ドラマ「未満警察」の6話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【未満警察】6話のあらすじ

未満警察の6話のあらすじは次のとおりです。


とある公園で、女性の遺体が発見される。監視カメラの映像には、犯人の男が女性をスコップで撲殺して土に埋め、その遺体の手だけを地上に出し、突き出た手の隣に墓石のようにスコップを刺して逃走する姿が映っていた。

憤りを隠せない刑事の柳田晋平(原田泰造)は、かつて現場の捜査官同士としてバディを組んでいた警察学校の教官・片野坂譲(伊勢谷友介)に監視カメラの映像を送る。そして電話で「お前の言う通りだった。真犯人は別にいる」と告げる柳田。

そんな中、教官室で映像を確認していた片野坂は、柳田との電話を切った後、近くにいた助教・及川蘭子(吉瀬美智子)の様子がおかしいことに気づき…。

その頃、警察学校の寮のロビーでは、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がテレビで“スコップ男”事件のニュースを見ていた。“スコップ男”と呼ばれる犯人は、9年前にも同様の手口で3人を殺害。

当時警察はその被害者の1人の夫・天満暁生(佐戸井けん太)を犯人として逮捕したが、再び同様の殺人事件が起きたことで、別に真犯人がいる可能性が浮上。事件に興味を持った本間は模擬捜査をしようと一ノ瀬に提案する。

そして、さっそく同期の仲間たちと共に、過去の事件を再捜査し授業で発表する模擬捜査を行うことに。

そんな折、警察学校の廊下で、コート姿の男・天満智也(柿澤勇人)から「及川蘭子、いる?」と尋ねられた本間と一ノ瀬。蘭子の居場所を伝えた本間は、その直後、智也が銃を隠し持っていることに気づく。急いであとを追い、教室内で智也が蘭子に銃を突きつけている姿を目撃した本間と一ノ瀬は、蘭子を助けようと教室に飛び込む。

するとそこに、智也の姉・天満直子(長谷川京子)がやってきて…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【未満警察】6話のネタバレ

とある公園に、柳田晋平と稲西結衣がパトカーでやって来ました。

立てられたスコップの近くの土から手が突き出ていました。

近くの監視カメラを確認すると、女性が犯人にスコップで撲殺されて埋められていました。


この映像を片野坂譲に送りました。

柳田は、電話で片野坂に「お前の言う通りだった。真犯人は別にいる」と言いました。

及川蘭子は、映像を見て固まっていました。

片野坂は、蘭子にどうしたのかと尋ねます。

蘭子は何でもないと答えました。


実は、9年前にも同様の手口の殺人事件が起きていました。

この事件の犯人はスコップ男と言われていました。


本間快と一ノ瀬次郎らは、この事件のニュースをテレビで見ていました。

本間は、9年前の事件の犯人はすでに逮捕されているというのです。

それが、今回またしても同じような手口の事件が起こったのです。

模倣犯の可能性もありますが、もしかしたら逮捕した犯人が無実の可能性があると言います。

つまり、逮捕された天満暁生死刑囚にはえん罪の可能性が出てきたのです。


本間は、この事件の模擬捜査をして授業で発表しようと提案しました。

一ノ瀬は、休みを満喫したいので嫌がっていました。


みんなで模擬捜査を行います。

本間がスコップで穴を掘ります。

すると、本間は腰を痛めてしまいました。

一ノ瀬が本間をおんぶして医務室に運ぼうとしていました。

その時、ある男から蘭子はどこにいるのかを尋ねられました。

本間は、蘭子がいる場所を教えました。

その男が銃を持っていることに気がつきました。


本間は、一ノ瀬にそのことを伝えます。

2人は急いで後を追います。


蘭子は、その男と会っていました。

顔見知りのようで、その男になぜ来たのかと尋ねていました。

その男は蘭子が自分たちを避けるからだと答えました。

蘭子は、その男が銃を持っていることに気づきました。

その男は蘭子に銃を向けました。


本間と一ノ瀬は、蘭子とその男がいる4階資料室の前に来ました。

車椅子に乗った本間は正面の扉の方へ、一ノ瀬はベランダの方へ回ります。

2人は部屋に飛び込みます。

一ノ瀬はその男を取り押さえます。

本間は、その男が落とした銃を拾おうとします。

しかし、本間よりも先に銃を拾ったのは女でした。

実は、女はその男とグルだったのです。

女は、本間に銃を向けました。

一ノ瀬はその男を開放しました。


男は天満智也で、女は智也の姉・天満直子でした。

智也は、蘭子に本当のことを聞きたいというのです。

直子は手荒なことはしたくないようで、智也をなだめます。

しかし、智也はカッとなっていて直子の言うことに聞く耳を持ちません。


智也は、父親は無実だと主張します。

蘭子に証言を求めました。

その時、本間と一ノ瀬のクラスメイトが部屋にやって来ました。

蘭子が逃げるように指示したことで、そのクラスメイトは逃げることができました。

その後、学校内では厳戒態勢が敷かれました。


神奈川県警や狙撃部隊などが学校にやって来ました。

本間は、蘭子なら智也と直子を止められるのではないかというのです。

9年前の蘭子とのことが原因であると考えたためです。

蘭子は何も話しません。


直子は、神奈川県警の弓倉と電話で話しました。

直子の要求は、先日発生した女性が犯人にスコップで撲殺されて埋められた事件の犯人を捕まえることでした。

犯人が捕まらなければ、1時間おきに人質を1人ずつ殺していくと言いました。

弓倉はそうなれば強行突入するというのです。

直子は、その時は体に巻き付けた爆弾で自爆すると返しました。

自分たちが死ねば、仲間がムラタミキを殺すことになっていると伝えました。


9年前のスコップ男の犯行は次のとおりです。

1件目

被害者は中学生の女の子です。

スコップで後頭部を殴られて死にました。

遺体は雑木林に埋められていました。

この女の子は国会議員の孫です。


2件目

被害者は天満ちひろです。

死因は1件目と同じです。

遺体は公園の緑地から発見されました。

監視カメラに犯人が映っていましたが、男性とうことしかわかりませんでした。


3件目

被害者は、この事件を捜査中の刑事です。

死因は今までと同じです。

遺体は、2件目とは異なる公園に埋められていました。

2件目同様に、監視カメラに映っていましたが、詳しいことは何もわかりませんでした。


3件目の事件から1ヵ月後に、天満暁生が逮捕されました。

暁生とちひろは夫婦です。

暁生は取り調べで犯行を自供しましたが、裁判では一転して無実を主張しました。

しかし、死刑判決が出てしまいました。


本間は、模擬捜査でスコップ男のことはすべて頭に入っていました。

そして、智也と直子の発言から、2人が暁生の子供であることに気づきました。

智也は、それを認めました。

暁生とちひろは仲がよかったのに殺すわけがないというのです。


弓倉は、警視正の国枝に今回のことを話しました。

立てこもっているのが、智也と直子とわかると、国枝から射殺の指示が出ました。


智也と直子は、暁生は無実だと言います。

暁生には、3件目の犯行のアリバイがありました。

犯行時刻にスピード違反で捕まっていたのです。

そのことを知った智也と直子は、警察にすぐに問い合わせましたが、そのような事実はないと言われてしまいました。

本間は、交通違反なら暁生が受け取った控えの記録用紙があるというのです。

直子は、それを必死に探しましたが見つかりませんでした。

その後も諦めることなく探し続けて、ついに暁生が古本屋に売った本の中からあの時の控えを見つけたのです。

控えには蘭子の名前がありました。

実は、この時スピード違反で暁生を捕まえたのは蘭子だったのです。


蘭子は、確かに捕まえたかもしれませんが、それが暁生だったのかまでは覚えていないというのです。

直子は、話だけでも聞かせて欲しいと頼んだのに、蘭子は会おうともしませんでした。

それは、上から指示があったためではないかというのです。

蘭子は国枝から口止めされていたのです。


智也と直子が焦って暁生の無実を証明しようとしたのは、暁生はもう長く生きられないためでした。

病気で余命宣告を受けたのです。


国枝は、直子に水を差し入れる代わりに人質を解放して欲しいと頼みました。

直子は1人だけ解放するというのです。

水は、生徒に持ってこさせるように言いました。

国枝は、自分の部下に犯人制圧を命じました。

片野坂は人命第一を優先させるように訴えますが、聞き入れてもらえませんでした。

実は、片野坂は国枝に暁生はスコップ男ではないと訴えていました。


蘭子は、確かに先ほどの控えは自分の筆跡だったと言いました。

暁生は犯人ではないというのです。


本間は、自分のポケットの用紙を取り出すように言いました。

その用紙には蘭子が書いたところがありました。

その筆跡と控えを見比べれば明らかになるというのです。

見比べると、筆跡はまったく同じでした。


本間と一ノ瀬は、2人を助けたいと思いました。

本間は、水を運んできた者がこの場を制圧するはずだと言いました。

自分たちが2人を守るというのです。


水を運んきた国枝の部下が、この場を制圧しようとします。

蘭子は銃で足を撃たれてしまいました。

全員で国枝の部下を取り押さえることができました。

蘭子は、智也と直子を最後まで守ることに決めました。

本間と一ノ瀬もそのつもりでした。


本間は、国枝に犯人は5人で、体に爆弾を巻き付けていて、全員が銃で武装していると嘘の報告をしました。

そして、1人は開放しますが、国枝の部下は返さないと言っていると伝えました。

開放する1人は一ノ瀬です。

本間は一ノ瀬に、片野坂に手伝ってもらってスコップ男を捕まえるように言いました。

2人は、この家族を救おうと誓い合いました。

その後、一ノ瀬が解放されました。

【未満警察】6話の感想

今回は、2話構成の話の前編でした。

智也と直子は、暁生の無実を証明しようと必死でした。

3件目の暁生のアリバイを証明するために、暁生がスピード違反で捕まったことを明らかにしようとします。

しかし、捕まった事実さえないことにされてしまいます。

このようなひどいことがあるのですね。


智也と直子は、やっとのことでスピード違反の控えの記録用紙を見つけました。

すると、今度はスピード違反を担当した警察官(蘭子)が会ってくれません。

これでは為す術がありません。

蘭子は国枝に口止めされていたとは言え、智也と直子の話ぐらいは聞いてあげてもよかったのではないかと思います。


今回の暁生のえん罪には、国枝が絡んでいることは間違いありません。

暁生のえん罪が証明されると、何か都合の悪いことがあるようです。


来週、一ノ瀬と片野坂がスコップ男を捜査するようです。

どのような結末を迎えるのか楽しみですね。


SNSでは、次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!