ドラマ「35歳の少女」の配信動画の全話(1話から最終回まで)を無料でフル視聴する方法をご存じですか?

「35歳の少女」のあらすじやキャスト、原作、主題歌などについてもご紹介しています。
スポンサーリンク

35歳の少女の1話~最終回を無料で視聴する方法!

【35歳の少女】見逃し配信動画の全話を無料フル視聴する方法


『35歳の少女』の1話~最終回を無料で視聴する方法についてご紹介します。

『35歳の少女』の全話を無料で観る方法!
「Hulu」の2週間無料お試し期間を利用すれば『35歳の少女』の全話を無料で視聴できちゃいます!
無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません




Huluの特徴・国内&海外ドラマ、アニメ、バラエティ、映画など70,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツを視聴可能です。
PC、テレビ、スマートフォン、タブレットといったさまざまなデバイスに対応しています!
・広告やCMはありません。
・無料お試し期間終了後は月額1,026円(税込)がかかります。


※民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」を利用すれば、ドラマ放送後一定期限内(約1週間内)であれば、無料で最新の放送分のみを観ることができます。

ただし、広告やCMが入るので観づらいです。

スポンサーリンク

35歳の少女の放送日

放送時間:土曜日午後10時~

放送局:日本テレビ系

放送開始日:2020年10月10日(土)

35歳の少女のあらすじ

柴咲さんは、2015年1月期に放送されたドラマ「〇〇妻」以来、約5年ぶりに地上波の民放連続ドラマに主演します。

「〇〇妻」の脚本を担当した遊川さんと再びタッグを組むことになりました。


35歳の少女のあらすじは、次のとおりです。

1995年。
不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女、望美
家族は、バラバラになり、
初恋の少年は夢をあきらめ、それぞれに孤独な“今”を生きていた。
ただ一人、母親だけは、娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けた。

そして、2020年。
心は10歳、だけど体は35歳。
25年ぶりに少女が目覚めた!

「もし、あなたの大切な人が、
25年ぶりに目の前に現われ、
中身は、10歳のままだとしたら、どうしますか?」

すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、
主人公の“時をこえた”成長物語。

(公式HPより引用)


\今すぐ動画を無料視聴/

お試し期間なら、無料で視聴できますよ♫

第1話に繋がる「エピソード0」がオーディオドラマとして公開されています。

本編を観る前に聴いてみてください。


35歳の少女のキャスト

柴咲コウ(時岡望美役)

10歳の時に不慮の事故に遭います。

意識不明の状態が続き、25年ぶりに目を覚まします。

そのため、見た目は35歳の大人ですが、中身は10歳の少女です。

家族や友達などすべてが変わってしまっていて大きく戸惑います。

この度、主人公の「今村望美」を演じさせていただきます。
等身大の自分とは違う人物を演じられるのが楽しみです。
1話の台本を読み、自然と感情が揺れ動きました。
望美が、望美の周りの人達がどうなっていくのか、毎回次の台本が届くのをワクワクしながら待っています。
脚本の遊川さん、プロデューサーの大平さんとは「〇〇妻」の時にご一緒しておりますが、この作品では皆で忌憚なく意見を言い合ってより良い作品を作り上げていきたいです。
たくさんの方に見ていただき、皆様の心に残る作品になれば嬉しく存じます。
(公式HPより引用)

坂口健太郎(広瀬結人役)


望美の小学校のクラスメイトです。

望美がひそかに想いを寄せていた相手です。

以前は小学校の教師をしていましたが、ある事件がきっかけで退職しました。

この度、望美の幼なじみ、結人役を演じさせていただきます、坂口健太郎です。
初の遊川作品、そして初めて柴咲コウさんとご一緒させていただけることが、今からとても楽しみです。
最初に台本を読ませていただいた時の高揚感を大切にしながら、望美の周りで起こる様々な出来事を、結人として見守り、時には望美に気づかされ、一緒に成長していけたら嬉しいです。
(公式HPより引用)

橋本愛(時岡愛美役)

望美の妹です。

大手広告代理店の営業部門に勤めたいます。

望美が目覚めたことを喜んではいません。

35歳の少女、壊れた家族、それぞれの自責。一つの事実にいくつもの事実が発生し、正しさも美しさも隠れて、壊れたものは二度と元には戻らない。闇雲に継ぎ接いで、元の輪郭に整えたとしても、罅を無視することはできない。でもきっと、粘り気の強い日々を積み重ねて、煌めきで覆ったら、いつか金継ぎの器のように、壊れたからこそ美しい、何かに変態できるかな。居た堪れないほど失い壊れゆく人生が無数に散らばる世の中で、再生の美を見せつけられたら。
柴咲さん演じる、自分より歳下のお姉ちゃん。どんな心のやり取りが生まれるのか、楽しみです。
遊川さんの作品の真ん中にあるのは前回の作品と変わらないな、と思いました。信念とはそういうもの、素晴らしい景色をテレビの向こうに咲かせられるように頑張ります。
(公式HPより引用)

鈴木保奈美(時岡多恵役)

望美の母です。

進次とは離婚し、愛美とも一緒に住んでいません。

望美の介護を25年間必死に行ってきました。

望美は目を覚ましましたが・・・

大好きなドラマがいくつもある、遊川作品。お話をいただいたときは本当にうれしかったのです。
が、観ると演るとは大違い。大変です。自分を鍛え直す場を与えられたことに感謝して、まっさらな気持ちで挑みます。
柴咲さんと共演させていただくのは初めてです。望美ちゃんは、こりゃまた大変な難役です。けれど疑いようもなく、柴咲さんは見事に演じ切られることでしょう。
彼女のその過程を一番近くで見ることができるなんて、なんという幸せ。
バラバラになってしまった家族がどう向き合い、どう再生していくのか。フィナーレを迎える頃、役の上でも、キャスト、スタッフの皆さんとも、戦友のようになっていられたらいいな、と思います。
(公式HPより引用)

田中哲司(今村進次役)

望美の父です。

大手ハウスメーカーに務めています。

多恵と離婚し、今村加奈と再婚しました。

加奈の連れ子が引きこもっています。

今回、望美の父親を演じさせて頂きます。
コメディタッチの中に、ピリッと、そしてさりげなく『皆さんならどうしますか?』と言う問いかけが沢山詰まった、とても素敵な物語です。
遊川さんの脚本を読んで『自分ならどうだろうか?』と何度も考えました。
大人になる事とは?
家族とは?
親とは?
命とは?
そして、人生とは?
僕たちがいつの間にか忘れてしまった何か大切な物を、このドラマが、視聴される方は勿論ですが、役を通して54歳の自分にも思い起こさせてくれるのではないかと、期待させる作品です。
この作品に巡り会わせてくれたことに感謝です。
(公式HPより引用)

その他

竜星涼(今村達也役):加奈の連れ子です。就職後いじめに遭い、退職して部屋に引きこもっています。

富田靖子(今村加奈役):進次の再婚相手です。

細田善彦(相沢秀男役):愛美の会社の営業部課長です。以前愛美と交際していました。

大友花恋(林田藤子役):愛美の部下です。相沢と交際しています。

35歳の少女のスタッフ

チーフプロデューサー:池田健司

プロデューサー:大平太、諸田景子、田上リサ(AX-ON)

脚本:遊川和彦

演出:猪股隆一、明石広人、伊藤彰記(AX-ON)

制作協力:AX-ON

制作著作:日本テレビ

35歳の少女の原作・主題歌

原作:なし

主題歌:King Gnuの「三文小説

King Gnu 常田大希さんのコメント!

2020年、我々King Gnuはアルバム“Ceremony”をリリースして以降、一曲たりとも新曲をリリースせずに、じっくりと自分達の生き方を見つめ直してきました。そんな中でこの”35歳の少女”という素敵な作品と巡り合いまた新たな一歩を踏み出す訳です。ご期待ください。
(公式HPより引用)


35歳の少女にパクリ疑惑!?

 
「35歳の少女」にパクリ疑惑が浮上しています。

韓国ドラマ「30だけど17です」に内容が似ているという声があります。

少女が交通事故に遭って昏睡状態になり、30歳になって目を覚まします。

見た目は30歳でも、心は17歳のままです。

同級生の少年も登場します。

ここまではそっくりです。

少し異なるのは、お互いを認識しないまま再会を果たして2人の恋が動き出すという点です。


他にも、漫画「大人スキップ」と似ているという声もあります。

14歳の少女が事故で26年間眠り続けます。

目が覚めると、40歳になっていました。

しかし、心は14歳のままです。

ただの恋愛ストーリーではなく、いい大人とは何なのかというテーマを元にしたストーリーに仕上がっています。


個人的には、放送開始前は桜庭ななみさん主演のドラマ「13 サーティーン」に似ているのではと思いました。

こちらは昏睡状態ではなく、誘拐・監禁により、少女が実社会から隔離された状態で大人になってしまいました。

少女から時が止まったままという点では似ています。

同級生の少年がいるという点も同じです。


他にも、いろいろな作品に似ているという声があります。

作品として、このような設定のものは意外と作りやすいのかもしれません。

ただ、作品のテーマや他の設定は違っています。

そのため、作品全体を見ると「35歳の少女」とはまったく異なるものになるのではないかと思われます。

柴咲コウの演技を絶賛する声が上がる!

 
ドラマがスタートして、初回から大きな反響がありました。

柴咲コウさんの演技を絶賛する声が上がりました。

  • 鳥肌が立った
  • 演技力がすごい
  • 思わず号泣してしまった

柴咲さんが泣くシーンが絶賛されています。

  • まるで10歳の少女が泣いているようだった
  • 本当に子供が泣いているように感じた

他にも、柴咲さんが25年ぶりに目を覚ましたシーンも話題になっています。

目覚めた際は声が出せませんでした。

そのシーンは、柴咲さんが目線や表情で感情を表しました。

  • 声が出なくても感情が伝わってきた
  • まさに迫真の演技だった
  • 柴咲さんの演技に引き込まれた

このドラマは、柴咲さんがいかに10歳の少女を演じるかに注目が集まっていました。

そういう意味では、初回から視聴者の心を掴んだと言えるかもしれませんね。

35歳の少女に対する視聴者の感想

1話

1話の視聴者の感想は次のとおりです。

柴咲コウさんは改めて演技が上手いと感じました。泣いているシーンは感動しました。
思っていたとおりのドラマでした。今後の展開が気になります。
キャストが非常に豪華で見応えがあります。視聴者の感情をかき乱す遊川和彦さんらしい脚本に満足しています。
同級生役の坂口健太郎さんとの差に違和感がありました。実年齢が10歳差もあるので同級生の設定には無理があると感じました。
コロナで気持ちが沈みがちなのに、このドラマを観るとさらに暗くなってしまいます。
25年ぶりに目を覚ましたのに、家族が冷たすぎると感じました。母親は目が怖すぎるし、妹は冷たくて姉が目を覚ましたことを喜んでいるとは思えません。同級生だった少年からは理想と現実の違いを喧嘩腰に言われてしまいました。

2話

2話の視聴者の感想は次のとおりです。

柴咲さんが35歳の割にフケすぎているという声が多いですね。柴咲はアラフォーであることを考えると、35歳役を演じても何の不思議もないと思います。実際、35歳でもフケて観る人はいますからね。
主人公が置かれた境遇はあまりにも残酷に感じます。もし自分が同じ状況になっていれば耐えられません。今後、主人公がどのように成長していくのかを見届けたいですね。
柴咲さんが無邪気に泣くシーンや駄々をこねるシーンがありました。実際の10歳はそれほど子供っぽくはないと感じました。今時の少女はもっと大人びています。その辺が少し気になりますね。
柴咲さんは、体当たりの演技で頑張っているなと感じました。ただ、妹や同級生との年齢差が気になりました。柴咲さんが悪いわけではありませんが、キャストを選ぶ時に考慮して欲しかったと思いますね。

「Hulu」の2週間無料お試し期間を利用すれば『35歳の少女』の全話を無料で視聴できちゃいます!
無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!