ロックフィッシュの中でも人気の高いカサゴ。

食べると非常においしい魚です。

そのカサゴは、ルアーで釣ることができます。

ここでは、カサゴ釣りのワーム仕掛けと釣り方についてご紹介します。
スポンサーリンク

カサゴのワーム釣りの時期・時間帯

カサゴのワーム釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

時期

堤防などからのカサゴ釣りは、10~3月がおすすめです。

寒くなってからが本番です。

ただ、基本的には年間を通して釣ることができるので、夏でも釣れます。


時間帯

カサゴは暗くなってから、活発に動き回ります。

そのため、夜釣りがおすすめです。


日中にも釣れなくはありません。

できれば朝夕マズメを狙うとよいです。

朝夕マズメは、カサゴの活性が高くなります。

スポンサーリンク

カサゴのワーム仕掛け

カサゴのワーム仕掛けについてご紹介します。

カサゴは、メバルなどと同様に、ルアーでもよく釣れます。

カサゴのルアー釣りのことをガシリングという地域もあります。

ルアー釣りと言っても、主にジグヘッド&ワームがよく使われます。

カサゴ釣りのワーム仕掛けと釣り方【ガシリング】

ロッド

ロッドは、メバリングロッドやアジングロッドを使います。

長さは、2m前後でよいです。

硬さは、使用するジグヘッドの重さで決めるとよいです。

エギングロッドやバスロッドでも代用できます。

リール

リールは、スピニングリールを使います。

キャストする釣りだけに、バックラッシュしないリールがよいです。

サイズは、2000~2500番がおすすめです。

ライン

ラインは、PEの0.6~0.8号を使います。

PEは、感度がよいので使いやすいです。

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの1.5~2号を0.5~1mセットします。

ジグヘッド

ジグヘッドの重さは、1.8~3.5gを使います。

潮の速さや水深などで使い分けます。

ワーム

ワームのサイズは、1.5~3インチです。

ストレートやシャッドテールがよく使われます。

カラーはグローをはじめ、ピンクやホワイトが人気です。

いろいろ準備しておくと、さまざまな状況に対応できます。

カサゴのワーム釣りの場所・ポイント

カサゴのワーム釣りの場所・ポイントについてご紹介します。

カサゴ釣りは、堤防や磯などで行います。

岩礁などの障害物周辺が好ポイントとなっています。

他にも、堤防の際やテトラなどでもよく釣れます。



夜釣りでは、常夜灯周辺が狙い目です。

カサゴがエサを求めて浮いてくる傾向にあるので、キャストして誘いをかけて引いてきても釣れます。

カサゴのワーム釣りの釣り方

カサゴのワーム釣りの釣り方についてご紹介します。

釣り方は、次のとおりです。

ワームで釣るからと言って、必ずキャストしなければならないわけではありません。

カサゴは、足元でも釣れます。

そのため、まずは足元を狙ってみます。


堤防の際に仕掛けを投入します。

ケーソンの継ぎ目など、カサゴが隠れられそうなポイントを狙います。

カサゴは底にいる魚なので、底付近を中心に探ってみます。


着底後、穂先を小刻みに動かして誘いを入れます。

何回か動かした後、止めて喰ってくる時間を与えてやります。

これを繰り返します。


足元で当たりがなければ、堤防から離れたポイントへキャストして攻めるとよいです。

キャスト後、仕掛けを底まで沈めます。

根がかり防止のため、底から少し浮かせて、ゆっくりとワームを引いてきます。

スローのただ巻きです。

他には、シェイクを入れたり、リフト&フォールで誘うのも効果的です。


小さな当たりでは合わせません。

ある程度、大きな当たりがあるまで待ちます。

フッキングすれば、できるだけ早く底から引き離します。

根に潜られないようにするためです。

後は、テンションを緩めないように巻き上げればよいです。

参考動画

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!