ドラマ「MIU404」の6話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【MIU404】6話のあらすじ

MIU404の6話のあらすじは次のとおりです。


「志摩(星野源)は、相棒殺し」という噂話を聞いた伊吹(綾野剛)は、志摩から真相を聞き出そうとする。しかし、志摩は一向に話そうとしない。堪り兼ねた伊吹は、九重(岡田健史)から志摩のかつての相棒である香坂(村上虹郎)が不審な死を遂げていた事を聞き出す。

伊吹は九重を引き連れ、香坂の死の真相、そして、同日に起きた連続毒殺事件について調べ始めるが…
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【MIU404】6話のネタバレ

伊吹は、「志摩は相棒殺し」という噂を耳にしました。

志摩にそのことを聞いても答えてくれませんでした。


そこで、九重に話を聞きました。

志摩の捜査1課時代の相棒である香坂義孝は不審な死を遂げました。

香坂は、自分の住居のあった雑居ビルからの転落死でした。

遺体を発見したのは志摩でした。

香坂は履き物を片方しか履いておらず、もう一方は屋上に落ちていました。

近くでウイスキーのボトルが発見されました。

香坂はお酒が飲めませんでしたが、遺体からはアルコールが検出されました。


伊吹は、再度相棒殺しの件について尋ねました。

しかし、志摩はまたしても答えてくれませんでした。

伊吹は、仕方がないので、自分で調べることにしました。

とは言っても、伊吹は1人で調べることはできないので、九重に協力してもらいます。


志摩のことを「相棒殺し」と言っていた人物はわかるので、伊吹と九重はその人物に会いに行きました。

伊吹は、九重の父親は刑事局長だと言って、その人物から志摩のことを聞きました。

香坂が死んだ日は、南田弓子の逮捕日でした。

弓子は、同僚の男性2人を毒殺しました。(連続毒殺事件)

その日、志摩がすごい剣幕で香坂を連れて行くのを見たというのです。


他にも志摩が疑われた理由があると言います。

弓子を張っていた刑事から、弓子が逃げ出したという連絡が入りました。

捜査員は全員出動しました。

しかし、志摩と香坂は来なかったというのです。


110番通報が入ったのは次の朝でした。

志摩が、香坂の脈がないと通報してきました。

その時現場に駆け付けたのは、ゆづる陣馬でした。


伊吹と九重は、陣馬に話を聞きに行きました。

陣馬は、最初は話すことを拒否しましたが、最後には話してくれました。


その日現場に駆け付けると、志摩が香坂のそばにいました。

志摩は、香坂に何度連絡しても出てくれなかったので様子を見に来たというのです。

香坂からはお酒の臭いがしていました。

志摩は、スコットランドのウイスキー「グレングリアン」だというのです。


この状況からすれば、転落死の可能性が高かったので、非常階段で志摩と陣馬は屋上に上がりました。

屋上に上がると、履き物の片方とウイスキーのボトルがありました。

ウイスキーの銘柄は、志摩の言ったとおり「グレングリアン」でした。

陣馬は、志摩に屋上に上がったのかどうかを尋ねました。

志摩は、昨夜は来ていないと答えました。

しかし、以前には来たことがあると言いました。


志摩は、弓子が逃げ出した日のことを思い出しました。

香坂に「お前のしたことは許されることじゃない。だけど、そうさせたのは俺だ」と言いました。


志摩と香坂は、香坂が住んでいるビルの屋上にいました。

香坂は、事件が解決したら乾杯しようと約束したと言って、志摩の好きなウイスキーを用意しました。

自分はもう刑事でなくなったと落ち込みます。

志摩は、刑事でなくても人生は終わらないと言いました。


陣馬は酔い潰れて寝ていました。

伊吹と九重が話していると、陣馬は香坂の最後の手紙があったというのです。

2人は、ゆづるに香坂の最後の手紙について尋ねました。

ゆづるは、相棒は一時的なものなので、余計なことを調べる必要はないと答えました。

伊吹は、志摩と全力で走るのに必要だというのです。

その言葉で、ゆづるは協力してくれることになりました。


ゆづるは、香坂の転落死事件に関する報告書を見せてくれました。

この報告書は、志摩を4機捜に呼ぶ時に、上司に見せるために作成したものでした。

見つかった香坂の手紙は、遺書ではなく退職願でした。


志摩と香坂は、連続毒殺事件の捜査で、ある女性(以下、女性A)に話を聞きに行っていました。

殺された2人の男性のことを尋ねました。

女性Aは同僚なので、少しくらいの面識はあると答えました。

その後、女性Aは刑事が自宅に来るとはドラマのようだなどと言って笑いました。


香坂は、どうしても女性Aが犯行を行った証拠を見つけたいと思っていました。

休みの日も、女性Aの自宅を張りました。

ある日、女性Aが香坂に声を掛けてきました。

香坂はチャンスだと思い、女性Aの部屋に上がりました。

その際、女性Aから無理矢理キスをされて、何かを口移しされました。

香坂は、それを少し飲んでしまいました。

志摩にはそのことを言えませんでした。


そんなある日、香坂は上司にタリウムを入手した証拠を見つけたと報告しました。

その後、志摩は香坂を連れて行きました。

志摩は香坂に、犯人になりすましてタリウムを注文したのではないかと尋ねました。

すると、香坂は仮にそうだとして何の問題があるのかというのです。

志摩は、法律に基づいて捜査することの重要性について話します。

しかし、香坂は聞く耳を持たず、逃げられる前に逮捕しなければならないというのです。


その後、犯人が逮捕されました。

志摩は部屋からタリウムが見つかったことを伝えます。

香坂は、自分たちの手柄になるはずだったというのです。

志摩は、偽の証拠だと言います。

すると、香坂は結果は同じだと主張します。

志摩は、逮捕された犯人の顔写真を見せました。

犯人は、南田弓子でした。

香坂が疑っていた中山詩織(女性A)ではありませんでした。

詩織は、犯人が弓子と知って、引っかき回して楽しんでいたのです。

志摩は、香坂が出した毛髪と尿の検体は誰のものかを尋ねました。

(ドラマ内では明確に触れられていませんが、女性Aから口移しで飲まされたのがタリウムと判断して自分のものを提出したと思われます。

この時の検体からはタリウムは検出されませんでした。)

そして、どうしてこのようなことをしたのかというのです。


伊吹と九重は、香坂が死んだビルに来ていました。

捜査資料から、香坂は高所からではなく、低所からの落下死であることがわかりました。

陣馬もやって来て、手すりからも指紋が出たので、これは間違いなく事故だと言いました。

非常階段の2階の踊り場から転落したものと考えられました。

酔っていなければ助かったかもしれないと言います。


伊吹は、志摩に電話を掛けました。

志摩に、香坂は事故死だったと伝えました。

伊吹は一つわからないことがあると言いました。

志摩に、生きている香坂と最後に会ったのはいつかを尋ねました。

そして、その時何と声を掛けたのかというのです。

実は、志摩は香坂に何も声を掛けていなかったのです。

香坂が退職願を書いている時も、ビルでウイスキーを一緒に飲みたかったと言っていた時も、志摩はその場にはいなかったのです。

(ドラマでは志摩と香坂が話しているシーンがありましたが、志摩の妄想のようです。)

香坂から一緒に飲もうというメールも無視しました。

志摩は、何度も声を掛けるチャンスがあったにもかかわらず、声を掛けなかったのです。

そのことを悔やんでも悔やみきれませんでした。


志摩が香坂に掛けた最後の言葉は、「進退は自分で決めろ」でした。

志摩は責任を感じていましたので、香坂は事故死だとは思えませんでした。


伊吹は、屋上から見えたあるものに気づきました。

志摩に、すぐに香坂が死んだビルに来るように言いました。


伊吹は、志摩に香坂はあの日犯罪の瞬間を見たのだというのです。

志摩は、伊吹が何を言っているのかわかりませんでした。

それが本当なら証拠を見せるように言いました。

伊吹は向こうのビルを指さしました。

そこには、“2013年8月8日深夜2時頃 この部屋を見て110番してくれた人 探しています!!”というのぼりが掲げられていました。

その日は、香坂が死んだ日でした。


香坂は、110番通報していました。

その記録が残っていました。

香坂は、必死に犯行を見たビルに向かいました。

しかし、勢い余って非常階段から転落してしまったのです。


襲われた女性に話を聞きに行きました。

犯人に襲われてもうダメと思った時にサイレンの音が聞こえてきたというのです。

その女性は妊婦でした。

通報してくれた人がいなければ、自分もお腹の子供も命はなかったと感謝していました。


志摩は、香坂が亡くなった場所に行きました。

ずっと来られなかったことを謝りました。

そして、香坂の相棒が伊吹のような人間なら、刑事ではなくても生きてやり直せたのにと言いました。

【MIU404】6話の感想

志摩の相棒の香坂のことが明らかになりました。

志摩が相棒殺しというのはまったくのデタラメでしたね。

悪いのは香坂でした。

あの時、本当の犯人が捕まっていなかったら、別の人が犯人として逮捕されていた可能性があります。

証拠をねつ造するとはあり得ないですね。

志摩が怒るのも無理はありません。

ただ、志摩は責任感が強いので、香坂の異変に気づいてやれなかったことや声を掛けてやれなかったことを悔やんでいました。

まるで自分が香坂を殺したかのように自分を責めていました。


今回、伊吹が再捜査してくれたことで志摩は救われましたね。

香坂は犯行現場を目撃して110番通報し、女性の命を救っていました。

そのことがわかっただけでもよかったのではないでしょうか?

志摩の肩の荷が少しは軽くなったように感じました。

伊吹との関係も今回のことでより一層深まったのではないかと思いました。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!