10月12日に公開された「陽だまりの彼女」。

その舞台挨拶に、嵐・松本潤と上野樹里、玉山鉄二、菅田将暉、小藪千豊、三木孝浩監督らが出席しました。


松本は、映画を観終わった観客に話しかけます。

松本さんは「5年ぶりの映画です」とやや緊張した面持ちだったが、「楽しんでいただけましたか?」と観終わった観客に問いかけると万雷の拍手が沸き起こり、ホッとした表情を見せた。「僕にとっても大切な作品。これからも何度も観ると思うし、年を取ってくると感じ方が変わると思う。素敵な共演者の方々――小藪さんを除いて(笑)――と仕事ができて、三木さんの作品に参加できて幸せです」と“小藪攻撃”を交えつつ、本作への強い思い入れを明かす。

“ステキな共演陣”から除外された小藪さんは怒り心頭。


(cinemacafe.netより引用)


怒り心頭と言っても、小藪は松本が冗談で言っていることを知っています。

驚いたのは、松本と小藪はいつの間にそんなに仲がよくなっていたのかということです。

結構、小藪は怖いというイメージがあって、若手から恐れられているように感じましたので。

意外な組み合わせですね。

このままでは引き下がらないのが小藪です。

すぐさま反撃です。

いじられる形になった小藪は、「ジャニーズ共演NGにしたいくらいDNAが騒ぐんです。負けている感が出てきて、体がピリピリするからベストパフォーマンスとは程遠かった。僕が唯一しゃべられるのは関ジャニ∞の安田章大さんだけ。松潤は無理でした」と言い返し、してやったりの面持ちだ。

(映画.comより引用)


お笑いの方では、それなりのポジションにいる小藪でも、やはり俳優相手となると一目置いているようです。

当然と言えば当然ですが。

松本に声が掛けられないのは、無理はないですね。

お笑い芸人だからではなく、若手俳優でも同じだと思います。

松本ぐらいになると、大物感たっぷりでオーラがあるのではないでしょうか?

それなら、安田には大物感やオーラがないということ?

そんなことはないと思いますが、松本ほどではないということでしょう。

これまでも小藪さんは、松本さんによるイジメ(?)に苦しんでいたそうで「現場で僕がセリフを覚えてるときにずっと話しかけてきて邪魔するんです。今日も『(俳優ではない自分が)ここにいてすみません』と思ってたんですが、それを感じたのかエレベーターで『何で来たん?』みたいなこと言うんです」と訴える。

(cinemacafe.netより引用)


完全なイジメですね(笑)

小藪が、このような目に合わせられるというのも珍しいです。

本当に仲がよくなければ言えない言葉ですね。

3年ぶりの銀幕復帰となったヒロインの上野は、「とても穏やかな気持ちで、冬の寒さも心地良かった。松本君と手をつなぐシーンがあって、いつも温かかった」と目を輝かせながら振り返った。すかさず松本が「心が冷たいんでしょうね」とボケてみせると、小藪も「そう思います」と便乗し、松本を大喜びさせていた。これには上野も「本当に仲がいいですねえ」と苦笑いだった。

(映画.comより引用)


小藪はイジメられているということですが、結構言うところは言っています。

上野も苦笑いするぐらいですから、いつもこんな感じなのかもしれません。

松本は意外と冗談が好きですね。

かなり小藪に対していろいろとやっていますね。

松本の意外な一面を見た気がします。

ちょっとお茶目な松本の方が魅力的ですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!