犬の口臭が臭くなるのは、口の中に原因があることが多いと言われています。

では、口臭が臭くなる原因となる病気には、どのようなものがあるのでしょうか?

その対策には、どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、犬の口臭原因・対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

【口臭の原因】歯石・歯周病

犬の口臭が臭くなる原因は、歯石歯周病であることがあります。

歯周病が原因なら、腐敗臭がすると言われています。

【口臭の原因】歯石・歯周病

歯に歯石が付いていれば、歯周病が疑われます。

頻繁によだれを垂らしている時は、さらに疑いが高くなります。

歯周病とは、歯垢の細菌が原因で歯周組織に炎症が生じる病気です。

歯周病には、歯肉炎歯周炎があります。

  • 歯肉炎・・・歯石が原因で歯茎に炎症が生じる
  • 歯周炎・・・歯肉炎がひどくなって歯槽骨に炎症が生じる

軽い歯肉炎は、歯石を除去すれば悪化を防げます。

しかし、歯周炎まで進むと、長期間の治療が必要となってしまいます。

ひどい場合は、手術を行わないといけなくなります。

歯周病は、歯が抜けたり、心臓や肝臓などに影響を及ぼして、他の病気を引き起こすことがあります。

スポンサーリンク

【口臭の原因】口内炎・腫瘍(ガン)など

歯石が付いていないのに臭い時は、口内炎腫瘍(ガン)などの可能性があります。

口内炎で臭くなるのかと意外に思われる人がいるかもしれませんが、臭くなるのです。

口の中に赤い発疹などができ、よだれに血が混じることがあります。

食欲が低下するなどの症状がみられます。


腫瘍はにできます。

腫瘍ができている場合は、手術が必要となります。

腫瘍が怖いのは、早期に発見して治療しないと、肺などに転移してしまう恐れがあることです。

舌を出したままにするなどの症状がみられれば、すぐに確認して病院へ連れて行くようにします。

【口臭の原因】口内炎・腫瘍(ガン)など

他に、口の中の水分が不足して乾燥することで臭くなることもあります。

魚臭くなったり、生臭くなったりします。

通常、口の中が湿っていると、それほど臭くなることはありません。

犬の口臭対策

犬の口臭原因が口の中にある場合にできる対策についてご紹介します。

大きく分けると、病院で行う対策と自宅できる対策があります。

病院で行う主な対策

歯石や歯周病なら、歯石や歯垢を除去してもらったり、歯茎などの炎症を抗生物質で治します。

口内炎は、投薬などで治せます。

腫瘍については、手術を受ける必要があります。

自宅できる対策

歯石や歯垢が付着してしまってからでは遅いですが、付着前なら予防はできます。

歯石や歯垢の予防でもっとも効果的なのが、歯磨きです。

食べ物のカスが歯の隙間などに残っていると、すぐに歯石や歯垢の原因となってしまいます。

付着すれば、歯磨きで除去することが難しくなります。


歯磨きは、犬用の歯磨き粉を使ってもよいです。

重曹を溶かした水(1カップの水に小さじ2杯)で歯を磨くと、口臭に効き目があります。

とにかく定期的に歯を磨くことが大切です。


歯磨き以外にも、いろいろなグッズがあります。

  • 歯磨きガム
  • 水に混ぜるだけの液体歯磨き
  • 歯石をきれいにするサプリ
  • 歯みがきジェル

犬によっては嫌がるものがあるので、試してみて続けられそうなものを見つけるとよいです。

犬の口臭が臭いのは歯石・歯周病などが原因!対策は?



犬の口臭原因は、歯石や歯周病、口内炎、腫瘍など口の中に関することが多いです。

そのため、口臭が臭い時は口の中をチェックします。

特に腫瘍は放っておくと、取り返しが付かない状況に陥ることがあります。

愛犬のためにも、何か異常がみられないかすぐに確認しましょう。


原因がわかれば、すぐに対処する必要があります。

病気なら病院へ連れて行きます。

それ以外なら、歯を磨くなどできることをやりましょう。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事