嵐・松本潤が7日に、都内で開かれた映画「陽だまりの彼女」の公開直前イベントに上野樹里と三木孝浩監督とともに出席しました。

この映画は、ヒロインを演じる上野の秘密がストーリー上、大きなカギになっているようです。

松本は「秘密って言葉に弱いんです。」と語っています。

そして、自身の秘密を話します。

自身の秘密については「数年前に友人とアリゾナ旅行に行ったとき、自分にだけものすごい数の流れ星が見えて…。そしたら現地のガイドさんが『あなた宇宙人です』って(笑)。僕は宇宙人です!」と会場を沸かせていた。

(ぴあ映画生活より引用)


ものすごい秘密ですね。

ちょっと面白すぎます。

たくさんの流れ星が見えたからといって、なぜ宇宙人ということになるのでしょうか?

アメリカンジョークでしょうか?

とっさによく面白い話が思いつきますね。

本当にお笑い芸人も真っ青です。


映画では、ヒロインの“不思議な秘密”が奇跡のハッピーエンドを導き出すそうです。

松本に限らず、誰しも秘密という言葉には弱いと思います。

秘密と言われれば、余計に知りたくなりますよね。

人間の心理とは、そのようなものです。


さて、松本と上野の2人が、9日に放送された「TOKIOカケル」に出演しました。

TOKIOとのトークの中で、嵐メンバーの知られざるエピソードが明らかになりました。

松本には、親友の生田斗真から「飲み屋で必ず『アヒージョ』と格好つけて頼むのにイラッとする」というクレームが来ています。

クレームがあるぐらいですから、よく松本は『アヒージョ』と格好つけて頼んでいるのでしょう。

さすが親友、ネタが細かいですね。

普段から付き合いがあるからこそ、こういった細かいところが気になるのでしょうね。


TOKIO・国分太一は、飲みの席で何度も同じ説教をするらしいです。

同じことを5回も言っていたそうです。

酒の席で説教する人は嫌がられますね。

楽しい雰囲気が白けてしまいます。

ちょっと注意しなければ、誰も一緒に飲みたがりませんよね。

そんな風には見えないのですが。


酒の席での松本と二宮和也の様子について、山口達也が語りました。

そこで山口が「その前に松潤とニノが、嵐についてちょっとバトルになって。2人とも熱いからね」と事の発端を説明し、「それを聞いててだんだん太一の顔が変わってきて、それでニノがスイッチ切って“太一くんやばい”って言って、バトルは止まったの。そこから太一が延々と説教」(山口)、「人が熱くなってるのを見て熱くなってる。失礼しました」(国分)と、知られざるやりとりが語られた。

(モデルプレスより引用)


松本と二宮が、嵐のことで言い合いになったようですね。

仲がよいと言われている嵐のメンバーでも、やはり言い合いになることもあるようです。

いつも仲良くしているだけではいけないと思います。

時にはお互いの意見をぶつけて、本音で話し合うことも大切だと思います。

二宮が“太一くんやばい”って言ったのは、国分の説教が始まると思ったからでしょうね。

“酒の席では、国分には要注意!”

ジャニタレの間では、有名だったりして。

説教が始まったら、最悪ですものね。


また、松本が上野とのエピソードを語ります。

上野は、嵐のコンサート観覧後に松本から「つまんなそうに見てたね」と言われたことを明かし「それ本当に私ですか?」と松本に抗議。「僕らが『Love so sweet』歌ってる時にぱっと樹里ちゃんみたら、すっげーつまんなそうにしてたんですよ。『Love so sweet』ですよ。あんなに明るい時に」(松本)、「全然そんなことない!!」(上野)と対立する2人を、国分が「もしかしたら本当につまんなかったのかもね」と笑いを交えてフォローする場面もあった。

(モデルプレスより引用)


まず、あれだけたくさんの人がいて、ぱっと見て上野だとわかるのでしょうか?

もちろん、関係者席にいるので、大体の見当は付くと思いますが。

しかも、つまんなさそうにしていたかどうかまで、判別できるものなのでしょうか?

コンサートをノリノリで楽しめる人もいれば、コンサート自体は楽しんでいるのですが、周りから見ると楽しんでいるようには見えない人もいると思います。

恥ずかしがり屋なんかは、後者が多いのではないでしょうか?

上野は後者の方かな!?


松本は、テレビで言わない方がよいと思います。

上野が嵐ファンの嫌がらせにあう可能性もありますからね。

コンサートに行けなかったファンの一部が、招待されたタレントに噛み付くことが今までにありましたので。


「陽だまりの彼女」は、ついに今日公開ですね。

楽しみですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!