アカムツは深海のルビーと言われています。

色鮮やかな真っ赤な魚です。

東京湾では、このアカムツを釣るのが人気です。

ここでは、アカムツ仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

アカムツ釣りの仕掛け

アカムツ釣りの仕掛けについてご紹介します。

アカムツ仕掛けと釣り方

竿

竿は、ビシアジ用竿を使います。

長さは2m前後です。

リール

リールは小型の電動リールを使います。

ライン

ラインはPEの2号を使います。

300m以上巻いておきます。

幹糸

フロロカーボンの6号を使います。

エダス

エダスはフロロカーボンの4号を使います。

長さは40cmです。

針はムツ針16号です。

3本針です。

針の少し上のエダス部分にマシュマロボールL(ヤマシタ)を付けます。

エサが潮の流れでゆらゆらと漂って、よい誘いになります。

オモリ

オモリは100~120号です。

スポンサーリンク

アカムツ釣りのエサと付け方

アカムツ釣りのエサと付け方についてご紹介します。

エサは、サバの切り身、アオイソメ、ホタルイカを使います。

エサ付けは丁寧に行うようにします。

ホタルイカはゲソとキモのみを使用します。

ホタルイカは、目と目の間からキモに針を刺します。

サバの切り身とアオイソメはちょん掛けでOKです。

複数のエサを組み合わせて付けてもよいです。

アカムツ釣りの釣り方

アカムツ釣りの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けを底まで沈めます。

糸ふけを取った後、竿を大きくシャクり上げます。

ここでしばらく止めます。

その後、竿をゆっくり下げていきます。

アカムツは落ちてくるエサに好反応を示します。

これを繰り返します。

その都度、底を取り直すようにします。


アタリがあれば巻き上げます。

巻き上げは低速で行います。

アカムツは口が弱いので、高速で巻き上げると口切れしてしまいます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!