落とし込みは、大物を釣り上げるのに理想的な釣り方です。

その場所にいるベイトを針に掛けて、そのまま大物釣りを行うためです。

青物や根魚がよく釣れます。

ここでは、落とし込み釣りのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

落とし込み釣りのタックル

落とし込み釣りのタックルについてご紹介します。

タックルは次のとおりです。

落とし込み釣りのタックルと釣り方のコツ

ロッド

ロッドは落とし込み専用ロッドを使います。

6:4調子が使いやすいです

長さは2.4m前後です。

リール

リールは中型の電動リールを使います。

ダイワなら500番がおすすめです。

ライン

ラインはPEの3~4号を使います。

狙う魚の種類や大きさによっては、もっと太い号数を使うこともあります。

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの12号を使います。

仕掛け

仕掛けは、市販の落とし込み用を使います。

フラッシング効果で小魚にアピールできるものがおすすめです。

ライン同様、狙う魚の種類や大きさによって仕掛けの大きさが異なります。

青物狙いなら、ハリスは10~16号がよく使われます。

ハリスと針の号数選択が重要となります。

オモリ

オモリは60~100号を使います。

スポンサーリンク

落とし込み釣りの釣り方のコツ・エサ

落とし込み釣りの釣り方のコツ・エサについてご紹介します。

まずは、針にエサとなる小魚を掛けないといけません。

エサは、主にイワシアジです。

イワシは中層、アジは底付近によくいます。


基本的には、指示されたタナをフリーフォールで通すだけです。

小魚が付けば、竿先がプルプルと揺れます。

特にイワシの場合は、非常にアタリが小さいので見逃さないようにします。


アタリがなければ、巻き上げて再度沈めます。

小魚が付くまで何度でも繰り返します。

サミングしたり、途中で止めるのも効果的です。

落とし込み釣りのタックルと釣り方のコツ

エサが付けば、底までゆっくり沈めていきます。

着底後、リールを何回か巻いて、底を少し切っておきます。

このまま待っていると、大きなアタリがあります。

竿が大きく引き込まれるまで合わせません。

竿が入り込みそうで入らない時は、竿を下げて送り込んでやります。

うまくいけば喰ってきます。


しばらく待っても大きなアタリがなければ、エサとなる小魚を交換します。

エサが弱ると、大物の喰いが悪くなってしまうためです。

1度巻き上げて、小魚を掛け直します。


小魚の乗りが悪ければ、仕掛けを細くします。

細くすると小魚は付きやすくなりますが、大物がヒットすると切れやすくなります。

そのため、より慎重にやり取りしなければなりません。

この辺のさじ加減が難しいですが、これがこの釣りの醍醐味です。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事