犬の口臭がうんち臭くなることがあります。

これは、何が原因で起こっているのでしょうか?

ここでは、その原因と対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

犬の口臭がうんち臭いのは食糞が原因!?

犬の口臭がうんち臭いのなら、まず食糞を疑ってみるとよいでしょう。

食糞とは、文字どおり糞を食べてしまうことです。

食糞すれば、口臭がうんち臭くなるのは当然です。

犬の口臭がうんち臭いのは食糞が原因!?

では、どうして食糞するのでしょうか?

すべての犬が食糞するわけではないので、するのには何か原因があるはずです。

いくつかあります。

ストレスを発散するのための食糞

犬は、ストレスの発散のために、糞を食べてしまうことがあります。

狭いゲージなどに閉じ込めていると、犬に強いストレスが生じます。

長時間ゲージに入れる場合は、糞をすればすぐに取り除くことが大切です。

また、散歩に連れて行くなどしてゲージに入れる前に排便させるとよいです。

散歩させると、ストレスも少なくなって一石二鳥です。

飼い主を意識しての食糞

犬は、飼い主の注意を引けると勘違いしていることがあります。

食糞すると、飼い主が大きな声を出したり、混乱することがあります。

犬は、その様子を見て自分に構ってくれていると思って喜ぶのです。

うれしいので、かまってもらおうと食糞を繰り返すのです。


逆に、排便したことで飼い主に怒られるのではと思う犬もいます。

怒られたくないので、糞を隠すために食糞するのです。


食糞しているのを見ても、過剰な反応を示さないようにします。

できれば、何も反応しない方がよいです。

排便した際は、褒めてあげるようにします。

排便しても怒られないと思わせることが大切です。

病気が原因での食糞

犬は、病気が原因で食糞することがあります。

消化不良を起こすと、きちんと栄養分を吸収できなくなります。

それを補うために食糞することがあります。

消化不良の糞をエサと間違うこともあります。


寄生虫に感染していることが原因で、食糞することがあります。

寄生虫に栄養分を奪われてしまい、その不足分を補うために糞を食べてしまうのです。


他に、糖尿病認知症などの病気によって食糞することもあります。

糖尿病は合併症を伴うことが多いので、非常に怖い病気の1つです。

食欲が増すので、糞を口にするようになります。

認知症は、よくわからなくなって無意識の状態で糞を食べてしまいます。


食糞すれば、必ず病気にかかっているわけではありません。

ただ、おかしいと感じれば、すぐに病院に連れて行くことが大切です。

放置しておくと、どんどん悪化していくことが予想されます。

スポンサーリンク

犬の食糞対策と予防

上の3つの原因に関する食糞対策以外にも、予防法があります。

もし単純にエサの量が足りなくて食糞しているのなら、エサの量を増やさなくてはなりません。

ただし、ドッグフードのパッケージに記載されている適正な量を与えている場合は、それ以上与えないようにします。

与えすぎると、肥満の原因となるためです。

犬の食糞対策と予防

病気以外で消化不良が続く場合は、ドッグフードが合っていない可能性があります。

ドッグフードを替えるとよいかもしれません。

心配なら、獣医師に相談してみるとよいでしょう。


あと、食糞を減らす方法として、噛みぐせ防止用のスプレーを使うとよいかもしれません。

糞にスプレーをふりかけておくと、もし食糞しようとしても途中でやめます。

その内、スプレーなしでも食糞しなくなるでしょう。

犬の口臭がうんちの臭いのは腸閉塞が原因!?

腸閉塞が原因でも、犬の口臭がうんち臭くなることがあります。

腸閉塞とは、腸が塞がってしまう病気のことです。

塞がってしまうと、便秘になります。

異物が詰まるなどいろいろな原因が考えられます。

吐き気を伴う時は、さらに可能性が高まります。

手術が必要な場合もあります。

すぐに病院に連れて行きましょう。

他に、胃腸の疾患でも、消化不良などにより口臭がうんち臭くなります。

犬の口臭がうんちの臭いのは腸閉塞が原因!?



犬の口臭がうんちの臭い場合は原因を探りましょう。

まずは、食糞を疑ってみるとよいです。

食糞していることが判明すれば、原因を調べて適切に対処しなければなりません。

他にも、腸閉塞などの病気が原因で、口臭がうんち臭くなります。

病気のおそれがあれば、すぐに病院で治療を受ける必要があります。

おかしいと思えば、早めに連れて行きましょう。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事