今や大人気のメバリング。

メバリングの登場でメバル釣りの人気が高まりました。

ここでは、メバリングのタックルと釣り方・コツについてご紹介します。

スポンサーリンク

メバリングのタックル

メバリングのタックルについてご紹介します。

タックルは、本当にシンプルなものです。


タックルは次のとおりです。

メバリングのタックルと釣り方・コツ

ロッド

おすすめのロッドは、メバリング専用ロッドです。

他のロッドでも代用できますが、専用ロッドが釣りやすいです。

長さは7~8フィートです。

リール

リールはスピニングリールが適しています。

サイズは2000~2500番がおすすめです。

ライン

ラインは、PEの0.2~0.4号を使います。

ナイロンフロロカーボンを使ってもよいです。

リーダー

ラインにPEを使う場合に必要です。

フロロカーボンの1~1.5号がおすすめです。

ジグヘッド

ジグヘッドは0.5~2gのものを使います。

潮の速さや風の強さなどで使い分けます。

ワーム

ワームは色や形などで選びます。

大きさは1~3インチを使います。

ストレートシャッドテールが流行です。

カラーは、クリアグローがおすすめです。

定番のピンクオレンジも用意しておくとよいです。

スポンサーリンク

メバリングの釣り方・コツ

メバリングの釣り方・コツについてご紹介します。

基本的には、2通りの誘い方があります。

ただ巻きリフト&フォールです。

この2つの方法をうまく使い分ければ、釣果アップ間違いなしです。

それぞれの誘い方及びどのような状況で活かせるのかについてご説明します。

メバリングのタックルと釣り方・コツ

ただ巻き

ただ巻きとは、文字どおりただ巻くだけです。

メバリングのもっとも基本的な誘い方です。

主に、表層に浮いているメバル堤防の際にいるメバルを狙うのに有効です。

活性が高い時は、リフト&フォール速く巻く誘いでも喰ってきます。

しかし、活性が低い場合は、ほとんど誘いをかけないただ巻きが威力を発揮します。



巻く速さは、人が歩くぐらいの速さ(1秒でハンドルを半回転~1回転)が基本です。

できるだけ同じ速さで巻き上げるようにします。

ロッドの角度をキープすることも重要です。

ジグヘッドを安定した軌道とレンジで引いてくることができます。

不安定だと喰いが悪くなります。


表層から始めて、アタリがなければ狙うレンジを下げていきます。

カウントダウンで沈めるとよいです。


状況に応じて、速さを変えるとよいです。

巻く速さが遅いと、仕掛けは沈みながらこちらへ寄ってきます。

逆に、速いと、仕掛けは表層付近を引いてくることになります。

巻く速さで、引いてくるタナが変わることに注意が必要です。


軽くキャストしてからのただ巻きでもよいですし、堤防の際に沈めてゆっくりと巻いてくるのでもよいです。

メバルの姿が見えるのに喰ってこない時は、やや後方にキャストしてメバルの横をゆっくり引いてくるという釣り方でも構いません。

とにかく、メバルに違和感を与えないように細心の注意を払わないといけません。

そんな時は、ただ巻きで様子を見るのがベストです。

リフト&フォール

リフトは持ち上げる、フォールは沈めるという意味があります。

ジグヘッドを持ち上げては沈めることにより、メバルが喰ってくるのを誘います。



リフト&フォールは、主に底にいるメバルを狙う時に使われます。

底にいる大型のメバルは、喰いが渋いことが多いです。

そのようなメバルに喰わせるには、リフト&フォールのような素早く機敏に動かすテクニックが最適です。

誘いにつられて、メバルも思わず喰いついてしまうのです。


具体的には、どのようにすればよいのでしょうか?

まず、遠くまでキャストします。

遠ければ遠いほど、広範囲を探ることができます。

ジグヘッドが底につくと、やや早めのテンポでジグヘッドを機敏に動かすイメージでリフトします。

その後、フォールさせます。

フォールには、フリーフォールテンションフォール(カーブフォール)があります。

フリーフォールとは、ラインを張らない状態で沈めていくことです。

テンションフォールとは、ラインを張ったままの状態で沈めていくことです。


メバルは、フォール時に喰ってくることが多いです。

テンションフォールなら、メバルのアタリを取りやすいです。

フリーフォールではアタリを取ることは難しいです。


もっとも気を付けたいのは、根がかりです。

岩礁付近などを攻めるだけに、非常に根がかりが多いです。

根がかりを恐れて、中層付近にジグヘッドがあるようでは釣れません。

いかに根がかりさせずに、攻められるかで釣果が決まってしまいます。

海の底をイメージすることが大切です。

とは言っても、簡単にそのようなことができれば苦労しませんが。


アタリがあっても、合わせなくてよいです。

向こう合わせで十分です。

アタリがあった後は、そのまま巻き続ければOKです。



おすすめ記事

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事