おかっぱりからのタチウオ釣りと言えば、ワインドが人気です。

しかし、最近ではジギングでタチウオを狙う釣り人が増えています。

ここでは、堤防でのタチウオのジギング仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

タチウオのジギング仕掛け

ワインドは暗くなってタチウオが接岸してきた時には有効ですが、明るいうちはタチウオはこちらに寄ってきません。

沖の方の底付近にいるタチウオはジギングで狙うのが効果的です。


ジギング仕掛けは、次のとおりです。

タチウオのジギング仕掛けと釣り方【堤防】

ロッド

ロッドは、ライトショアジギングロッドシーバスロッドを使います。

穂先が硬すぎるロッドは適していません。

硬すぎると、タチウオのアタリが取れないためです。

長さは、7~8フィートぐらいが使いやすいです。

近距離中心の釣りなら、もっと短くてもOKです。

20~40gのメタルジグを使えるものがおすすめです。

リール

リールは、中型のスピニングリールがおすすめです。

ベイトリールでは、バックラッシュのおそれがあります。

サイズは、2500~3000番を使います。

ライン

ラインは、PEの0.6~1.2号を使います。

感度や飛距離を考えると、PEがおすすめです。

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの4~5号1ヒロほどセットします。

ワイヤーリーダーでも構いませんが、喰いが悪くなることがあります。

メタルジグ

メタルジグは、太刀魚用のものがおすすめです。

重さは、状況により異なりますが、20~40gを使います。

カラーはグローパープルが鉄板で、ピンクも準備しておくとよいです。

スポンサーリンク

タチウオのジギングの釣り方

タチウオのジギングの釣り方についてご紹介しています。

ジギングと言っても、青物を釣る時のように激しくシャクる必要はありません。

タチウオは、それほど泳ぎが得意ではないためです。


ジギングの釣り方は、次のとおりです。

まず、仕掛けをキャストします。

明るいうちは、遠く(沖の方)の底を狙います。

逆に、暗くなると、近くの表層~中層でも喰います。


狙いレンジまでジグを沈めれば、誘い始めます。

基本的な誘い方は、2つあります。

1つは、ただ巻きです。

狙ったレンジを、ゆっくりと巻いてくるだけでOKです。

もう1つは、リフト&フォールです。

何回かシャクり上げては沈めます。

これを繰り返します。

沈める時は、テンションフォールにしないとアタリが取れません。


アタリがあれば、しっかりと合わせます。

後は、緩めないように巻き上げればよいです。


アタリがなければ、巻く速さやシャクリ幅などを調整します。

カラーが異なるジグを使うのも有効です。

喰いが渋い時は、バイブレーションミノーなどで釣ってもOKです。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事