ライトアジもそうですが、ライトと付けば、軽い釣り具を使って、初心者や女性でも気軽に行える釣りになっています。

はじめてヒラメ釣りに挑戦する人は、まずライトヒラメから始めてもよいかもしれません。

ここでは、ライトヒラメのタックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ライトヒラメのタックル

基本的な仕掛けは、普通の泳がせ釣り(ノマセ釣り)の釣り方と同じです。

使用する釣具が異なるだけです。

ライトヒラメのタックルと釣り方

タックルは、次のとおりです。

ライトヒラメのタックルと釣り方

竿

竿は、ライトヒラメ専用ロッドを使うとよいです。

長さは2~3mがおすすめです。

リール

リールは小型の両軸リールを使います。

小型の電動リールでもよいです。

ライン

ラインは、PEの1号前後です。

100mほど巻いておくと安心です。

幹糸

幹糸は、フロロカーボンの8号前後を使います。

長さは1m前後でよいです。

ハリス

ハリスは、フロロカーボンの5~6号を使います。

長さは60~80cmにします。

親針は、伊勢尼の12号前後ヒラメ針の17号前後を使います。

孫針は、トレブルの8号です。

捨て糸

捨て糸はフロロカーボンの3号を使います。

長さは1m前後です。

オモリ

オモリは30~60号を使います。

細いラインを使うため、潮の影響を受けづらいので、オモリを軽くできます。

ただ、潮の流れなどによって変わります。

スポンサーリンク

ライトヒラメのエサと付け方

エサは生きたイワシを使います。

エサの取り付けは非常に重要です。

イワシの鱗が取れないように付けます。

それだけで、アタリが出る確率がアップすると言われています。


エサの付け方についてです。

まず、手を海水に数秒浸けます。

その後、イワシを優しくつかんで、親針を口の中から上アゴの真ん中の硬いところに針先を抜きます。

イワシを海水に戻して、背びれの後方に孫針を打ちます。

海水の中で孫針を打つと、鱗が落ちにくいのでおすすめです。

針を刺せれば、一度泳がせてみて問題なく元気に泳ぐかを確認します。

親針を鼻掛け、孫針は腹に打ってもよいです。

ライトヒラメの釣り方

ライトヒラメの釣り方についてご紹介します。

釣り方についても、普通の泳がせ釣り(ノマセ釣り)とそれほど大きくは変わりません。


まず、仕掛けを投入します。

仕掛けを投入する時に気を付けないといけないのは、イワシが弱らないようにすることです。

雑に投げ込むようなことは避けます。

この釣りは、イワシが元気に泳ぎ回らないと成り立ちません。

そのため、投入には細心の注意を払います。


次に、仕掛けを底まで沈めます。

仕掛けを沈める際にも、イワシが弱らないようにしなければなりません。

沈める時は、一気に落下させるのではなく、スプールを指で押えて落下速度を緩めてやります。

こうしたことをするかしないかで釣果に差が出ます。

底まで沈めたら、糸ふけを取ります。

底から1mほど上げておきます。

潮が濁っている時は50cmにするとよいです。


釣り方には、大きく分けると2つあります。

あまり誘わずにアタリを待つ釣り方積極的に誘う釣り方です。

地域や釣り船などによって異なります。

必ずしもどちらがよいとは言えません。


まず、あまり誘わずにアタリを待つ釣り方です。

イワシが自然に泳ぎ回るので、特に誘いはかけません。

無駄に動かし過ぎると、イワシが弱るためです。

たまにゆっくりとシャクり上げて沈めるとよいです。


アタリを待つ時は、船の揺れに合わせて竿を上下に動かします。

このようにすることで、仕掛けを安定させることができます。

竿の操作をしやすいように、竿先は頭の高さに合わせて構えるとよいです。


一定の時間待ってもアタリがなければ、仕掛けを回収して、イワシの状態を確認します。

元気がなければ、新しいイワシと交換します。


次は、積極的に誘う釣り方です。

文字どおり、誘いをかけてヒラメにアピールしていきます。

ゆっくりと大きく竿を上下させます。

これを繰り返して喰ってくるのを待ちます。


アタリがあっても、即合わせをしてはいけません。

ヒラメは、イワシをくわえて、徐々に飲み込んでいきます。

そのため、いきなり合わせても針がかりしません。


釣っていると、竿先がモタれるように感じることがあります。

これが前アタリです。

前アタリがあれば、ゆっくり聞き上げます。

ヒラメが喰っていれば重みがあります。

重みを感じれば大きく竿を持ち上げて合わせます。


また、小さなアタリが何度か続くことがあります。

この場合も、即合わせはNGです。

竿が大きく引き込まれるのを待ちます。

大きなアタリがあれば合わせます。


後は、ラインを緩めることなく、一定の速さで巻いてきます。

ポンピングはNGです。

海面まで上がってきたら、網ですくいます。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事