タチウオがエサに喰いつくとウキが沈みますが、すぐに合わせると針がかりしません。

そのため、少し待って、タチウオがしっかりと針にかかるタイミングで合わせを入れないといけないのです。

これが、この釣り最大の魅力です。

ここでは、タチウオの電気ウキ仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

タチウオの電気ウキ釣りの時期・時間

タチウオの電気ウキ釣りの時期・時間についてご紹介します。

おかっぱりからタチウオを狙うには、6~1月ぐらいに釣りに行くとよいです。

中でも、おすすめは8~11月です。

数が釣れるので非常に楽しいです。

大型を狙いたいのなら、寒くなる秋の終わり以降がよいでしょう。


電気ウキを使うことからわかるように、おすすめは夜釣りです。

タチウオは日が暮れると接岸してきます。

夕マズメから夜間にかけて狙うとよいです。

スポンサーリンク

タチウオの電気ウキ仕掛け

タチウオの電気ウキ仕掛けについてご紹介しています。

タチウオの電気ウキ仕掛けと釣り方

竿

竿は、磯竿の2号を使います。

長さは、5m前後がおすすめです。

穂先が硬すぎる竿は避けた方がよいです。

リール

リールは、中型のスピニングリールを使います。

サイズは、2500~3000番を使います。

ライン

ラインは、ナイロンの3号を使います。

PEでもOKです。

電気ウキ

電気ウキは、自立の2~3号を使います。

中通しオモリ

中通しオモリは、1~3号を使います。

ハリス・針

市販の専用仕掛けを購入するとよいです。

タチウオ針5号ぐらいのものを選びます。

タチウオの電気ウキ釣りのエサ

タチウオの電気ウキ釣りのエサについてご紹介します。

エサは、キビナゴがおすすめです。

イワシやドジョウを使ってもよいです。

アミノ酸などのエキスに浸かったエサもあります。

タチウオの電気ウキ仕掛けの釣り方

タチウオの電気ウキ仕掛けの釣り方についてご紹介します。

電気ウキ仕掛けの釣り方は、次のとおりです。

まず、仕掛けを軽くキャストします。

糸ふけを取ります。

基本的には、そのまま当たりを待つだけです。

たまに、シャクるなどしてエサを動かします。


当たりがない時は、ウキ下の長さを変更します。

ぐらいから始めて、どんどん長くしていきます。

タチウオがいるタナにエサを持っていけるかどうかで釣果が大きく変わります。


沖の方ばかり狙うのではなく、足元でも釣れることがあります。

そのため、広範囲を探ることが重要です。


当たりがあれば、ウキが水中に沈みます。

しかし、焦って早合わせしてはいけません。

ウキが沈んでも、タチウオがしっかりエサに喰い付くまで待たなくてはなりません。

ウキが消えるぐらいまで入り込んだ後、一呼吸おいてから合わせるぐらいでOKです。

しばらく待ってもウキが消えるまで入り込まない場合は、竿をゆっくり立てて聞き合わせし、重みがあれば思い切って合わせてみるとよいでしょう。

針がかりすれば、ラインのテンションを緩めないように巻いてくるだけです。

参考動画

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!