ドラマ「アンサング・シンデレラ」の3話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

アンサングシンデレラの3話のあらすじ

アンサングシンデレラの3話のあらすじは次のとおりです。


葵みどり(石原さとみ)は相原くるみ(西野七瀬)と救急センターの調剤室で仕事中。すると、処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝うよう呼ばれる。意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。

調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさに辟易するくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井ユキ)を販田聡子(真矢ミキ)が諫める。

みどりとくるみが、新田に服用している薬について聞くと、新田は大量の薬を出した。なかには日付の古い薬がある。また、くるみは半分に割られて処方された錠剤に気付くが、みどりが制した。みどりたちが新田の病室を出ると、ひとりの児童がいる。新田の教え子らしいが、声をかけると帰ってしまった。

錠剤を割る処方は、その薬剤で行ってはいけないもの。みどりから話を聞いた刈谷たちも憤る。みどりはドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、白けた対応に腹が立つだけ。それならばと、みどりは直接ドラッグストアに赴く。躊躇しながら店内に入り、薬剤師を探すみどりに声をかけた店員は『娘娘亭』で顔見知りの小野塚綾(成田凌)だった。小野塚が薬剤師だということを隠していた事、新田の薬について電話で応対していたのも小野塚であった事に憤るみどり。しかし、小野塚も病院薬剤師を嫌っている様子で…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

アンサングシンデレラの3話のネタバレ

みどりは、くるみに産休育休を取っていた先輩が戻ってくることを話しました。

その先輩が赤ちゃんを連れて病院にやって来ました。

聡子は、戻ってきてくれるものと思っていました。

しかし、その先輩はドラッグストアに行くになりました。

みんなは、ドラッグストアの方が給料がよくて楽なので、子育てするのなら仕方ないというのです。

その話を聞いたくるみは、自分もドラッグストアにしようかと言います。

聡子は、慌ててダメというのです。


小学校教師・新田奏佑が救急センターに搬送されてきました。

新田はすぐに帰ると言いますが、入院となりました。

みどりは、新田が現在飲んでいる薬を見せてもらいました。

新田はたくさんの薬を持っていました。

みどりは1つずつ確認していきました。

すると、半分に割られて処方された錠剤がありました。

その薬を処方したのは、ナカノドラッグというドラッグストアでした。


みどりは、新田の薬のことでナカノドラッグに連絡しました。

対応した薬剤師は、10mmの在庫がなかったので20mmを半分に割ったというのです。

みどりは信じられませんでした。

薬を半分に割ると、安定した効果が得られないのです。

その薬剤師は面倒くさそうに、10mmのものは入ったので、今後は大丈夫と言って電話を切りました。


みどりは、仕事が終わってからナカノドラッグに行きました。

すると、小野塚綾がいました。

実は、小野塚も薬剤師だったのです。

先ほど電話に出たのは小野塚でした。

みどりは、薬を半分に割るのはあり得ないと言いました。

小野塚は、わざわざ文句を言いに来るとは病院薬剤師は暇だというのです。


小野塚は、忙しいので一人ひとりの患者と向き合っていられないと言います。

みどりは、患者のために薬剤師になったのではないかというのです。

小野塚は、患者ととことん向き合うのが薬剤師の務めだと盛り上がるのはよいが、それを病院外でも振りかざさないで欲しいと言いました。


みどりは、新田は小野塚には任せられないと思いました。

そこで、新田に別の場所で薬を処方してもらってはどうかと勧めました。

しかし、新田は夜遅くまで開いているあのドラッグストアでないといけないというのです。

みどりは、処方箋の有効期間は4日以内なので、別の日に薬をもらいに行ってはどうかと言います。

週3回早く帰らせてもらって4時間の血液透析を受けているので、新田にはそのような時間はありませんでした。

みどりは、その後もいろいろと新田のためを思って言います。

しかし、新田は怒り出してもう放っておいて欲しいというのです。


みどりは、瀬野から患者が欲しいと思うことをするように言われました。

新田の薬をもう1度調べました。

フェロ・グラデュメットの副作用には嘔吐がありました。

実は、新田はゲロゲロ先生と言われていました。


その時です。

みどりに、新田がいなくなったという連絡が入りました。

病院中を探し回りましたが、新田はいませんでした。

みどりは、小野塚にこの間のことを謝った後、新田が行きそうな場所を教えて欲しいと尋ねました。

小野塚は自分には関係ないと言って、電話を切りました。


小野塚は、もしかしたら新田は学校の運動会に行ったのではないかと思いました。

学校に行くと、新田が倒れていました。

小野塚も救急センターに付いてきました。

処置を受けて、新田の容態は安定しました。


みどりは、新田にどうしてフェロ・グラデュメットを飲まなかったのかと尋ねました。

新田は、その薬を飲むと気分が悪くなるというのです。

くるみは、生徒から送られた寄せ書きのお礼に運動会で使う旗を作ったのかと尋ねました。

新田は、この寄せ書きは前の教え子にもらったものだと答えました。

この時は透析を受けていなかったので、生徒のために何でもできたと言いました。

しかし、今は透析に時間を取られてしまって、理想とはまったく異なっているというのです。


赴任当初はまだよかったのですが、透析での早退が続くと、他の先生からも白い目で見られるようになりました。

それが保護者まで広まって、新田のクラスは外れだと言われるようになりました。

大人の態度は生徒に伝わり、次第に生徒は自分の言うことを聞かなくなりました。

運動会の練習をしていた時に、ある生徒が新田に走る手本を見せて欲しいと言いました。

新田は、みんなの前で手本を見せようと走りました。

しかし、途中で倒れてしまいました。

新田は、自分は本当にダメな先生だというのです。


みどりとくるみは、新田を心配して病院に来た生徒を見つけました。

以前にも見かけた生徒です。

みどりが話しかけると、その生徒は自分が走れと言ったから先生が倒れたというのです。

泣きながら先生のことを心配していました。


新田が退院する日が来ました。

みどりは、薬の説明を行います。

新田が吐き気を催していたフェロ・グラデュメットは、医師と相談してフェロミアに変更されました。

これで吐き気が軽減されるかもしれないと言います。

みどりは、もっとも大切なのは薬をきちんと飲むことだというのです。

そこで、薬カレンダーを用意しました。

月曜日から日曜日まで、それぞれにあさ・ひる・ゆう・ねる前のポケットがあり、そこに薬が入れられるようになっています。

これを使えば飲み忘れを防止できます。

新田は、どうせポケットに薬を入れるのが面倒になって使わなくなると言います。

それに、自分は理想の教師にはなれないので、もう教師を辞めるというのです。


みどりは、月曜日のあさのポケットに柿沢しんごが書いたメッセージカードを入れました。

柿沢は、先日病院に来ていた生徒の名前です。

そこには、“病気に負けるな”と書かれていました。

新田は自分のことを心配している生徒がいると知って喜びました。

みどりは1人だけではないと言って、次々に生徒が書いたメッセージカードをポケットに入れていきました。

柿沢に提案したら、クラス全員が書いてくれたというのです。


くるみは、新田にタブレットを渡しました。

そこには、みどりがメッセージカードを書く生徒と一緒にいる動画が流れていました。

みどりがわざわざ学校にまで行ってくれたことに驚きます。

動画では、生徒が新田への励ましや感謝の気持ちなどを口にしていました。

新田は、それを見て微笑みます。


みどりは、生徒は新田が頑張っていることを知っていると言います。

病気と付き合いながら、別の形の理想の先生を目指せばよいのではないかというのです。

そのためにも、1日も欠かさず薬を飲んで欲しいと言いました。

薬カレンダーは、生徒のメッセージカードで埋まっていました。

みどりは、生徒が毎日後押ししてくれればできるはずだというのです。

新田は、これからはしっかり薬を飲んで、仕事をして、自分の力で周りを納得させていくと力強く宣言しました。

薬カレンダーは一生の宝物にすると言って、みどりとくるみに感謝の気持ちを述べました。


みどりは、小野塚に新田のことでお礼を言いました。

小野塚に、病院とドラッグストアとの連携を図るために勉強会へ参加して欲しいと頼みました。

しかし、小野塚はみどりの理想を押しつけないで欲しいと声を荒げます。

小野塚は、自分も理想に燃えた時期があったことを認めますが、ドラッグストアはやることが多く、現実は思った以上に厳しいというのです。

みどりは、ドラッグストアにも必死に理想を追求しづける志の高い薬剤師はたくさんいると言います。

要は本人のやる気次第だというのです。

みどりは、新田を見て、自分も理想の薬剤師になるために頑張らないといけないと改めて思いました。

小野塚に、新田のことをお願いして帰りました。

その後、みどりに言われたことを考えていました。


後日、新田が小野塚のいるドラッグストアに薬をもらいに来ました。

小野塚は、すぐにフェロミアに変更になっていることに気づきました。

新田に、何か困ったことがあれば言って欲しいと伝えました。

新田はお礼を言って帰って行きました。


みどりは、小野塚に会った際に新田のことを尋ねました。

小野塚は知らないと言いましたが、薬は毎日飲んでいるというのです。

みどりは患者のことをよく見ていると褒めます。

小野塚は救急認定薬剤師!?の勉強を始めていました。

アンサングシンデレラの3話の感想

小野塚も薬剤師だったとは驚きですね。

しかも、まったくやる気のない薬剤師でした。

昔は志が高かったようですが、今は全然でした。


今回みどりと会ったことで、小野塚は大きく変わりました。

やる気で溢れていました。

聡子は、瀬野に誰かよい薬剤師はいないかと声を掛けました。

瀬野は1人いると言っていましたが、それが小野塚かもしれないと思いました。

もしかしたら、みどりらと一緒に小野塚が働く可能性があるかもしれません。

今後どうなっていくのか楽しみです。


SNSでのコメントは次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!