冬の投げ釣りと言えば、カレイ釣りのイメージが強いです。

それほど難しいテクニックは必要ありません。

そのため、初心者でも気軽に行うことができます。

ここでは、カレイの投げ釣りの天秤仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

カレイ釣りの天秤仕掛け

カレイ釣りの天秤仕掛けについてご紹介します。

カレイの天秤仕掛けと釣り方【投げ釣り】

竿

竿は投げ竿を使います。

長さは4mほどです。

リール

リールは投げ釣り用のスピニングリールを使います。

普通のスピニングリールでもOKです。

サイズは、3500~4000番です。

ライン

ラインはナイロン4号を使います。

力糸

力糸はテーパーナイロンライン4号~12号を使います。

天秤

天秤はジェット天秤(半誘導天秤)25号を使います。

ハリス

ハリスはフロロカーボン4号を使います。

針はカレイ針13号を使います。

2本針です。

スポンサーリンク

カレイの投げ釣りのエサ

カレイの投げ釣りのエサについてご紹介します。

エサはアオイソメ塩漬けマムシを使います。

アオイソメは動きでカレイにアピールします。

塩漬けマムシはニオイでカレイを誘います。

エサ取りに強いです。


エサの付け方についてです。

まず、塩マムシを3cmほどにカットして縫い刺しにします。

その後、アオイソメを1匹ちょん掛けにします。

アオイソメのみの房掛けでもよいです。

カレイ釣りの天秤による釣り方・コツ

カレイ釣りの天秤による釣り方・コツについてご紹介します。

まず、仕掛けをキャストします。

着底後、糸ふけを取ります。

リールのドラグを緩めた状態で、置き竿にしてアタリを待ちます。

5~10分待ってもアタリがなければ、リールを5回転ほど巻きます。

カレイは自分の近くにエサが来ないと喰ってくれません。

そのため、アタリがなければどんどん仕掛けを移動させた方がよいです。


竿は、できれば3本用意します。

オマツリしないように、左・真ん中・右と投げ分けておくとよいです。

近く・真ん中・遠くと距離を変えるのもよいです。

潮がよく流れている時は遠投するとオマツリしやすいです。

周りに釣り人が多い時は迷惑となるので控えるようにします。


アタリは穂先に出ます。

穂先がチョンチョンと上下に動きます。

アタリがあれば、合わせてから巻き上げます。

ある程度待ってもアタリがなければ、1度仕掛けを回収してエサの有無を確認します。

カレイが居食いしていてもよいように、念のために合わせを入れてから巻き始めます。



おすすめ記事

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事