テニスの得点ルールは、少しわかりにくいです。

非常に特殊な数え方です。

テニスについて詳しくない人は、さっぱりわからないかもしれません。

ここでは、テニスの点数ルールとその由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

テニスの得点の数え方

テニスは、ポイントを積み重ねていくスポーツです。

基本的には4ポイント先取すれば、1ゲーム得られます。

ポイントの数え方は、次のとおりです。

0ポイント → 0(ラブ)
1ポイント → 15(フィフティーン)
2ポイント → 30(サーティ)
3ポイント → 40(フォーティ)
4ポイント → G(ゲーム)

得点の増え方には規則性がなく、特に意味はありません。

このようなものだと思うしかないのです。

テニスの点数ルールとその由来について!数え方は?

言い方に関しての注意点です。

「15-15」「30-30」というように、両者の得点が同じ場合があります。

この時は、それぞれ「フィフティーンオール」「サーティオール」と言います。

ただし、「40-40」は「フォーティオール」とは言いません。

この場合は「デュース」と言います。


デュースになった場合、次にポイントを取った方が「アドバンテージ」になります。

もう1ポイント取れれば、そのゲームについては勝利ということになります。

しかし、逆の方がポイントを取ると、再びデュースとなります。

デュースになれば、連続して2ポイント取らなければなりません。

白熱した試合になると、デュースとアドバンテージの繰り返しで、なかなかそのゲームの勝敗がつかないことがあります。


ここまでを試合に当てはめると、次のような感じになります。


ゲームにおける得点の流れ!ゲーム開始
A:0 vs B:0

   

A:15 vs B:0 フィフティーンラブ

   

A:15 vs B:15 フィフティーンオール

   

A:30 vs B:15 サーティフィフティーン

   

A:30 vs B:30 サーティオール

   

A:40 vs B:30 フォーティサーティ

   

A:40 vs B:40 デュース

   

Aがポイントを得ると Aがアドバンテージ

   

Bがポイントを得ると デュース

   

Bがポイントを得ると Bがアドバンテージ

   

Bがポイントを得ると ゲーム Bが勝利(1ゲーム獲得)


スポンサーリンク

テニスの得点ルールの由来

どうして、このような得点の増え方になったのか気になる人のために、その由来を調べてみました。

いろいろな説があります。

その中の1つに、時計の文字盤で4分の1ずつ増やしてカウントしていたという説があります。

テニスの点数ルールとその由来について!数え方は?


現在は「45」ではなく、「40」が採用されています。

「フォーティファイブ」ではあまりにも長すぎて言いにくいので、「フォーティ」に省略したのでと言われています。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事