ドラマ「半沢直樹2」の3話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【半沢直樹2】3話のあらすじ

半沢直樹2の3話のあらすじは次のとおりです。


電脳の買収相手であるスパイラルとのアドバイザー契約を正式に結び、親会社・東京中央銀行と全面戦争へと突入した半沢(堺雅人)。銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ることには成功したが、依然ピンチであることに変わりはなかった。そこで半沢が次の手として瀬名(尾上松也)に提案したのは、なんと「逆買収」だった。

だが、そんなある日、突然、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってくる。半沢の目の前に現れたのは、黒崎駿一(片岡愛之助)だった。黒崎が一体なぜ? 黒崎のターゲットはいったい何なのか? さらに、タイミング良く検査のことがニュースで報じられ、半沢は裏で伊佐山(市川猿之助)だけでなく、三笠副頭取(古田新太)が糸を引いているのではないかと推測する。

一方、パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとしていた。もし、半沢たちが水面下で進めている逆買収の計画が見つかってしまうと、すべてが水の泡と化す。半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま高坂(吉沢亮)に指示し、データを消去しようと試みるが…。
果たして半沢はこの危機を乗り切ることが出来るのか?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【半沢直樹2】3話のネタバレ

電脳雑伎集団は、スパイラルの株式を着々と購入していました。

保有株数は42%に達しました。


半沢は、瀬名に逆買収を提案しました。

狙うのは、フォックスだというのです。

瀬名は、潰れそうな会社を買うことに難色を示しました。

それに、今のスパイラルにはそのような余裕はないと言います。

半沢は、資金力では勝てませんが、知恵で勝負するというのです。


フォックス、投資失敗で巨額損失か?”という記事がネットに出ました。

これにより、フォックスの株価は大暴落しました。

瀬名は会見を開き、フォックスの買収を決めたことを発表しました。


瀬名・半沢・森山は郷田と会いました。

郷田は、巨額損失の記事が瀬名の仕業だと思って瀬名を責めます。

しかし、瀬名は郷田が自分たちにしたことを忘れたのかと返しました。

郷田は、そのことに関して謝罪しました。


半沢は、電脳雑伎集団はフォックスから顧客とノウハウだけを奪って終わりだというのです。

救済とは名ばかりだと言います。

しかし、郷田は聞く耳を持ちません。

郷田は、電脳雑伎集団に助けてもらうという考えを変えません。

瀬名は、フォックス株の買収を進めると言いました。


ある日、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査に入ることになりました。

半沢は、岡からそのことを聞いて、フォックスに関する資料を慌てて処分するように指示しました。

パソコンのデータも消します。


半沢は、自分のパソコンにあるフォックスの買収計画書などの重要資料をクラウド上の隠しファイルに移しました。

この隠しファイルは天才プログラマー・高坂圭が作ったもので、その存在を知らなければ絶対に見つけることはできないというのです。


やって来たのは、証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官・黒崎駿一でした。

監視委員会検査が行われます。

黒崎は、シュレッダーのゴミまで調べます。

瞳は、半沢に“証券取引等監視委員会は、スパイラルのアドバイザーである東京セントラル証券の行動を問題視”という記事がネットで出ていることを伝えました。

この記事が出たことで、スパイラルの株価が下がり始めました。


瀬名が半沢に電話をかけてきました。

半沢は、かなりヤバいことになっていると言いました。

黒崎は、事前によく調べてから来るので、隠しファイルの存在を知っているかもしれないというのです。


黒崎は、やはり隠しファイルの存在を知っていました。

そこにフォックスの買収計画書などがあると考えていました。


こうなれば、黒崎よりも先に隠しファイルに辿り着いて、データを消すしかありません。

瀬名は、高坂に外部からそのファイルに入るように指示しました。


高坂は、半沢のパソコンをハッキングしました。

それにより、今黒崎が何をしているのかがわかります。

黒崎は、隠しファイルを見つけました。

隠しファイルの中に入りました。

中のフォルダを開けようとしますが、パスワードでロックされていました。

黒崎はパスワード解析ソフトを使います。

高坂は、判明するのに約30分かかるというのです。

その間に、高坂が外部から隠しファイルに入るしかありません。


半沢は、どうして黒崎が隠しファイルのことを知っていたのかが疑問でした。

このことを知っているのは、半沢と岡だけでした。

岡は、諸田に相談したと言いますが、半沢は諸田には証券取引等監視委員会を動かす力はないというのです。

もっと大物だと言います。

関係していたのは、伊佐山三笠でした。

三笠は、これでスパイラルの株価が下がるので、買い占めを進めるように指示しました。


黒崎は、パスワードが判明し、フォルダを開きます。

中には、「フォックス買収計画書」「フォックス経営状況報告書」がありました。

高坂は、諦めずに作業を続けます。

そして、黒崎がファイルを開くギリギリのところで、2つのファイルを削除することができました。


一難去ってまた一難です。

黒崎は、今度は岡の部屋を調べるというのです。

岡の部屋に隠してあったシュレッダーを見つけました。

実は、岡はフォックスに関する重要書類をそのシュレッダーにかけていたのです。

黒崎は、うれしそうにシュレッダーのゴミを持って帰らせました。


フォックスは、電脳雑伎集団から見放されてしまいました。

電脳雑伎集団は、スパイラルを買収するので、結果的にはフォックスも手に入るというのです。

わざわざフォックスを助けるメリットがないと言います。


森山は半沢に、郷田が瀬名に連絡してきたことを伝えました。

半沢は、シュレッダーが復元されれば自分は終わりだと言いました。

森山に、営業停止になる前にスパイラルとフォックスの契約をまとめるように指示しました。


2時間後、復元作業が完了しました。

黒崎は、半沢にフォックスの巨額損失の情報を流して、株価が下がったところを買いたたいたのではないかというのです。

誰からフォックスの経営状況報告書をもらったのかを話すように言います。

その時、郷田がやって来ました。

郷田は、フォックスの巨額損失の情報については、友好的合併をするためにスパイラルと東京セントラル証券に話したものだというのです。

その情報をどのように使っても構わないと言います。


半沢は反撃に出ます。

黒崎に、不確かな情報でこれ以上営業妨害をされては困ると言います。

黒崎は、不適な笑みを浮かべて素直に引き上げていきました。


電脳雑伎集団は、スパイラルの株式を購入し続けていました。

保有株数はついに48%に達しました。


瀬名と郷田が会見を開きました。

フォックスがスパイラルの買収提案に賛同することが発表されました。

フォックス傘下の世界最大の商品量を誇るコペルニクスと、スパイラルの世界最強の検索エンジンがタッグを組めば、世界最強の通販サイトが完成するというのです。

これにより、Amazonに並ぶものになると言います。


さらに、IT界の超大物であるマイクロデバイスのジョン・ハワードが、この事業に少なくても3億ドルを出資すると宣言しました。

これにより、スパイラルの株価はどんどん上がっていきます。

伊佐山は悔しくて叫びます。


半沢は、黒崎はあのようにあっさり引き下がるような男ではないと考えていました。

渡真利から電話がかかってきました。

半沢に、証券部が500億の追加融資を通そうとしていると言ってきました。

裏で三笠が動いていました。

最後の望みは大和田でした。

大和田は頭取派の役員を牛耳っているので、大和田が首を縦に振らなければ追加融資は認められないと言います。

渡真利は、もし追加融資が決まれば万事休すだというのです。


半沢は、今回の件は電脳雑伎集団が東京セントラル証券にスパイラルの買収の話を持ち込んだところから始まっていると考えました。

もう1つ気になっていたのが黒崎です。

黒崎は銀行を嫌っていて、三笠に言われたくらいでは出てこないというのです。

半沢は、黒崎は何か他の目的でここにやって来たのかもしれないと推理しました。


黒崎が調べていた部屋は、そのまま残してありました。

それは、そこに何かヒントがあるのではと考えたためです。

半沢らは、手分けして調べることにしました。


伊佐山が、半沢に連絡をしてきました。

追加融資が決まったというのです。

三笠が大和田に頭を下げたというのです。


部屋を調べていて、あることがわかりました。

それは、電脳雑伎集団の資料だけがきれいに積まれていました。

黒崎が来た時のことを思い出すと、みんな電脳雑伎集団の資料が置かれた場所で作業していました。

半沢は、持っていた資料にコーヒーをかけられて怒っている黒崎の姿を思い出しました。

その時の資料を探します。

それは、電脳電設株式会社のファイルでした。

以前ゼネラル産業グループから電脳雑伎集団に事業譲渡されました。

半沢は、代表取締役社長の玉置伸介という名前が気になりました。

電脳雑伎集団にいる玉置の名前は、玉置克夫です。

克夫は、電脳電設の元取締役常務執行役員でした。

克夫と伸介は親子でした。


半沢は、親会社ゼネラル産業の現在のメインバンクは東京中央銀行のはずであると言いました。

調べると、東京中央銀行でした。

電脳雑伎集団が銀行ではなく、東京セントラル証券に依頼したのは、銀行が関わると都合が悪いことがあるためだというのです。

鍵になるのは、克夫だと言います。


大和田はご機嫌でした。

あの三笠が自分に頭を下げ、ポストを用意してくれるためです。

大和田は、目の前にいた伊佐山の演技を褒めました。

伊佐山は、大和田を裏切っていなかったのです。


半沢と森山は、克夫のもとを訪れました。

克夫に話すことはないと言われました。

半沢は、(電脳電設の)次世代スイッチング電源の特許に大きな可能性を感じると言いました。

すると、克夫の表情が変わりました。

半沢は、克夫にはあの特許に強いこだわりがあるというのです。


半沢と森山は、閉店後の智美の小料理屋で克夫を待っていました。

そこにやって来たのは平山夫妻でした。

【半沢直樹2】3話の感想

久しぶりに黒崎が登場しました。

あのキャラは最高ですね。

今回も、半沢をかなり追い詰めました。

フォックスはダミーで、他にも目的があったようです。

いつもなら半沢にやられてもっと悔しがっているはずなのに、今回はあっさり引き上げていったのでおかしいとは思いました。


高坂は見られないのではと思っていましたが、出てきてくれてよかったです。

さすが天才プログラマーです。

ギリギリのところで、半沢を救いました。

もっと活躍するシーンを見たいですね。


500億の追加融資が決まり、半沢らは絶体絶命です。

来週はどのように銀行とやり合うのか楽しみですね。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!