人気の釣りターゲットであるカサゴ。

もっとも簡単にカサゴを釣り上げる方法の1つが穴釣りです。

根魚と言えば穴釣りというぐらい、根魚釣りではよく行われる釣り方です。

ここでは、カサゴの穴釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。
スポンサーリンク

カサゴの穴釣りの時期・時間帯

カサゴを穴釣りで釣る場合、おすすめは冬から春にかけてです。

10~3月に釣りに行くとよいです。

ただ、これ以外の時期でもカサゴを釣ることは可能です。


穴釣りでは、他にメバルやキジハタなどの根魚が釣れます。

カサゴだけにこだわらないのなら、年間を通して楽しむことができます。

ちなみに、メバルは春、キジハタは夏によく釣れる魚です。

カサゴの穴釣り仕掛けと釣り方

カサゴは夜行性のため、夜釣りに行くのがおすすめです。

ただ、穴釣りはテトラに乗って釣ったりすることが多いので、暗いと非常に危険です。

そのため、日中の明るいうちに釣りに行った方がよいです。

日中でも喰ってくれるので心配する必要はありません。

朝夕マズメはカサゴの活性が高くなるのでおすすめです。

スポンサーリンク

カサゴ釣りの穴釣り仕掛け

カサゴ釣りの穴釣り仕掛けについてご紹介します。

竿

竿は、やや硬めのバスロッドを使います。

他には、ルアーロッドも使えます。

長さは2m前後でよいです。

あまりにも長すぎると、非常に釣りにくいです。

リール

リールは、小型のベイトリールをおすすめします。

底を取りやすく、着底後すぐに誘い始められます。

スピニングリールでもよいです。

ライン

ラインは、ナイロンの2~3号を使います。

オモリ

オモリは、2~3号のナツメオモリを使います。

ハリス・針

ハリスは、フロロカーボンの1.5号を使います。

長さは、10~20cmほどでよいです。

針は、丸セイゴ10号を使います。

ブラクリを使ってもOKです。

カサゴ釣りの穴釣りのエサ

カサゴ釣りの穴釣りで使うエサは、アオイソメやイワイソメなどがおすすめです。

タラシは、1~2cmと短めの方がよいです。

長すぎると、喰い込みが悪くなることがあります。

状況によって、タラシの長さを調整するとよいです。

他にも、サバの切り身やイカの短冊などでも釣れます。

エサの代わりに、人工餌やワームを使ってもよいです。

カサゴ釣りの穴釣りのポイント

カサゴ釣りの穴釣りのポイントは、テトラのある堤防です。

穴釣りという名前のとおり、穴(隙間)に仕掛けを落とし込んで釣ります。

穴釣りの最適な穴は、積まれたテトラの隙間です。

テトラ帯に行けば、ポイントは無数に存在します。

釣るポイントに困ることはないでしょう。


テトラ帯がなければ、堤防の際やケーソンの継ぎ目などを狙ってみるとよいです。

敷石の隙間も好ポイントとなっています。

カサゴ釣りの穴釣りの釣り方

カサゴ釣りの穴釣りの釣り方についてご紹介します。

釣り方は、次のとおりです。

まず、足元でカサゴが潜んでいそうな場所を探します。

見つかれば、その場所に仕掛けを沈めます。

沈むのが止まっても、穂先を上下させると、再び沈み始めることがあります。

沈まなくなるまで、これを繰り返します。


着底後、糸ふけを取って当たりを待ちます。

当たりがなければ、穂先を上下に動かして誘いを入れます。

当たりはあっても、なかなか喰い込まない時は、ラインを少し緩めてやるとよいです。


釣れなければ、攻めるポイントをどんどん変えていきます。

ランガンスタイルがぴったりの釣りです。

粘って釣れる釣りではありませんので、いかにカサゴがいるポイントへ移動できるかが勝負です。


キャストして、沖の方を狙うこともできます。

着底後、ラインを張らずに、少し緩めておいてやると喰い込みがよくなります。

リフト&フォールで誘いながら、手前まで探ってきます。


当たりがあれば、すぐに合わせて、底から一気に引き離します。

一気に引き離さないと、根に潜られてしまい、釣りあげるのが難しくなってしまうためです。

参考動画

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!