テニスはイギリス貴族の娯楽として生まれたスポーツです。

ゴルフ同様、紳士のスポーツとして知られています。

そのため、マナーに反する行為などは許されません。

ここでは、テニスに関する妨害とマナー違反についてご紹介します。

スポンサーリンク

テニスにおける妨害行為とは?

テニスにおける妨害行為についてご紹介します。

試合中に故意に相手のプレイを妨げると、妨害行為となります。

その場合、やり直しになるか、ポイントを失います。

いくつか、例を挙げてみます。

例1.飛んでいる鳥にボールが当たってしまった。

妨害
やり直しとなります。

例2.他のコートからボールが飛んできて、プレイが妨げられた。

妨害
やり直しとなります。

例3.滑ってラケットを投げてしまった。

妨害
やり直しとなります。

例4.プレー中に、帽子を地面に落としてしまった。

妨害
やり直しとなります。
2度目以降は失点となります。
ただし、ラケットを落としたり、シューズが脱げても妨害となりません。

例5.偶然、2度打ちしてしまった。

妨害ではない
失点になりません。

テニスに関する妨害とマナー違反

スポンサーリンク

テニスにおけるマナー違反とは?

テニスにおけるマナー違反についてご紹介します。

例1.不意打ちでサーブを打つ。

マナー違反
失点になりません。

例2.プレイ中に、大声を出して相手を威嚇する。

マナー違反


例3.プレイ中に、観客が騒ぎ立てる。

マナー違反



他にも、いろいろと妨害やマナー違反に該当する行為があります。

紳士的な行為に反してはいけません。

さすがに、こういった行為はなかなか見られません。

プレイしたり、観戦することがあるのなら、こういった行為は慎むようにしましょう。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事