まだ競技としての歴史が浅いが、徐々に人気が高まりつつあるのがトランポリンです。

男子の体操の中の1つの競技と思っている人がいるかも知れません。

しかし、独立した1つの競技です。

ここでは、トランポリン競技のルールについてご紹介します。

スポンサーリンク

トランポリン競技とは!競技人口は?

トランポリン競技とは、トランポリンを使用して跳び上がり、さまざまな空中での演技を行って美しさ・難しさ・高さで競う採点競技のことです。

採点競技ということもあって体操とよく似ています。

高く舞い上がってダイナミックな技を行うので、観るものを魅了します。

高さは最大で8mにも達し、これはマンション3階分に相当します。

技は10回連続で行うので、演技は20秒ほどで終わってしまいます。

あっという間に終わってしまうので、集中して観ないといけません。


どのようなトランポリンを使うの?
トランポリンのフレームの大きさは、縦520cm、横305cm、高さ115cmとなっています。

競技専用トランポリンのベッド(面)は、ナイロンテープまたはロープで編まれ、これに約120本のスプリングを張られています。

ベッド上には、ジャンピングゾーンと呼ばれる赤い枠(真ん中)が表示されています。

ジャンピングゾーンは畳1枚分ほどの広さしかありません。

トランポリン競技のルール・採点方法【初心者必見】

トランポリンの競技人口は、全国に1,500名ほどと言われています。

メジャースポーツに比べるとまだまだ少ないです。

大会を行っても会場はガラガラというのが現状です。

そのため、選手の練習環境もあまり恵まれていません。

これからもっと多くの人にトランポリン競技を知って欲しいと関係者がその普及に力を入れています。

スポンサーリンク

トランポリン競技の種目は3つある

トランポリン競技の種目は3つあります。

  • 個人
  • シンクロナイズド
  • 団体

それぞれについてみてきます。

個人

個人のみが、トランポリン競技の中で唯一オリンピックの正式種目となっています。

個人では、第1自由演技と第2自由演技の2回の演技を行い、その合計得点で競います。

第1自由演技は規定演技となっています。

10種目の異なる技で構成されています。

10種目中4種目が難度の加算の対象となっています。

第2自由演技は任意の異なる10種目の技を行います。

任意に技を選べるので、第1自由演技よりも高難易度の技を見ることができます。


はじめは、予備ジャンプを行って高さを上げてきます。

1種目を開始すれば、連続で10種目を行わなければなりません。

10種目終われば、着地を止めて終了となります。

もし、連続で技が続けられなかった場合やベッド以外に身体が触れてしまった場合、ベッドの外に落ちてしまった場合は、その時点で演技は終了となります。

シンクロナイズド

シンクロナイズドは、世界選手権ワールドカップで採用されています。

並べて置かれた2台のトランポリンで、2人が同時に演技を行います。

演技得点だけでなく、同時性の加点があります。

トランポリンに着床するタイミングが同じであれば加点の対象となります。

2人が息の合った演技を行えるかどうかがカギとなります。

団体

団体戦は、最大4名(3名でも可)でチームを組みます。

得点は、個人競技の得点を合計します。

ただし、予選と決勝では得点の計算方法が異なります。

予選では、第1自由演技と第2自由演技ともに上位の3名の得点を合計します。

そのため、4人でチームを組んでいる場合は、1人までは失敗が許されます。

決勝は、3人だけが演技をして、その得点全部が団体の得点となります。

そのため、1人でも失敗をすると、上位に入るのが難しくなってしまいます。

トランポリン競技の採点方法

演技においては、次のことが重要です。

  • 高さ
  • 姿勢の美しさ
  • 水平移動
  • 演技構成

これらのでき次第で、得点が大きく変わってきます。


トランポリン競技の採点方法は、個人と団体は同じですが、シンクロナイズドは少し異なります。

ここでは、個人の採点方法について解説します。

トランポリン競技のルール・採点方法【初心者必見】

得点には、次のものがあります。

1つずつ採点していきます。


演技点(E)

演技の美しさを判定します。

各種目の出来栄えとして、姿勢・こなし・安定感をみていきます。


難度点(D)

技の難しさを判定します。

各種目の回転数・捻り・姿勢をみていきます。


跳躍時間点(T)

高さ(滞空時間)を判定します。

跳躍時間測定機を使って、各選手の滞空時間を計測します。

1秒1点で得点に反映されます。


移動点(H)

平行に移動していないかを判定します。

各種目においてジャンピングゾーンから足が出れば減点の対象となります。


ペナルティー

追加で減点されることがあります。

例えば、服装において違反が認められた場合決められた時間内に演技を始めなかった場合などがあります。


最終的には、Eの得点+Dの得点+Tの得点+Hの得点-ペナルティで計算されます。

上位8名が決勝に進出します。


決勝は予選の得点が加算されないので、決勝の演技のみで優勝が決まります。

そのため、予選の出来がイマイチでも、決勝で大逆転できる可能性があります。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事