おそらく源平が裏から手を回したのです。


竜一は、竜二の上司の部長を訪ねました。

監査の結果をもみ消す代わりに、賄賂をもらったのかというのです。


竜一は、源平が国交省の大臣と会っている写真を見せました。

遺族の証言もあると言って、妻との会話を聞かせました。

大臣が過重労働を隠蔽したとなれば大騒ぎになります。

大臣は、官僚のせいにして逃げ切ろうとすると言います。

つまり、監査の責任者である部長がトカゲの尻尾切りにあうというのです。


竜一は、部長を羽交い締めにして、キリシマ急便は大臣に賄賂を渡して過労死を隠蔽したと証言すれば、内部告発者で済むと言いました。

逮捕か、正義の内部告発者か、どちらにするのかと尋ねました。

竜一は、部長が証言したことを竜二に伝えました。

今度こそ、キリシマ急便は終わるというのです。


竜一は、曽根村の手下に捕まりました。

曽根村は、誰かとつながっているようです。

竜一から、源平と大臣が会っている写真とボイスレコーダーを取り上げました。

曽根村は、これは大臣に渡して恩を売っておくというのです。


曽根村は、竜一が斉藤一成ではないことを知っていました。

竜一は、養父母が自殺に追い込まれたのでキリシマ急便を潰すことを話しました。

曽根村は、竜一にはまだまだ力が足りないというのです。

竜一は、曽根村に力を貸して欲しいと頼みました。

しかし、5,000万円しか出せないという竜一に、曽根村は圧倒的な力・圧倒的なお金のどちらもないのなら恨みなど忘れるように言いました。


竜一は、編集長が悪事を働いて、お金を金庫一杯にため込んでいたことを知っていました。

曽根村から圧倒的な力と圧倒的なお金の話を聞いて、竜一は編集長のお金を奪うことに決めました。

そのため、竜一はニトログリセリンがなくて苦しむ編集長にニトログリセリンを与えずに殺してしまいました。

そして、竜一は大金を手に入れました。


あれから8年の月日が流れました。

ある男がブラジルから帰国しました。

その男の名前は和田猛と言います。

和田はUDコーポレーションの社長で、竜一でした。


UDコーポレーションは、企業に対するクレームサイトを運営していました。

企業へのクレームを消費者が書き込める掲示板を用意し、そこに集まったクレームをAI技術で分析し、課題とその解決策を企業ごとに提供するサービスです。

このサービスを「トッキー・ビーンズ」という会社に売り込みにいきました。

しかし、自社に危機管理を担当する部署があると言って断られてしまいました。


竜二は、国交省で室長に出世していました。

竜一と久しぶりに会います。

竜一がいない間に、キリシマ急便はさらに大きな会社に成長していました。

竜二は、晃とは監査以来付き合いがあるというのです。

姉のまゆみは、フードコーディネーターです。

竜一は、全員ぶっ潰すと言います。


まずは、キリシマ急便の得意先の「トッキー・ビーンズ」を落とすことにしました。

「トッキー・ビーンズ」で信頼を得れば、キリシマ急便に近づけるというのです。

竜一は、竜二にブラジルで知り合ったITのプロ・遠山凛子について話しました。

凛子には源平のことは何も話していませんが、UDコーポレーションはお金儲けのためのインチキ会社だと言ってあるというのです。

凛子は、お金のためなら情報操作でもハッキングでも何でもやると言います。


「トッキー・ビーンズ」のプレミアム豆腐に虫が混入していたと、SNSで拡散されていました。

さらに、「トッキー・ビーンズ」からハッキングにより顧客情報が盗まれました。

もちろん、これは凛子の仕業でした。


「トッキー・ビーンズ」の株価は大きく下がりました。

社長は、自社には非がないと言って、謝罪会見を行おうとはしませんでした。

部下の砂川は、社長に何とかするように言われました。


竜一は、曽根村の自宅を訪れました。

そこで源平を見かけました。

竜一は、源平に自分のことを話したのかと尋ねました。

曽根村は話していないと答えました。

竜一がどのように復讐するのかを楽しみにしているというのです。

曽根村は、数年前から源平は経済界に顔が利く自分のところに近寄ってきたと言います。


竜一がブラジルに行ったのは編集長を殺してしまったためでした。

今でも、夢を見てうなされることがありました。


竜二は、美佐を花火大会に誘いました。

竜一も花火大会に来ていました。

竜一は、子供の時竜二と美佐の3人で花火を見たことを思い出して泣いていました。

偶然横にいた美佐は、竜一にハンカチを差し出しました。

竜一は丁寧に断って、それを受け取りませんでした。

この時、お互いが兄妹であることに気がつきませんでした。


美佐は、竜二の元へ向かいました。

その時、美佐はカバンを落としてしまい、中の物が飛び出してしまいました。

美佐は、急いで拾って行ってしまいました。

竜一は、美佐が拾い忘れたノートを持って帰りました。

【竜の道】1話の感想

ようやくドラマがスタートしました。

キャストとストーリーを知ってかなり期待していたのでうれしいですね。


竜一がまさか整形をして顔を変えていたとは思いもしませんでした。

強い執念を感じますね。

養父母にはよくしてもらった恩があるのでしょう。

まるで実の両親が殺されたかのようです。


遠藤さんの悪役を久しぶりに見たような気がします。

最近は、どちらかというと優しそうな役が多いように感じます。

やはり悪役はぴったりです。


これから、竜一と竜二がどのような方法でキリシマ急便を潰そうとするのか気になりますね。

来週が楽しみです。


SNSでは、次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!