おかっぱりからのイカ釣りと言えば、アオリイカ釣りです。

中でも、エギングは非常に人気が高いです。

ここでは、アオリイカ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

スポンサーリンク

アオリイカ釣りの時期のおすすめ

アオリイカが釣れる時期についてみていきます。

アオリイカがよく釣れる時期は、年に2回あります。

それは、春~初夏(主に4~7月)と秋~初冬(主に9~12月中旬)です。


春~初夏(主に4~7月)

この時期は、アオリイカの産卵期に当たります。

親イカは、産卵のため浅場の藻がたくさんある場所などにやって来ます。

そのため、非常におかっぱりから釣れやすくなります。

親イカなので、大型が釣れる可能性が高いです。


秋~初冬(主に9~12月中旬)

この時期は、孵化したアオリイカの赤ちゃんが、エギに乗るぐらいの大きさに成長します。

釣れるのは、ほとんどが小~中型です。

型は小さいですが、数はたくさん釣れます。

数が多いだけに、初心者がエギングを始めるのにはよい時期です。

この時期にしっかりと腕を磨いて、翌年の春に大型を狙いに行くとよいです。

アオリイカ釣りの時期・時間帯【エギング】

一方で、アオリイカがあまり釣れない時期もあります。



アオリイカの一生は短く、1年で死んでしまいます。

親イカは、産卵後に死んでしまうのです。

そのため、春~初夏の産卵後はアオリイカがいなくなってしまいます。

孵化したアオリイカが成長する秋までは、あまり釣れません。

夏が、アオリイカ釣りにとって、もっとも厳しい時期です。




冬は成長したアオリイカがたくさんいて、よく釣れそうに思えます。

しかし、アオリイカはあまり釣れなくなります。


それは、水温が下がると、アオリイカが深場に落ちてしまうためです。

深場は、岸から遠いので、仕掛けを投げても届かないのです。

冬でも、水温がそれほど下がらない地域では、岸からポツポツ釣れます。

船釣りなら、数は少なくなりますが、釣れなくはありません。


アオリイカ釣りに行くなら、やはり春か秋ですね。

たくさん釣りたいのなら秋、大型を釣りたいのなら春です。

スポンサーリンク

アオリイカ釣りの時間帯のおすすめ

アオリイカが釣れる時間帯についてみていきます。

アオリイカ釣りには、適した時期だけでなく適した時間帯があります。

それを知っておくだけでも、釣果に大きな差が出ます。

アオリイカ釣りの時期・時間帯【エギング】

アオリイカ釣りをするなら、どのような時間帯がよいのでしょうか?

まず、知っておきたいことがあります。

それは、アオリイカの特徴の1つに関してです。

アオリイカは、基本的に日光を好みません。

そのため、日光が差し込まない状況での釣りがベストということです。

このことから、夜釣りが最適であると言えます。


それでは、日中は釣れないのでしょうか?

必ずしもそうとは言えません。

日光があまり差し込まない曇りの日や深場など、条件によってはアオリイカを釣ることができます。


とは言っても、やはりマズメを含む夜間に釣るのがおすすめです。

釣果重視で釣りに行くのなら、夜間に行くとよいです。

アオリイカ釣りの時間帯ごとの攻め方

では、時間帯別には、どのように釣ればよいのでしょうか?

時間帯ごとの攻め方は次のとおりです。

アオリイカを朝夕マズメに狙う

アオリイカを朝夕マズメに狙う場合は、キャストして沖の方を攻めるだけでなく、足元も入念に攻めます。

この時間帯になると、意外とすぐ近くまでアオリイカがやって来ていることがあります。

ベイトが活発に動き回るようになるので、アオリイカ釣りにぴったりの時間帯になります。

アオリイカを日中に狙う

アオリイカを日中に狙う場合は、キャストして水深のあるポイントを攻めるとよいです。

日中は日光が差し込むので、浅場では釣果があまり伸びません。

日陰になるストラクチャー周りも好ポイントです。

アオリイカを夜間に狙う

アオリイカを夜間に狙う場合は、活発に動き回るアオリイカを広範囲に渡って探る必要があります。

沖の方から足元まで広く攻めます。

表層に浮いているものも多いです。


月夜と闇夜で攻め方が変わってきます。

月夜はベイトが浮きやすいので、表層を中心に攻めます。

一方、闇夜はベイトが集まる常夜灯周辺を攻めるのが鉄則です。

アオリイカ釣りの潮との関係

アオリイカ釣りは、潮が釣果に影響を与えることがあります。

潮が止まる時潮が動き出す時が、アオリイカ釣りにはベストです。

他には、日暮れ後に満潮を迎える日は特におすすめです。

逆に、干潮の日は期待できません。

こういったことからも、干潮と満潮の時間をチェックしておくとよいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!