美味しいことで知られるイサキ。

イサキは船釣りなら簡単に釣ることができます。

コマセ釣りが人気です。

ここでは、イサキのコマセ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

イサキのコマセ釣り仕掛け

イサキのコマセ釣り仕掛けについてご紹介します。

イサキのコマセ釣り仕掛けと釣り方

仕掛けは次のとおりです。

イサキのコマセ釣り仕掛けと釣り方

竿

竿は、オモリ負荷30~80号のライトゲームロッドを使います。

調子は7:3~6:4が使いやすいです。

長さは2m前後です。

リール

リールは小型の両軸リールを使います。

小型の電動リールでもOKです。

道糸

道糸はPEの3~4号を使います。

高切れやオマツリ防止のため、少し太めを使います。

テンビン

テンビンは片テンビンを使います。

腕長は30cm前後です。

コマセカゴ

コマセカゴはプラカゴのFLサイズを使います。

オモリは60号です。

クッションゴム

クッションゴムは直径1.2mm、長さ30cmのものを使います。

ハリス・エダス

ハリス・エダスはフロロカーボンの1.5~2号を使います。

エダスの長さは25cmです。

エダスの間隔は80cmです。

針はチヌ針の2号、ムツ針の9号を使います。

スポンサーリンク

イサキのコマセ釣りのエサ

イサキのコマセ釣りのエサについてご紹介します。

サシエはオキアミを使います。

コマセはアミエビを使います。

エサの詰めすぎに注意が必要です。

コマセカゴの上窓を半分開けておき、下窓は全部締めておきます。

イサキのコマセ釣りの釣り方

イサキのコマセ釣りの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けを指示ダナ+ハリスの長さまで沈めます。

沈めば、仕掛けがなじむまで待ちます。

その後、コマセを数回に分けて出しながら、指示ダナまで上げてきます。

イサキ釣りはきちんとタナを取らないと釣れません。

そのため、タナ取りは正確に行うようにします。

ここまで行えば、しばらくそのままアタリを待ちます。


アタリがなければ、再度竿をシャクッてコマセを出します。

少し待ってアタリがなければ、仕掛けを回収します。

後はこれを繰り返します。


イサキが喰ってくれば、竿先を叩くようなアタリがあります。

軽く竿を立てた後、巻き上げ始めます。


多点掛けを狙っても構いません。

最初のアタリがあっても、そのまま同じタナで次のアタリを待ちます。

追い食いすると、竿先が強く引き込まれ、重量感が増します。


仕掛けが上がってくれば、テンビンとコマセを先に回収します。

次に、ハリスをつかんで魚を引き抜きます。

良型の場合は、無理をせずに網ですくいます。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事