立夏とは二十四節気の1つです。

読み方は「りっか」です。

ここでは、立夏とはいつのことで、どのような意味があるのかなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

立夏とは!その意味は?

立夏とは、二十四節気の7番目で夏の1番目の節気です。

春分と夏至の中間の時期です。

立夏は、暦の上では夏の始まりを指しています。

夏と言っても本格的な夏はまだ先で、さわやかで非常に過ごしやすいです。

若葉のみずみずしく美しい緑が映える新緑の季節です。


梅雨になる前に、夏の準備をするとよいです。

晴れの日が多く、天候が安定しているためです。

立夏とは?いつ?その意味は?食べ物は?【二十四節気】
スポンサーリンク

立夏はいつ?

立夏は、年によって日にちが変わります。

2021年の立夏は5月5日となっています。


実は、節気にはその1日だけを意味する場合と次の節気までの期間を意味する場合があります。

前者なら、5月5日のことを指します。

後者なら、5月5日から5月20日までを指します。

ちなみに、次の節気は小満で2021年は5月21日です。


その後の5年分は次のとおりです。

  • 2022年は5月5日
  • 2023年は5月6日
  • 2024年は5月5日
  • 2025年は5月5日
  • 2026年は5月5日

5日か6日のどちらかになります。

立夏におすすめの食べ物

立夏におすすめの食べ物についてご紹介します。

柏餅

柏餅は、こどもの日に食べることで知られています。

柏の葉で包まれたお餅です。



たけのこ

たけのこは成長速度が早いので、4~5月にしか食べられません。

非常の旬の時期は短いです。

季節を感じられる貴重な食材の1つです。



いちご

5月はいちごの時期です。

水分が多く甘いのでおいしいです。

いちご狩りが人気です。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事